インタビュー

ライド(Ride)『This Is Not A Safe Place』進行形のレジェンドが語る、ノスタルジアでは終わらない未知なる旅

ライド(Ride)『This Is Not A Safe Place』進行形のレジェンドが語る、ノスタルジアでは終わらない未知なる旅

トレードマークのシューゲイズを下地にした野心的で現代的なクリエイション……懐かしさに引きずられない進行形のレジェンドがいま轟かせるサウンドはこれだ!

未知なる旅

 「再結成したバンドにとっていちばん難しいのは、ノスタルジックで親しみのある旅へと人々を誘うと同時に、これまでやったことのない新たなアプローチの楽曲をレコーディングして、未知なる旅へもリスナーを連れていかなければいけないということ。ノスタルジアだけでは行き止まりになるからね。新鮮なアイデアと新しい活力をグループに吹き込み、常に前進して新しいオーディエンスを獲得するというのが、本当に大事なことなんだ」(マーク・ガードナー)

 前作『Weather Diaries』からおよそ2年ぶり、英国はオックスフォード出身の4人組、ライドのニュー・アルバム『This Is Not A Safe Place』が、早くも我々のもとに届けられた。マーク・ガードナー(ヴォーカル/ギター)、アンディ・ベル(ヴォーカル/ギター)、スティーヴ・ケラルト(ベース)、ローレンス・コルバート(ドラムス)によって80年代末に結成。〈チェーンソーを持ったハウス・オブ・ラヴ〉(NME誌)などと紹介され、その端正なルックスも相まって、日本でもアイドル的な人気を誇った彼らは、深く堕ちていくようなフィードバック・ノイズとメランコリックなメロディー、マークとアンディの美しいハーモニーにより、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、スロウダイヴらと共に、90年代オリジナル・シューゲイザーの代表格として一世を風靡した。

 いまも名盤との呼び声高いファースト・アルバム『Nowhere』(90年)をリリースして以降も、コンスタントに良質な作品を作り続けていた4人。しかし、次第にメンバー間(特にマークとアンディ)の亀裂が進み、グランジ~ブリットポップ・ブームの吹き荒れるなか、96年に一度は解散してしまう。その後、マイブラを皮切りにチャプターハウスやスロウダイヴ、スワーヴドライヴァー、ラッシュといった〈同期〉たちが軒並み再結成を果たすなか、水面下で着実に関係修復を進めていた彼らは、2014年11月19日に再結成を発表。前作『Tarantula』(96年)から実に21年ぶりとなる通算5枚目のフル・アルバム『Weather Diaries』を2017年にリリースした。本作は、それに続く通算6枚目のフル・アルバムである。

RIDE This Is Not A Safe Place Wichita/BIG NOTHING(2019)

 プロデューサーは、前作に引き続きロンドンを拠点とするDJのエロル・アルカンで、ミックス・エンジニアもお馴染みアラン・モウルダーが手掛けている。ナイン・インチ・ネイルズやマイブラを手掛けたことでも知られるアランとのタッグは、これで3度目となる。ソングライティングの段階からじっくりと時間をかけた前作と違い、今作のレコーディングはかなり手早く行われたという。

 「本当に、すべての作業があっという間だった。それは今作の方向性にも影響している。ヴァラエティーに富んだ前作と比べると、焦点を絞り込んだ作品に仕上がっていると思うよ」(アンディ・ベル)。

関連アーティスト