インタビュー

ヨルシカ『エルマ』時代の旗手から早くも届いた次なる物語

ヨルシカ『エルマ』時代の旗手から早くも届いた次なる物語

時代の旗手から早くも届いた次なる物語。音楽性の高さによって紡がれたコンセプチュアルなファンタジーとそこに浮かび上がるリアリティー――だからヨルシカはこの作品を生み出した

結成当初からあった物語

 ヨルシカが、セカンド・フル・アルバム『エルマ』をリリースする。

 4月にファースト・アルバム『だから僕は音楽を辞めた』を発表し、その音楽的なクォリティーの高さ、物語性を持ったコンセプチュアルな内容が注目を集めたヨルシカ。新作は、前作と対になるような一枚だ。音楽を辞めた〈青年〉を主人公に、彼が〈エルマ〉に向けて作った14曲を収録した『だから僕は音楽を辞めた』に対し、『エルマ』では、青年の足跡を辿って旅をする主人公・エルマの作った14曲が収録される。

ヨルシカ エルマ ユニバーサル(2019)

 ヨルシカのコンポーザー、n-bunaは新作の狙いをこう語る。

 「最初から『だから僕は音楽を辞めた』と対になるコンセプトを持った『エルマ』というアルバムのプロットを同時に考えて、それを2枚に分けて出したという感じです。音楽を辞めた青年の物語と、それに影響されて模倣するように生きるエルマという人間の物語。それをコンセプトにしたものを作ろうと思っていました」(n-buna)。

 ヨルシカとは、もともとボカロPとして音楽活動を行っていたn-bunaが、ヴォーカリストにsuisを迎えて2017年4月に結成したバンドだ。『エルマ』の構想も結成当初からあったという。n-bunaとsuisの2人はヨルシカのスタートをこう振り返る。

 「昔から、映画や小説のような一つの作品が作りたかったんです。コンセプトをしっかり固めたうえで、その作品の中に音楽というものがあって、それをパッケージして世に出すということがしたかったのが、ヨルシカの始まりですね。それを人間的なヴォーカルを使って表現したくて、suisさんという人と出会って組んだ感じです」(n-buna)。

 「ヨルシカの前に、n-bunaくんのボーカロイド曲を歌うライヴのゲスト・ヴォーカルをして、そこで見つけてもらったんです。もともとn-bunaくんのボーカロイド曲のファンで、彼の描く歌詞や世界がすごく好きだったので、最初に聞いたときには嘘みたいな話だと思ったんですけれど。〈人生っておもしろいな〉って」(suis)。

 『エルマ』の物語の舞台はスウェーデンだ。手紙を残した青年の足取りを辿り、主人公の女性エルマが同地を旅する。収録曲“心に穴が空いた”のMVも、アルバムの舞台となるスウェーデン・ゴットランド島で撮影されている。そこはn-bunaにとって強い思い入れのある場所だったという。

 「今回のアルバムの最後に入っている“ノーチラス”は、ヨルシカを始めて最初に作った曲なんです。その時にはもう、音楽を辞めた青年の話とそれに影響されて模倣するように生きるエルマの話は考えていました。スウェーデンのガムラスタンはもともと僕が住んでいた街ですし、子どもの頃に見た綺麗な景色とか、その頃に体験した思い出って、ずっと忘れられないですよね。そういう意味で今も影響を受け続けている僕の原風景の一つを書いたのが“ノーチラス”という曲でした」(n-buna)。

関連アーティスト