2020.01.31

もはや説明不要の鬼才による5年ぶりのフル・アルバム。お馴染みのロゴをジャケットに鎮座させた様相からも原点回帰の心意気が見て取れるように、アナログ機材を用いて制作され、90年代に展開していたマシーン・ミュージックを思わせるサウンドが印象的だ。不穏なブレイクビーツが張り巡らされた先行カット“Vortrack”やハードコア・レイヴの“Nervelevers”など、新たに〈最凶〉を更新してみせた一枚。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop