COLUMN

アフィリア・サーガ始動からの日々をサクッと振り返る:【ZOKKON -candy floss pop suite-】 第32回 Part.11

愛と勇気と魔法のあゆみ

 〈TIF〉登場は今夏で5度目となるばかりか、アニソン系フェスの最高峰〈アニサマ〉にも3年連続出演を決めているアフィリア・サーガTVアニメゲームのテーマ曲が多いこともあって支持基盤の幅広い彼女たちは、志倉千代丸&桃井はるこがダブル・プロデュースする〈アフィリア・サーガ・イースト〉として2008年の秋に始動しました。翌年に“ルミナスの泉”でデビュー。つんく作曲の“ニーハイ・エゴイスト”(編曲は平田祥一郎)も含む初期の足取りは、一貫したデザインで幻想世界を紡ぐ初のアルバム『whitism』(2011年)で確認できます。その後は志倉のペンによる快曲“未来が私を待っている”(2012年)で初のオリコンTOP10入りを記録。

【参考動画】アフィリア・サーガの2013年のシングル“ネプテューヌ☆サガして”

 

 2013年に入ると〈アフィリア・サーガ〉に改名して佳曲揃いのセカンド・アルバム『Archism』を発表しました。同作を引っ提げた日本青年館でのワンマン敢行後は、“ネプテューヌ☆サガして”“S・M・L☆”とアニソン・ヒットを次々に投下。同年末のワンマンを経て現編成となり、いままた新たな進化を遂げようとしているのです!

【参考動画】アフィリア・サーガの2013年のシングル“S・M・L☆”

 

▼アフィリア・サーガの作品を一部紹介

左から、2011年のアルバム『whitism』、2013年のアルバム『Archism』、2013年のシングル“ネプテューヌ☆サガして”“S・M・L☆”(すべて5pb.)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop