トピック

辰巳JUNKの著書「アメリカン・セレブリティーズ」が刊行 ポップカルチャー・ウォッチャーがセレブからアメリカ社会を考察

辰巳JUNKの著書「アメリカン・セレブリティーズ」が刊行 ポップカルチャー・ウォッチャーがセレブからアメリカ社会を考察

辰巳JUNKの著書「アメリカン・セレブリティーズ」が本日4月30日に刊行された。

世界の政治や経済を動かすほどの巨大な影響力を持っているアメリカのセレブリティー。その背景にあるカルチャー、政治、ソーシャル・メディア、ゴシップなどが複雑に絡み合った〈アメリカという社会の仕組みと、その歪み〉に迫ったのが本書だ。

「アメリカン・セレブリティーズ」に登場するのは、レディー・ガガ、ドナルド・トランプ、カニエ・ウェスト、ビリー・アイリッシュ、ブラッド・ピット、キム・カーダシアン、マイケル・ジャクソン、テイラー・スウィフト、BTS、ビヨンセ、近藤麻理恵、アリアナ・グランデなどなど。

「アメリカン・セレブリティーズ」では、気鋭のセレブリティー・ウォッチャー/ライターの辰巳JUNKが、世界を席巻する20組のセレブリティーを考察し、アメリカ社会の仕組みを解き明かしている。

なお、辰巳JUNKのnoteでは各章の内容や試し読みが公開されている。第1章の試し読みはこちら

また、「アメリカン・セレブリティーズ」のプレイリストがAWAで公開中。本書に登場するアーティストや関連楽曲が選曲されている。プレイリストについての辰巳JUNKのコメントは以下のとおり。

スターの軌跡からアメリカ社会を探求する『アメリカン・セレブリティーズ』に登場する音楽は、その多くがメジャー中のメジャー。ゆえに、ダイナミックな社会変容の片鱗を孕む名曲が並びます。レディー・ガガ「Born This Way」は、日本においても年末番組に歌われたことでマイノリティ権利運動を広めた作品です。フェミニズムを大胆に宣言するビヨンセ「***Flawless」が米国ショービズにおけるフェミニスト自称のハードルを下げたことは否定できませんし、その範囲は世界中に及ぶでしょう。もちろんアーティスト個々の作家性も興味深いところで、己の人生を語りつづけるケンドリック・ラマーほか、ロックサウンドを拒否するバンドだからこそトップを維持できたのであろうマルーン5など、表現者としての信念は多岐にわたります。
ヒットの観点ひとつとっても、楽曲で最も重要なのは音楽そのものに他なりませんが、このプレイリストでその魅力を楽しんだあとまたは楽しみながらアートをとりまく受容や想いを『アメリカン・セレブリティーズ』で探っていただけたら幸いです。

 


BOOK INFORMATION

辰巳JUNK アメリカン・セレブリティーズ スモール出版(2020)

仕様: 四六判並製/ 296 ページ
定価: 1700 円+税
発売日:2020年4月30日
販売場所:全国書店、ネット書店にて

http://www.small-light.com/books/book075.html

 


PROFILE: 辰巳JUNK(たつみ・ジャンク)
平成生まれのポップカルチャー・ウォッチャー。おもにアメリカ周辺のセレブリティ、音楽、映画、ドラマに関する論考をCINRA.NET、The Sign Magazine、ELLE ONLINE、Real Sound、文春オンラインなどに寄稿。

TOWER DOORS
pagetop