PR
インタビュー

Momが繰り出す目の覚めるようなカウンター。ハッとする驚きに満ちた〈新たなポップス〉とは?

【POP FROM NEW VIBES】Mom『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』

Momが繰り出す目の覚めるようなカウンター。ハッとする驚きに満ちた〈新たなポップス〉とは?

現代のカルトボーイが繰り出す目の覚めるようなカウンター――ハッとする驚きが散りばめられたSF音楽がリーチする〈新たなポップス〉とは?

 Mac、iPhoneの無料音楽制作アプリ、GarageBandを駆使し、ヒップホップのラフなコラージュ感覚とレックス・オレンジ・カウンティやチャンス・ザ・ラッパーを彷彿とさせるキャッチーなメロディーセンスをDIYマナーで融合。その綻びや温かい耳触りを活かした〈クラフト・ヒップホップ〉をフレッシュに体現してきたシンガー・ソングライター/トラックメイカーのMom。屈託のない音遊び、言葉遊びに興じたファースト・アルバム『PLAYGROUND』(2018年)から自身の内面を吐露した昨年のセカンド・アルバム『Detox』へ――わずか半年でその音楽性を急速に進化させた彼がさらなる飛躍を果たし、1年2か月ぶりとなるサード・アルバム『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』を完成させた。

Mom 『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』 Colourful(2020)

 「人に何かを伝えたり、楽しんでもらえるようなアウトプットの仕方は一貫していますけど、『PLAYGROUND』から『Detox』にかけて殻を破って、よりエモーショナルになり、今回のアルバムではさらに自分のエモーションをもとに、ストーリーを紡いでいきました。そういう意味で表現のステージは着実に上がっていってると思います」。

 精神面での成長や気持ちの余裕がサウンド、リリックの両面に色濃く反映された本作は、彼の作風の大きな特徴であったローファイな鳴りがハイファイで立体的な鳴りへと驚きのアップデートを果たしている。

 「今回は制作のプラットフォームをGar­ageBandからLogicに変えました。これまではローファイな音の質感に新鮮さを感じて、そういうサウンドを自分なりに追求してきたんですけど、今はローファイが時代のスタンダードですし、もっと言えば、ヒップホップを血肉に、それをポップス化していくアプローチが形骸化しているように感じて、よりダイレクトに格好良い音楽をやりたいなと思うようになったんです。音楽って、特定のスタイルが流行っては形骸化して、また新しいスタイルが生まれていくものだし、そんななか、アーティスティックな作風をアルバムごとに進化させてきたカニエ・ウェストやジェイペグマフィアのオルナティヴな作品には大いに触発されましたね」。

TOWER DOORS