PR
インタビュー

Negicco『午前0時のシンパシー』ステイホーム期間の活動から、〈いままでにない3曲〉まで

Negicco『午前0時のシンパシー』ステイホーム期間の活動から、〈いままでにない3曲〉まで

8月25日(火)にリリースされるNegiccoのニュー・シングル『午前0時のシンパシー』。表題曲は一十三十一が作詞、一十三十一とPARKGOLFが作曲し、これまでのNegicco像をくつがえすアダルトな楽曲になっているほか、沖野俊太郎を作・編曲に迎えた“さかさま”、小田朋美が作詞、CRCK/LCKSが編曲・演奏を担当した“Sneakers!!!”と、3曲それぞれが新境地を見せる〈攻めた〉マキシ・シングルだ。そんな3曲のことからステイホーム期間の活動まで、南波一海がリモート・インタビューで3人に訊く。 *Mikiki編集部


ステイホーム期間も前向きに

――春からのステイホーム期間中、グループの活動としては動けない状態が続いていました。どんな気持ちで過ごしていたのでしょうか。

Megu「2月からお客さんの前でライブをしてなくて、最初の頃はモチヴェーションを保つのが結構難しかったです。でもやっぱり下ばかり見ていられないので、いまできることはなにかなってみんなで話をして、Negicco的にはやったことなかったインターネットサイン会をやってみたり、配信でライブをしたり。あとはYouTubeでそれぞれ動画企画をやったり」

――色んな動画を出してましたよね。

ステイホーム期間中は、Meguがマスクを作るこの動画のほか、Kaedeのメロンパンやマフィン作り、Nao☆のフラワーアソート作りなど、さまざまな動画をアップした
 

Megu「やったことがないことにチャレンジしました。それでもツアーと〈NEGi FES〉が中止になっちゃったときはまたモチヴェーションが下がっちゃったんですけどね(笑)。でも、新曲を出させてもらえるのが嬉しくて、いまはとにかくたくさんの人に聴いてもらいたいという気持ちです」

――モチヴェーションをどうするかというのは誰もが考えることですよね。

Kaede「当初はこの状況がここまで長く続かないだろうと思っていたので。だからそれぞれ仕事はできないけどプライヴェートではお家でできることをやろうかな、それが(動画の)企画に繋がればよりいいかなという気持ちではいました」

Nao☆「ファンの人の気持ちがいちばん沈んじゃっているのかもしれなくて。ライブ配信の内容が毎回一緒になっちゃうと、なんとなく飽きちゃうと思うので、私たちもそこは自分たちで考えて、なんとか気持ちが下がらないように、みんなで一緒に頑張っているという気持ちでやってました」

Megu「だから気持ちが下がってるとかは言わないようにして(笑)。ネガティヴな私たちだけど、そこは出さないように心掛けてました」

――意識的にそうしていたんですね。Negiccoはソロも含め、色んなロケーションや編成でオンラインライブをしているじゃないですか。すごく面白いなと思ったんです。それはやはり飽きさせないような工夫をしないと、というところですよね。

Nao☆「その企画力は、ゆっきー(EHクリエイターズのディレクター雪田容史)が持っていて。やっぱりすごいなって思いました。そういうのを聞いたときに、逆に自分たちから提案できることはないかなと思って、セットリストを考えてみたりもしました。まだ配信にも慣れてないんですけど、〈リモートだからここまでしかできない〉というふうには考えないで、〈リモートでもこれだけ幅を広げることができる〉ということを表明できればいいなって。新曲の振り付けをやっているんですけど、お客さんが目の前にいることを想像しながらやってます。こういう世の中だからネットを通して繋がれてるところもあると思うんですよ。繋がれないから寂しいということではなく、できることをやっていこうという気持ちです」

――Negiccoは全国にファンがいるので、オンラインライブでどこからでもアクセスできるというのが嬉しい人も大勢いますよね。

Nao☆「配信ライブをやると、これまで見られなかった人が見てくれてファンになってくれたりとか、インターネットサイン会も会場だと恥ずかしくてできなかったけど、これなら参加できるということで参加してくれたりとか。自分たちがこれまでチャレンジしてこなかったことをやることで逆に輪が広がるような感覚もあります」

――メリットを発見することもあったわけですね。ちなみにMeguさんの結婚でグループになにかしらの影響はありましたか?

Megu「あったのかな?」

Nao☆「ファンの人たちがとにかくいい人たちなんだなっていうのは実感したよね」

Megu「うん。本当にありがたいです。でも、結婚発表したあともなかなかファンの人には直接会えてない状況なので、このままフェードアウトしちゃう人もいるかもしれないですね……」

――そんなふうに思わなくていいと思いますけど(笑)。

Megu「けど、私自身は全然変わってないので。そのあたりのことはファンの人にちゃんと伝わったらいいなと思います」

Kaede「私はぽんちゃの影響ありました。アイドルなのに結婚してないことをイジられるというか(笑)。まさかそれでイジられるとは思ってなかったです。いままでにないパターンかなとは思います。そんなことはありましたけど、別にそれで傷ついたりはしてないです(笑)」

――グループ内の少数派になってしまったという(笑)。新曲の振り付けもしているということですが、3人で会う機会はどういう感じになっているんですか?

Nao☆「8月は特に忙しいのでちょこちょこ会ってますね」

Kaede「コロナウイルスの影響で延期になっていた仕事を最近になって立て続けにやっているので」

――なるほど。後ろ倒しになっていたものがギュッと集まっているわけですね。

Kaede「春は全然集まれなかったんですけどね」

Megu「17年間でこんなに会ってないのは初めてくらいでした」

――今年は本当に異例中の異例の年ですよね。しかし17年と聞くと改めてキャリアの長さに驚きます。以前、結成15周年のときに〈そろそろ20周年が見えてきたんじゃないですか?〉と訊いたら、〈いや、1年1年が勝負だからわからない〉というようなことを言っていて。

Nao☆「言ったかもしれない」

――いまはどう考えていますか?

Nao☆「3人での目標は20周年で日比谷野音に立つことなんですけど、一人結婚して二人結婚してとなると、それこそ1年後にどうなるのかわからないというか、自分自身の環境が変わってそうで。そのときに同じ形を維持できるのかなって思うんですよ。たとえばMAXさんは結婚されて出産されて、それでもグループを続けているのはすごいことだなと思います。私たちはまだそこに踏み込んでいないので、野音という目標はあるけれど、見えない部分ではあります。どうなるんだろう? コロナだって、ウイルスが広がってライブができなくなるなんて想像してなかったじゃないですか」

――たしかに。明日のことはわからないですよね。

Nao☆「明日やろうは?」

――バカ野郎……ですか(笑)。

Nao☆「(リモート・インタビューの)画面に映ってるほかの人が誰も笑ってない(笑)。一日一日を大事にしなきゃですよね」

Kaede「3年後にライブの文化がどうなってるかもわからないじゃないですか。お客さんをどこまで入れられるのかもわからない。そうするとどうなのかなって思います」

――20周年での野音は目標にしつつも、状況に応じてやっていくしかないと。

Kaede「そうですね。健康に気をつけて頑張りましょう」

Megu「ファンの人もそうですよね。心配ですよ」

Kaede「Negiccoが生きる活力になっていた人たちがいまどうしているのかって思います。人生に大きく関わっていたという人が結構多い気がするので、早く一緒に楽しめる日が来るといいなと思います」

Megu「5Gとかで触れ合えないけど一緒にラインダンスできるやつを開発してほしい(笑)」

――長く続けていくとそういう関係性もできていくわけですね。人生に深く関わっていると。

Megu「そうですね。小学生の頃から応援してくれていた子がこの前、二十歳になったと言っていて。そんな成長が見続けられるのも続けてよかったなと思うことでした」

TOWER DOORS