PR
インタビュー

BiS『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』始動から1年を経た4人が語る、鬱屈した時代を射抜く初のEP

BiS『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』始動から1年を経た4人が語る、鬱屈した時代を射抜く初のEP

3度目の新生から早くも1年——状況の変化に瀕してもストイックに邁進する4人から鬱屈した時代を射抜く新作が到着! 剥き出しのBiSを感じろ!

 セカンド・アルバム『LOOKiE』とツアーの成功で威勢良く幕を開けたはずだったBiSの2020年。状勢の変化に伴うツアー延期~中止などの余波を食らいながらも、4月に新曲“IT'S TOO LATE”を無料公開して以降、5月に“DESTROY”、6月に“CURTAiN CALL”をオンラインでゲリラ販売し、6月20日には無観客配信で全曲披露のワンマン〈HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE〉を開催、7月にはカセットテープで“イミテーションセンセーション”をゲリラ販売……と歩みを止めずに進んできました。こうした期間の集大成となるのが、今回登場した初のEP『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』です。マネージャーの渡辺淳之介が引き続き大半の作詞を担い、松隈ケンタ率いるSCRAMBLESも焦点の絞れたサウンドでエモーショナルな楽曲を提供。始動から1年を経た4人の逞しい表現が炸裂する力作になっています。

 

曲が気持ちを代弁してくれる

――今回のEP収録曲でいうと、自粛期間の4月にまず“IT'S TOO LATE”の音源公開がありましたね。

イトー・ムセンシティ部「コロナが流行り出して、〈しばらくライブできないかも〉みたいに言われ出してきた時期に作ってて」

――まさにその状況下の気持ちを歌ったようなタイムリー感のある歌詞は、渡辺さんとモンさんの共作という形ですね。

チャントモンキー「私が書いたそのままな部分はほとんどなくて、自分で言葉にできなかったことを渡辺さんにうまく言い換えていただいた感じです。〈あっ、こういうことが言いたかった〉って(笑)」

トギー「非常事態のギリ宣言前みたいな頃だったから、その時のうちらの気持ちも代弁してくれてるんだよね」

――これが最初にあった曲なんですか?

モン「その前に“DESTROY”と“イミテーションセンセーション”がありました」

トギー「その2つは、WACKオーディション合宿の前にもう作りはじめてましたね」

ティ部「まだ危機感も薄かったけど、急に状況が変わっていく時期だったし、その2曲を貰えて嬉しかったのを覚えてます」

――EPでもそのまま1、2曲目になって。

モン「はい。“DESTROY”はEPの最初に相応しい曲です。イントロから全部ブッ壊すような〈ジャッジャ~ン〉っていう音があって、ライヴでも1曲目にやったら凄い盛り上がりそうだし」

ティ部「先陣切ってくる感じがするよね」

トギー「サビの〈敷かれたレール壊し ギャンギャンならそう〉とか、自分が人生の岐路に立った時に言われたかった言葉だなって。何かに迷ってる人に聴いてほしいです」

――EP全体を通じて、あえて言葉を選んでないような歌詞の強さを感じます。

ネオ・トゥリーズ「反抗的というか、けっこう強めの曲が確かに多いかも」

トギー「渡辺さんの歌詞って時期によって伝わってくる感情が違うんですけど、今回はめっちゃ強気で嬉しくなりました(笑)」

――それを歌う皆さんの歌も強くなって、〈サビはこの人〉とかじゃなく、全パートを全員で分け合ってるような印象です。

トギー「確かに全員が目立つ感じになってます。嬉しいね」

ネオ「ここの歌詞はこの人で、っていう歌割もあるし」

モン「そう、トギーがガヤを録るとか、ネオの上ハモを録ろうとか決めながら、レコーディングも前よりはスムースに進められた気がします」

――そこは1年やってきた賜物ですね。で、2曲目はカセットテープで出ていた“イミテーションセンセーション”です。

モン「この曲は特にネオの泣き節というか、高音でたまにくる切ない雰囲気の歌い方が新しいネオという感じで引き込まれて。ネオのラスサビを聴いて泣いたんですよ」

ネオ「え~」

ティ部「ネオ・ネオだね(笑)」

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS