トピック

ブラック・カントリー・ニュー・ロード(Black Country, New Road)がデビュー作をリリース キム・ゴードンも注目する話題の英7人組

Photo by Maxwell Grainger

ブラック・カントリー・ニュー・ロード(Black Country, New Road)がアルバム『For the first time』を2021年2月5日(金)にリリースする。

ブラック・カントリー・ニュー・ロード(以下、BCNR)は、英ロンドンを拠点に活動する7人組。アイザック・ウッド(Isaac Wood/ヴォーカル、ギター)、ルイス・エヴァンズ(Lewis Evans/サックス)、メイ・カーショウ(May Kershaw/キーボード)、チャーリー・ウェイン(Charlie Wayne/ドラムス)、ルーク・マーク(Luke Mark/ギター)、タイラー・ハイド(Tyler Hyde/ベース)、ジョージア・エラリー(Georgia Ellery/ヴァイオリン)というケンブリッジ周辺の出身のメンバーで構成されている。

これまでに彼らがリリースしたのは、ダン・キャリー(Dan Carey)によるレーベルのスピーディー・ワンダーグラウンド(Speedy Wunderground)からリリースした“Athen’s, France”と、ロンドンのローカル・レーベルであるブランク・エディションズ(Blank Editions)からの“Sunglasses”という2つのシングルのみ(いずれも2019年)。2作はプレミア化しており、さらにイギリスで行ったライブのチケットはすべて完売、〈プリマヴェーラ・サウンド〉や〈グラストンベリー・フェスティヴァル〉といった大規模フェスから出演オファーを受けるなど、大きな注目を集めているのがBCNRだ。また、キム・ゴードン(元ソニック・ユース)、エド・オブライエン(レディオヘッド)とフランスのTV番組で共演したことも話題になった。

デビュー前から、多くのレーベルから熱い視線を送られていたBCNR。レーベル間の争奪戦のすえ、なんとニンジャ・チューンと契約し、ついにデビュー作『For the first time』をリリースする。

『For the first time』のリリースをアナウンスするとともに、BCNRはニュー・シングル“Science Fair”を発表した。同曲は、日本語字幕付きのミュージック・ビデオも公開されている。MVの監督は、フリー・マテリアルを使った作品で知られるバート・プライスが務めた。

アルバムはマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『m b v』(2013年)などを手がけたアンディ・セイヴァーズ(Andy Savours)がプロデュースし、2020年の3月にライブ・レコーディングによる制作が行われた。ロック、ジャズ、オルタナティヴ・ロック、ポスト・ロック、ポスト・パンク、ポスト・ハードコアなど、さまざまな音楽から影響を受けながらも、特定の枠にとらわれることなく、彼らのリアリティーを体現している。初期衝動の爆発的なエネルギーを捉えた作品であると同時に、クリエイティヴィティーの面で過去の音楽の焼き増しとは一線を画す仕上がりだ。

バンドがいったいどういうものなのか、その姿を本当に忠実に、誠実に切り取ってみることに僕自身が強い興味を持ってるんだ。人々にアーティストとしてのレベルや、手の届きかかっているフェイズといった部分まで感じ取ってもらえれば、それはすごく素敵だよね。メンバーはみんな、人としてもミュージシャンとしても、天賦の才を与えられていると思うし、真面目にそれと向き合ってしっかり前に進んでいる――アイザック・ウッド(ヴォーカル/ギター)

サクソフォニストのエヴァンズが「ライブでこう聴こえていれば気持ちいいなと思う音とまったく同じにしたかった」と語るように、楽曲の並びは彼らのステージを忠実に再現することになによりも重きを置いたという。また、フロントマンのウッズは本作について「活動をスタートさせてから最初の18か月間そのもの」と表現する。誠実さへと接近しようとする彼らの真摯な姿勢こそが、アルバムを貫いているいちばんの縦糸だということが一聴して伝わってくるレコードだ。みずからがいま感じているもののひとつの証として本作を作りあげるためにも、バンドは自分たちが急ぎすぎて現実からかけ離れたところまで行ってしまわないうちに一度足を止めてみる必要があったのだとか。

本作に関連するアートワークは、インターネット上で自由に使用できる画像を集めたウェブサイト〈Unsplash〉の素材が使用されており、特定の文脈から解放されたバンドの美学を体現している。カヴァー・アートにはUnsplashとその撮影者の名前がクレジットされる。

BCNRの待望のデビュー・アルバム『For the first time』は2021年2月5日にリリース。再構築されたシングル“Sunglasses”“Athens, France”の2曲を含む6曲、計41分が収録され、国内盤にはボーナス・トラックを追加収録。CD、LP、カセットテープ、デジタルの各フォーマットでリリースされ、数量限定でサイン入りヴァイナル、ホワイト・ヴァイナル、BIG LOVE限定のクリア・ピンク・ヴァイナルも販売される。

『For the first time』の配信リンクはこちら

 


RELEASE INFORMATION

BLACK COUNTRY,NEW ROAD 『For the first time』 Ninja Tune/BEAT(2021)

リリース日:2021年2月5日(金)
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録/解説書・歌詞対訳封入

TRACKLIST
1. Instrumental
2. Athens, France
3. Science Fair
4. Sunglasses
5. Track X
6. Opus
7. Black Country, New Road w/ Stargaze orchestra - Athens, France live from Haldern (Bonus Track)

関連アーティスト
TOWER DOORS