ジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)『Djesse Vol.3』タンク・アンド・ザ・バンガスらを招き、これまでで最もファンキーなサウンドに

2020.11.27

多重録音のアカペラとマルチな楽器演奏を駆使する才人の4部作プロジェクト〈Djesse〉の第3弾。アコースティックな〈Vol.1〉、フォーク寄りの〈Vol.2〉に続く今回は本人いわく「ヒップホップ、R&B、エレクトロ、デジタル・サウンド、ポップ・ミュージックをすべて合わせた、これまででもっともファンキーなサウンド」とのこと。ジェシー・レイエスとT・ペインを招いためまぐるしい“Count The People”を筆頭にキンブラ、タンク・アンド・ザ・バンガス、マヘリア、タイ・ダラー・サイン、トリー・ケリー、ラプソディと客演も豪華だが、良くも悪くも構成要素を部品化するような曲作りは変わらず。キアナ・レデとの“In Too Deep”やダニエル・シーザーと送る“Time Alone With You”の穏やかな世界観が馴染む。

TOWER DOORS