連載

【Love Me Doの音楽占い〈+MUSIC〉】第4回 2021年1月のおすすめMUSICは……?

【Love Me Doの音楽占い〈+MUSIC〉】第4回 2021年1月のおすすめMUSICは……?

人気占い師〈ラブちゃん〉ことLove Me Doさんが、陰陽五行論に基づいた今月のおすすめMUSICをご紹介します。

PROFILE:Love Me Do
占い師、風水師、占星術家。「当たり過ぎる占い師」として占い界隈で話題の人。「願いが叶う月見手帳2021」公表発売中! 2021年1月13日「金運大全」発売! Twitter▶@lovemedo_uranai

 

今月は己丑 1年の始まりは現実を見つめてメンタルを強くキープしよう!

明けましておめでとうございます。2020年10月号から連載がスタートして今回で4回目。今年もよろしくお願いいたします! さて! 新年一発目2021年1月の干支は〈己丑(つちのとのうし)〉です。

〈己〉は大地を、〈丑〉は土を表します。土は水分を含んだ土のイメージしてください。己=大地には〈現実〉、丑=湿った土には〈粘り強さ〉という性質があり、このことから己丑は、〈現実をしっかり見つめて行動する〉というキーワードがあります。その一方で、現実と向き合わなければ……堅実に生きなければ……と不安に陥る場合も。今月は〈安心するためにメンタルを強くキープする〉音楽がおすすめ。また、現実=手に触れられるもの=お金という捉え方もでき、お金に関する楽曲を聴くのもいいかも。

 

今月のオススメ楽曲!

●黒木渚 “大予言”

1年の始まりは不安なことも多く、そんな時は占い! これからを〈予言〉する楽曲を聴いて不安を払拭して。〈魂以外はくれてやる〉〈信じないも信じるも あなた次第よ〉など、歌詞に注目して聴いてみてください。

 

●ピンク・フロイド(Pink Floyd) “Money”

タイトルがズバリ、お金。お金を皮肉った歌詞から、現実との向き合い方を考えさせられるかもしれません。

 

●ユニコーン “働く男”

現実=働くという解釈から、タイトルに〈働く〉が入っているこの曲も、己丑に聴くのにおすすめの楽曲です。

 

●忌野清志郎 “毎日がブランニューデイ”

忌野清志郎さんのアルバム『夢助』に収録されている楽曲です。〈現実=毎日〉が充実していれば幸せだよね、という楽曲は、聴くだけで気持ちがほっとして前向きになります!

 

今月のワンポイント! 現実も大事だけど夢や理想も必要!

現実と真逆のところにある〈夢や理想〉を持つことも、今という現実を生きるためには欠かせないポイント。〈夢〉〈理想〉〈絆〉〈諦めない〉などを連想させる楽曲を聴くことで、また仕事(勉強)をがんばろう!と思える源になるかもしれません。

●オーイシマサヨシ “Hands”

「ウルトラマンR/B(ルーブ)」の主題歌。〈決して絆を諦めない〉という歌詞とメロディの力強さ、笑顔、希望、未来などのフレーズ‘に気持ちが奮い立ちます! かっこいいラップと終盤のギター・ソロにも注目です。

 

●宮沢りえ “ドリームラッシュ”

タイトルにドリーム〈夢〉が使われた宮沢りえさんのポップな楽曲は、現実を生きるためには夢や理想が大事な己丑にぴったり。

 

TOWER DOORS