PR
インタビュー

クマリデパート『セカデパ!』6人の多彩な色をズラリと揃えた千客万来のニュー・アルバム

Page 2 / 2 1ページ目から読む

もちろん自信作

――“ちきゅらぶレイディオ”は2度目となるダンス☆マンさんの編曲ですね。

「宇宙規模でラブを歌うディスコ・チューンです。毎日のようにメンバーの歌を聴いているのに、それぞれが新しい歌い方にチャレンジしているので、新鮮な気持ちで聴いてます。メンバーそれぞれをイメージした歌詞も入っているので、すごくクマリデパートな曲だなと思います。私は最後のサビで〈このステージで夢と希望を〉という歌詞を歌っているんですけど、いつか日本武道館でこのパートを歌うのが目標です。それと、“極LOVE浄土”の〈幸福ちらし寿司〉がここでも再登場したり、新たなパワーワード〈六角形がんもどき〉が出てくるのもポイントで」

優雨「最初に歌詞がきたときはびっくりした(笑)。“極LOVE浄土”も6人になって歌割がちょっと変わってるので、そこも聴きどころです。どっちもアッパーなディスコで、ラブをたくさん歌っているので、クマリデパートからたくさんラブを受け取ってほしいなと思います」

――“恋のハッピーチョモランマ”はある意味でクマリデパートらしい奇妙な曲で。

山乃「ポップでカオスな新曲になっておりまして(笑)、クマリらしいキラキラしたアイドルソングなんですけど、途中で突然ラップが入ってくるんです。レコーディングには全員がKOHHさんの曲を聴いてから臨みました」

――手本がKOHHなんですね。すごい。

小田「いままで出したことない声を出しました」

山乃「〈何これ?〉みたいな合いの手も出てくるので、楽しんで聴けると思います。七瀬マナちゃんの〈ただいま~!〉という台詞がいいんですよ」

七瀬「無心で言っても気持ちが伝わらないと思ったので、大好きなお母さんに会うつもりで声を出したら、自分でもいい感じに仕上がりました」

優雨「〈国語辞典今だ平手打ち〉って歌詞もすごいよね(笑)。クマリの歌詞はいつもびっくりします」

――アルバムの締めは“せかいのおわりの物語”です。

「いつか来る終わりに向き合ったり、大切なことを思い出させてくれる曲です。個人的な話をすると、スタッフさんから〈考えすぎて何も言えなくなっちゃってるよ〉と言われたことがあって。例えば、今日のインタヴューのためにどんなことを話すか4時間くらい考えちゃうんですよね。それを一度まっさらにして少し楽に考えたときに、〈いつか終わるのであれば、自分の好きなように生きないともったいない〉と思えたんです。そういう発見をくれた曲でもあります」

――終わりについて考えたりしますか?

「はい。〈今〉は変わっていっちゃうものだとわかっているし、何事にもいつか終わりが来ることもわかっているので、アイドルライフを精一杯貫きたいと思って活動しているんです。歌詞の〈大人になって 後悔ばかりをして〉みたいなことがないように」

小田「〈六角形がんもどき〉とか歌ってるグループなのに、急に真面目なこと言ってるよね(笑)」

――既発曲で触れておきたいエピソードがあれば教えてください。

小田「“サクラになっちゃうよ!”は4人体制のラスト・シングルの曲で、今回6人で収録しています。この曲は振りと衣装ができたのが新メンバー・オーディションの最終日だったので、2人に合格を伝えた後に目の前で初披露したんですよ」

――そうだったんですね!

山乃「〈合格です〉と言われてすぐに見せていただいたので、私たちはいまからここまでのレベルにならないといけないんだと思いました。そのくらい4人が完璧すぎたので、身が引き締まりました」

小田「春は出会いと別れを連想するじゃないですか。これは4人体制のお別れと6人体制の出会いにぴったりだなと感じます。思い入れの深い曲なので、6人で歌えてよかったです」

――アルバムの総括としては、もちろん自信作ですよね。

早桜「です(笑)。このアルバムを通して世界旅行をしているような楽しい気持ちになってもらいたいです。ジャケットは地球儀として組み立てられる仕様なので、たくさんのお家に地球儀が届けられればなと思います」

――最後に2021年のクマリデパートの展望を訊かせてください。

早桜「クマリデパートは歌詞で〈世界〉〈宇宙〉って大きいことを歌っているんですけど、リアルに世界中の人に曲が届けばいいなって思っています。いまは世界中が元気ないと思うんですけど、ラブと元気をたくさん届けられるようにがんばって活動していきたいと思います」

山乃「武道館を2デイズやってみたい」

小田「2デイズ?」

山乃「早桜さんが言うように、たくさんの人にクマリデパートの曲を届けたいという気持ちがあるんですよ。日本武道館を2デイズやったら、ほとんど日本の人口みたいなものじゃないですか」

一同「それはない(笑)」

――いっても2万人くらいですかね。

山乃「そのくらいか……(笑)。でもクマリデパートを知らない人がいなくなるくらい、なるべく大きなところで2デイズやるのが目標です!」

クマリデパートの近作。
左から、2020年のシングル“SUN百6じゅ~GO!日ッチ☆”“サクラになっちゃうよ!”、2019年のシングル“極 LOVE 浄土”、2019年のアルバム『ココデパ!』(すべてMUSIC@NOTE)

 

『セカデパ!』に参加した作家陣の関連盤を紹介。
左から、sayshineが手掛けたクロスノエシスの2020年のシングル“CONSTRUCTION”(T-Palette)、サクライケンタが手掛けるMaison book girlのベスト盤『Fiction』(ポニーキャニオン)、GUCCHOの提供曲を含むTask Have Funの2020年のシングル“星フルWISH”(LIKE IT MUSIC)、ダンス☆マンの2019年作『From Planet Mirrorball』(TOWER RECORDS)

TOWER DOORS