トピック

RYUTistが君島大空プロデュースの新曲“水硝子”とウ山あまねリミックスをリリース 8月に10周年ライブの開催も

RYUTist

RYUTistが本日5月9日、ニュー・シングル“水硝子”をリリースした。

タワーレコード内のレーベル〈PENGUIN DISC〉に所属するRYUTist。彼女たちが、新曲“水硝子”をデジタル配信でリリースした。

“水硝子”は、アイドル・ファンのみならず各方面の音楽ファンから高い支持を獲得した4作目のアルバム『ファルセット』(2020年)以来、10か月ぶりの新曲。

君島大空

“水硝子”の作詞・作曲・編曲は、気鋭の音楽家・君島大空が担当。さまざまな音色や技巧を駆使した前衛的な楽曲でありながらも、美しいギターの音色とRYUTistの透き通った歌声が、まるで水のなかで揺蕩っているかのように混ざり合っている一曲だ。RYUTistとして、これまでになかった新たなチャレンジをした作品になったという。

君島大空からのコメントは次のとおり。

好きな人の体温で自分の体が液体になって、その人の体の隙間に入り込めたらそれ以上に幸せなことがあるだろうか?、ということを考えながら、乙女のように胸をときめかせながらつくりました。水硝子はこの世界に実在する粘性の高い、液体の、ガラスです。RYUTist のみなさんに歌っていただけてやっと水硝子が初夏の陽射しの下できらきらと、生命体になって踊り出したような気がしております。ぜひ聴いていただきたいです。

ウ山あまね

また、カップリングとして、ウ山あまねによるリミックスも同時に配信。前衛的な“水硝子”をさらに分解し再構築した、原曲とは異なる意欲的な作品に仕上がっている。

岸裕真

ジャケットにはコンテンポラリー・アーティスト、岸裕真の作品を起用し、楽曲の世界を表現している。

“水硝子”は、5月9日0時から各種ストリーミング/ダウンロード・サービスで開始。配信リンクはこちら

またRYUTistは、2021年8月9日(月・振休)にデビュー10周年を記念して〈10th Anniversary RYUTist “HALL” LIVE@りゅーとぴあ劇場〉を開催する。詳細は後日発表される。

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年5月9日(日)
配信リンク:https://linkco.re/MHm51HhX
ストリーミング:Apple Music/Spotify/LINE MUSIC/Amazon Music Unlimited/deezer/RecMusic/AWA/KKBOX/Google Play Music
ダウンロード配信:レコチョク/mora/music.jp/OTOTOY/iTunes Store/dwango.jp/Amazon/Google Play Music

TRACKLIST
1. 水硝子
作詞・作曲・編曲:君島大空
2. mizugarasu -ウ山あまね remix-
作詞・作曲:君島大空 編曲:ウ山あまね

アートワーク:岸裕真
デザイン:中野浩明

関連アーティスト
TOWER DOORS