TOWER DOORSブログ

ウ山あまねにTOWER DOORSから6つの質問 世界的トレンドHyperpopをJ-Popへ落とし込む驚愕の才能

ウ山あまねにTOWER DOORSから6つの質問 世界的トレンドHyperpopをJ-Popへ落とし込む驚愕の才能

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の主人公は、ウ山あまねです。彼のデビューEP『Komonzo』より“リモデラ”をTOWER DOORSは紹介しています。

2016年から東京で活動しているユニット、神様クラブのトラックメイクやアレンジを担当する周。彼が〈ウ山あまね〉名義で2019年よりソロ活動を始めました。2020年10月、ネット・レーベルのMaltine Recordsによるコンピレーション・アルバム『???』に参加。その直後にデビューEP『Komonzo』をリリースしています。

ウ山あまねの音楽は、現在世界の音楽シーンの最前線として注目されているスタイル〈Hyperpop〉と共振するもの。ArcaやSOPHIEの登場以降、A. G. Cookや100 gecsの活躍によってインターネット上で広まったHyperpopは、過剰なエディットやノイジーでトランシーな電子音が特徴のジャンルです。

ウ山あまねは、そのHyperpopをJ-Popに落とし込み、独特の立体的でファンタジックなサウンドを作り上げている作家だと言えるでしょう。それゆえ、一聴して衝撃度の高い音楽ですが、よくよく聴くとそのポップさの虜になるはず。

それでは、そんなウ山あまねの実像に〈6つの質問〉から迫っていきましょう。

関連アーティスト
TOWER DOORS