PR
コラム

ダイアナ・ロス(Diana Ross)『Thank You』史上最高のディーヴァが22年ぶりのオリジナル作に込めた愛と感謝のメッセージとは?

音楽シーンに数々の歴史を作ってきた史上最高のディーヴァが贈る、22年ぶりのオリジナル・アルバム――ポジティヴな愛と感謝のメッセージを、いまあなたに

日々は授かり物

 21世紀最初のアルバムとしてカヴァー主体の前作『I Love You』が出たのは15年前。さらにその前作にあたるオリジナル曲主体の『Every Day Is A New Day』が出たのは22年前だ。どちらで勘定しても構わないが、いずれにせよ超久しぶりの新作がダイアナ・ロスから届いた。2歳違いのほぼ同世代にあたるアレサ・フランクリンが今世紀に入ってからもコンスタントに作品を重ねていたことを思えば、あるいは同じく2歳違いのバーブラ・ストライサンドのさらに精力的な活動と比べれば、ことレコーディングという部分においては相当なブランクがある。もちろん、〈世界でもっとも成功した女性アーティスト〉としてギネス認定を受けたこともあるダイアナにはもはやエンターテイナーとして何かを証明する必要もないわけだが、そのニュー・アルバム『Thank You』における魅力の健在ぶりにはやはり嬉しいものがあった。

DIANA ROSS 『Thank You』 Decca/ユニバーサル(2021)

 娘のトレイシー・エリス・ロスが映画「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」で母親に寄せた〈往年のスター歌手〉を演じた2020年は、ダイアナのソロ・デビューからちょうど50年、そして2021年はシュープリームスのモータウン・デビューから60年という節目でもある。そんな今年の2月にはグループの同僚だったメアリー・ウィルソンの訃報も届き、ダイアナは〈日々が授かり物だということを思い出した〉と追悼のツイートをしていたが、その件がニュー・アルバムに及ぼした影響はあるのだろうか。『Thank You』というタイトルは文字通りの意味であり、今回のアルバムは世界中へ愛と感謝を届けるためのポジティヴな内容に仕上がっている。

 6月に配信された先行シングル“Thank You”はトロイ・ミラーがプロデュースにあたり、仄かな哀愁味を湛えつつモータウン時代のポップネスを久しぶりに蘇らせたような名曲だった。エイミー・ワインハウスとの縁で知られたトロイ・ミラーは、近年もローラ・マヴーラやカイリー・ミノーグ、グレゴリー・ポーター、エミリー・サンデーらを手掛ける、ミュージシャンシップに溢れたUK屈指のプロデューサー。続く配信曲“If The World Just Danced”はシェール風(?)のダンス・ポップで、こちらはフィラデルフィアのアリ・プロール&アンドレ・ピンクニーを中心にした新進ユニットのトライアングル・パークが手掛けている。彼らは個人やチームでH.E.R.やスノー・アレグラ、ロビン・シック、ビービー・レクサ、ティヤナ・テイラーらを手掛けているミュージシャン集団だ。さらに3つ目の先行曲“I Still Believe”はかねてから共演が明かされていたジャック・アントノフがプロデュース。こちらはウェットでノスタルジックなメロディーを備えたイナタさがクセになるディスコ風味のナンバーとなっている(アニー・クラーク名義でギターを弾いているのはセイント・ヴィンセントだ)。