連載

アーバンギャルド松永天馬が選ぶ〈この曲、自分が書きたかった〉

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈わたしの1曲〉】

コロナ時代の1曲〉〈91年リリースの1曲〉と、好評を博してきたMikikiの連載シリーズ〈アーティストと音楽関係者が選ぶ「わたしの1曲」〉。今回のテーマは〈この曲、自分が書きたかった〉です。ミュージシャンや作曲家の方々に〈この曲、自分が書きたかった〉と思わせられるほどの魅力を感じる曲を選んでもらいました。ミュージシャンや作曲家が憧れたり嫉妬してしまったりする曲とは? *Mikiki編集部

★連載〈アーティストと音楽関係者が選ぶ「この曲、自分が書きたかった」〉の記事一覧はこちら


 

松永天馬

音楽家、詩人、ときどき俳優、映画監督。アーバンギャルドのボーカル、コンセプターとして2008年『少女は二度死ぬ』でデビュー。全ての歌詞を担当し、ポップかつ実験的、独特な言語世界を構築。また2017年よりソロ活動を並行させ、2019年、タワーレコード内にプライベートレーベル〈TEN RECORDS〉を発足、ソロアルバム『生欲』をリリース。上坂すみれ、新しい学校のリーダーズ、twinpaleなど数々のアーティストに作詞・楽曲提供も行っている。また2022年よりYouTuberとしても活動を開始。

 

あなたが〈この曲、自分が書きたかった〉と思う曲は何ですか?

森高千里 “ザ・ストレス -ストレス 中近東バージョン-”(89年)

ラブソングではなく■■■■ソング

デビューからずっと歌詞を書いてきた。書くことに行き詰まると人の書いた詞を研究する。人のものを読みながら段々わかってきたのは、歌詞というのものは大きく分けると二種類あって、ポエティックな単語を散りばめ言葉のオブジェとしかいえないきらびやかな世界を構築するものと、日常的なありふれた言葉で共感を集めるものとがあるということだ。また後者の亜種としてごく稀に、あまりに身も蓋もない感情や行為を歌にした詞というものも存在する。〈ママ、たった今 人を殺してきた〉(クイーン)といったえげつないものから〈東京都渋谷区南平台の角の整形地二百坪 お店出したいですね〉(東京事変)という〈そうですか〉としか言いようのないものまで。しかしどんな気持ちもやったことも、歌詞にしてしまえば普遍性をまとってしまうのがポップスのなせる技と神髄なのである。そう思って自分もデビュー以来、エイズ検査に行ったことを詞に書いたり、女性に言われた一言を織り交ぜたりしてきた。

そしてまた、多くの身も蓋もない感情や行為は、遠からず愛に直結する。世の中にラブソングが多いのは、恋愛に限らず家族愛、人類愛、友愛、博愛、様々な愛が人間の行動原理になっているからだろう。生き物の生存本能といったら身も蓋もないが(それとも〈命に嫌われている〉?)愛は明るい気持ちだけでなく、憎しみや怒り、寂しさなどのネガティブな感情をも噴出させ、それもそれで名曲を生む。しかしこんなにも苛まされているにもかかわらずほぼ歌にされていない負の感情がここにあった。“ザ・ストレス”……〈ストレスが地球をだめにする ストレスが女をだめにする たまるストレスがたまる〉……こんなにあけすけに、素朴に書いていいのだろうか。思えば愛と並んで、いや愛以上に人間の行動原理の前提にあるかもしれない気分は〈ストレス〉。ネットにSNSに追われ常に気が休まらない現代人にこそ、ラブソングよりもストレスソングが必要かもしれない。

ストレスソングを、もっと書きたい。

 


RELEASE INFORMATION

アーバンギャルド 『TOKYOPOP2』 前衛都市(2021)

リリース日:2021年8月4日
品番:FBAC-150
価格:3,080円(税込)

TRACKLIST
1. 東京爆発、その後²
2. アンドロギュノス
3. 傷だらけのマリア(パソコン音楽クラブ REMIX)
4. 鏡屋さん(YUC’e REMIX)
5. 天使にしやがれ(Android52 REMIX)
6. あくまで悪魔(Yeule REMIX)
7. 平成死亡遊戯(KOTONOHOUSE REMIX)
8. 都会のアリス(YOYOGI YOBIKOU ver-β)
9. 東京REMIX

 

アーバンギャルド 『アバンデミック』 前衛都市(2021)

リリース日:2020年11月25日

■初回豪華盤
品番:FBAC-124
価格:6,930円(税込)
特殊パッケージ仕様CD+DVD+小説/ブックレット28ページ​

■通常盤
品番:FBAC-125
価格:3,300円(税込)

TRACKLIST
1. 神ングアウト
2. 君は億万画素
3. マスクデリック(ver.2.0)
4. 映えるな
5. チャイボーグKYOKO
6. アルトラ★クイズ
7. クラブ27
8. バンクシーの恋人
9. シガーキス
10. 白鍵と黒鍵のあいだで
11. ダークライド

 

リリース日:2019年9月4日

■初回限定盤(CD+DVD)
品番:TEN-0001, 0002
価格:4,400円(税込)

■通常盤
品番:TEN-0003
価格:2,750円(税込)

TRACKLIST
1. 生欲
2. ポルノグラファー
3. 生転換
4. 好きな男の名前、腕にコンパスの針でかいた
5. プレイメイト
6. T字架
7. ナルシスト
8. ピンクレッドVII(Bonus track)

 

リリース日:2017年7月26日

■初回限定盤(CD+DVD)
品番:FBAC-025
価格:4,180円(税込)

■通常盤
品番:FBAC-026
価格:2,750円(税込)

TRACKLIST
1. キスマーク/唇
2. Blood,Semen,and Death.
3. ラブハラスメント
4. 天馬のかぞえうた
5. ぼくらの七日間恋愛
6. ハートマーク/心臓
7. 身体と歌だけの関係

 

LIVE INFORMATION

■アーバンギャルド
COUNTDOWN 15YEARS リクエスト・アワー もっと!ビョーキにしやがれ!!
2022年4月12日(火)東京・渋谷 CLUB QUATTRO
開場/開演:18:00/19:00
出演:アーバンギャルド
前売り/当日:6,600円/7,700円(いずれもドリンク代別)
https://www.urbangarde.net/shiyagare

■松永天馬
松永天馬四十七都道府県ツアー「四十七人の天馬」
出演:松永天馬(ボーカル/ポエトリー)/高慶智行(アコースティック&エレクトリックギター/DTM) ※会場により編成は異なります。また、ワンマン公演とゲストを迎えての公演がございます
前売り/当日:3,500円/4,000円(いずれもドリンク代別) ※一部会場によって例外あり
https://www.temma.club/47tm

2022年1月23日(日)千葉 Music Lounge 8Beat
2022年1月30日(日)埼玉・大宮 ヒソミネ
2022年2月6日(日)神奈川・横浜 ネイキッドロフト
2022年2月26日(土)静岡・浜松 POPS CLUB
2022年2月27日(日)山梨 Feel Rock CAFE YUMURA
2022年3月5日(土)福井 Swell
2022年3月6日(日)愛知・名古屋 Live DOXY
2022年3月18日(金)群馬・前橋 音処きしん
2022年3月19日(土)栃木・小山 Fellows
2022年3月20日(日)茨城・水戸 ペーパームーン

2022年4月1日(金)滋賀
2022年4月2日(土)三重
2022年4月3日(日)京都
2022年4月15日(金)山形
2022年4月16日(土)宮城
2022年4月17日(日)福島
2022年4月30日(土)富山
2022年5月1日(日)長野
2022年5月13日(金)宮崎
2022年5月14日(土)鹿児島
2022年5月15日(日)熊本
2022年5月27日(金)和歌山
2022年5月28日(土)奈良
2022年5月29日(日)大阪 
2022年6月10日(金)香川
2022年6月11日(土)岡山
2022年6月12日(日)兵庫
2022年6月18日(土)青森
2022年6月19日(日)岩手
2022年7月8日(金)島根
2022年7月9日(土)山口
2022年7月10日(日)福岡
2022年7月16日(土)徳島
2022年7月17日(日)愛媛
2022年7月18日(月祝)高知
2022年7月23日(土)岐阜
2022年7月24日(日)石川
2022年8月5日(金)大分
2022年8月6日(土)佐賀
2022年8月7日(日)長崎
2022年8月12日(金)東京
2022年9月3日(土)広島
2022年9月4日(日)鳥取
2022年9月24日(土)秋田
2022年9月25日(日)新潟
2022年10月8日(土)北海道
2022年10月22日(土)沖縄