インタビュー

RUSTIE 『Green Language』 Part.1

加速する感じ、レイヴに浮き立つ感情、終わらない陶酔、あるいは生きていることを実感できる瞬間?『Green Language』に潜む煌めきは勝手に名前をつけろ!

RUSTIE 『Green Language』 Part.1

いまでも心配だ

  「いまでも、あまり話したくないって思ってるんだ。俺のことを伝える役割は音楽に任せておきたいから、俺自自身から説明しすぎないようにしてる。自分の音楽について説明すると、大抵の場合、頭が混乱しちゃうか、わけのわからないことを言っちゃうからさ(笑)」。

 では、わけのわからないことを言っていただきましょうか……。2011年のファースト・アルバム『Glass Swords』がおしなべて高い支持を獲得し、年の終わりには栄誉あるThe Guardian紙にて〈最優秀ファースト・アルバム〉を授かり、さほど栄誉のないbounceの〈Opus Of The Year 2011〉では年間6位に輝いたラスティ。そうでなくても、ジャケに描かれたクリスタルのように、トランシーに乱反射するキラキラと煽動するレイヴ・ベースのガシガシした暴れっぷりが凄まじかったのは誰もが認めるところだろう。それは、寡黙な男が脳内に描いた一瞬の美を何百倍にも増幅して伸張して何度も何度も何度も何度も何度も炸裂させるような、不思議なスピード感を帯びていたのだ。

 当初は世間の反応を「自分のため、それから俺の音楽に以前から興味を持ってくれていた奴らのために作ったから、それ以上の反響は驚きだった」とシンプルに受け止めていた彼も、流石に次のアルバムが完成に近づくにつれてナーヴァスになったようで、「最初は普段通り、後でどうするかあまり考えずに作ることだけやってたから、そうでもなかったけどね。アルバムが大体出来上がってきた頃、セカンド・アルバムがどう受け止められるのか心配になってきた。いまでも心配だけど」と心境を吐露してもいる。

 環境の変化もあった。前作を仕上げたロンドン近郊のイーリングにいる段階で手をつけたという今回の新作は、グラスゴーへの帰郷を経て数年がかりで完成させたものだという。そうやって生まれたのが待望のセカンド・アルバム『Green Language』だ。これは何というか……本人の心配はまるで不要だったとしか言いようのない仕上がりである。

  「新作で表現しようとしたのも、前作でやったことと似たようなものだよ。俺はいまでも、加速するような感じや、クラブやレイヴで遊びはじめた頃に感じたような気分を曲にしようとしている。まあ、今回のアルバムでは、そういう感情と、自然を見た時に感じる気持を加えたのかな。例えば、美しいものを見て、ハッと息が止まり、思考もスロウダウンしてしまう——そういう、生きていることを実感できるような瞬間。自分ではそんなふうに解釈してるよ」。


流動的で、オープンで、ダイレクト

 新作の雰囲気は当人が語るほど落ち着いているとは思わないが、トークボックス風のロボ声もメロウなシンセ・ファンクの“Lost”など曲調はより多彩になり、歌唱ゲストたちの存在もあってアルバムらしい雰囲気が生じているのは間違いない。

  「『Glass Swords』を聴き返すと、アルバムとしての流れというものがあまり感じられないし、むしろキャッチーなトラックを集めたものに聴こえる。今回はもっとアルバムとしての流れがある作品にしたかった。アルバムをかけて、最初から最後まで通して聴けるように。自然にそう思うようになった。それに、今回はワープがクリエイティヴな自由をもっとくれたんだ。『Glass Swords』の時は、デモを送り返されたりしながら、〈このトラックみたいな曲がもっと聴きたい〉とか〈このトラックはナシでいこう〉とか意見されてたしね。でも今回はそういうことを一切しなくてよかった。ワープは俺を完全に信頼してくれたんだ。統一感のある作品ができたのは、そのおかげでもある」。

 さらにはゲスト・ラッパーの参加も重要なトピックだろう。『Old』におけるラスティとの手合わせも鮮烈だったダニー・ブラウンは、お返しとしてグライミーなトラップの弾ける“Attak”に登場。ラッパーとしてはもう1曲、“Up Down”にグライムMCのDダブルEも迎えている。

  「ディジー・ラスカルの『Boy In Da Corner』を初めて聴いた時、すべてが変わった。そういう一面をアルバムで表現したかったんだ。だって、俺がグライムに大きな影響を受けてるって知ってる人はあまりいないかもしれないからね。最終的には長年ファンだったDダブルEに参加してもらえることになった。トラックを彼に渡すと、彼はコンセプトからすべてを考えてくれた。そして、ヴォーカルのピッチが上下する、奇妙な、俺が大好きな感じの曲にしてくれた。それで完成さ」。

 彼自身が〈あえて前作に近い雰囲気を狙った〉という先行カットの“Raptor”は、まんまとPitchforkの〈Best New Track〉に選ばれた。あきらかに前作以上のクォリティーを備えたアルバムの全貌は、各々の解釈に委ねられることになる。

  「〈Green Language〉とは〈鳥たちの言葉〉という意味。3~4年前に錬金術や秘教についての本をいろいろ読んでいた時、何度か遭遇した言葉なんだ。その意味には人によってさまざまな解釈があるんだけど、文章を通じて、自分の潜在意識や高次元の自分に触れたりすることができる。それがすごくおもしろい概念と思ったし、俺が音楽に対して感じることと似てると思った。何かについて歌ってる歌詞があったとしても、俺が最初に反応するのはいつでも音の部分なんだ。音楽はダイレクトに身体で感じることができる。それについて考えなくていいし、音楽は柔軟でもある。受け止め方が、その日はこうでも、次の日は違うかもしれない。〈Green Language〉は流動的で、オープンで直接的な言葉だ。音楽ってまさにそんな感じだと思うんだ」。

  『Green Language』をどう聴くのか、解釈は人それぞれ。ただ、その煌めきがどんな色に映ろうとも、それがとんでもない光だという印象は多くの人に共通するはずだ。

 

 

▼『Green Language』に参加したアーティストの作品を一部紹介

左から、ダニー・ブラウンの2013年作『Old』(Fool's Gold)、DダブルEの2011年作『Bluku! Bluku! EP』(Dirtee Stank)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

関連アーティスト