2016.04.01

〈Con los terroristas!〉の掛け声でお馴染み、全米チャート初登場1位を記録したトラップ・チューン“Harlem Shake”(2012年)にて世界を揺さぶったバウアーから、待望のファースト・フル・アルバムが到着。重量過多のベースラインは変わらず地べたを這うように鳴っているが、ディスコのファンクネスを吸収した“Pinku”、琴のような音色でオリエンタルな演出を施したM.I.A.G-DRAGON参加の“Temple”、プッシャー・Tフューチャーという強面たちが参加したチンピラ・トラップ“Kung Fu”、ニューエイジ的な多幸シンセが降り注ぐラスティとの“Church Reprise”など、他にもまだいるゲストたちの援護射撃もあって、サウンド面での懐の深さはこれまでになく拡張されている。良くも悪くも“Harlem Shake”の飛び道具なイメージが付いて回った彼ながら、R&B/ヒップホップやインディー・ロックの垣根もひょいひょい飛び越える軽やかな身のこなしで、その呪縛から解き放たれることに成功したと言えるだろう。


[English Translation]
Well-known for the “Con los terroristas!” call on 2012’s earth-shattering trap tune “Harlem Shake,” which debuted at number one on the US chart, Baauer has dropped his long-awaited first full-length album. Alongside his originals like the disco-infused funkiness of “Pinku,” it is backed by a firing squad of many guests. M.I.A. and G-Dragon appear on the oriental Koto-like tone (koto: Japanese string instrument) of “Temple.” Grim-looking Pusha T and Future join thuggish “Kung Fu.” On “Church Reprise,” new-agey euphoric synths shower down on Rustie. Maintaining his characteristic bulky bassline slithering at the bottom, the album sees Baauer extending his greatest sonic breadth ever. Though he’s been associated with an anthemic strain of “Harlem Shake” for good or ill, this album successfully frees him to express his creativity in a way that easily strides across the boundary of R&B/hiphop and indie rock.

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop