PR
インタビュー

Reiのコラボ作『QUILT』は〈超絶大好きな人たち〉への恩返しであり、彼らからもらった宝物

Reiのコラボ作『QUILT』は〈超絶大好きな人たち〉への恩返しであり、彼らからもらった宝物

コラボレーションプロジェクト〈QUILT〉を立ち上げ、“Smile! with 藤原さくら”“Don’t Mind Baby with 長岡亮介”“ぎゅ with 細野晴臣”といった配信シングルをリリースしてきたRei。その集大成とも言えるアルバム『QUILT』は国境も世代もジャンルも超えたReiが心からリスペクトするアーティストが集結した。

世界最高峰のカッティングマスターと言われるコリー・ウォン(ヴァルフペック)やデビュー50周年を迎えたギタリスト・渡辺香津美、山崎まさよしといったレジェンドたち、CHAIや藤原さくらやハマ・オカモト、石若駿、渡辺シュンスケといった仲間たちが参加。多彩な顔触れとのコラボレーションによって、これまでのReiの楽曲にはなかったサウンドアプローチが多く聴けるにもかかわらず、Reiの濃度を120%感じるのはそのリスペクトの気持ちの強さゆえだろう。様々な価値観の転換があったというアルバム『QUILT』の制作について訊いた。

Rei 『QUILT』 Reiny/ユニバーサル(2022)

 

正直に意見を交わせる関係性と心地よい重圧

──アルバムは〈QUILT〉プロジェクトの集大成とも言える内容になっていますが、どういう風に方向性を固めていったんでしょう?

「そもそもこの『QUILT』というコラボレーションアルバムを作ろうと思ったきっかけは、音楽活動をする中でフェスやイベントでたくさんセッションさせていただく機会があって、ライブで培ってきた人間関係を残るものとして形にしたいっていうところからでした。ステージ上での瞬間的な交流と違って、一定期間意見を交わしながら一つの正解を作っていくのは全く別のプロセスなので、YESだけじゃなくNOもお伝えできる方じゃないといけないと思い、正直に意見を交わせる人と作りたいと思いました」

『QUILT』ティーザー

『QUILT』収録曲“CRAZY! CRAZY! with 東京ゲゲゲイ”

――なるほど。

「いつもは引きの画で全体像を見て、聴いてくれている人にどういう印象を持ってほしいかを熟考しながら作ることが多いのですが、リード曲が集まったようなアルバムにしたいという狙いもあったので、アーティストの方々ひとりひとりと楽しみながら向き合って作った曲の集大成というような感じで、初めて統一感を意識せずに作品を作りました。

参加してくれた皆さんのことが大好きだからこそその人たちのポートフォリオを汚してはいけないと思いましたし、より良いものにしたいという気持ちもあったので、心地よい重圧がありました」

 

多様なジャンルの同居し、仲間たちが一堂に会した“QUILT”

──1曲目の“QUILT with Ryohu and Friends”は〈QUILT〉というタイトルがついていますが、Ryohuさんとのバチバチのラップリレーも含めて、〈QUILT〉というプロジェクトの信念が凝縮されていると感じました。

「この“QUILT”という曲は実は一番最後にできた曲です。良い曲がいっぱいできたから最後はめちゃくちゃにやっちゃおうという気持ちで作りました。結果的にいろんなジャンルが1曲に同居していて、私がこれまで関係性を築いてきた仲間たちであるRyohuくん、ハマ・オカモトさん、石若駿くん、渡辺シュンスケさんという仲間たちが一堂に会していて、アルバムを象徴するような曲だと思ったので、完成した後に表題曲にしようと決めました」

『QUILT』収録曲“QUILT with Ryohu and Friends”のレコーディングアウトテイク動画

――これまでのコラボレーションを経たから作ることができた曲なんですね。

「言われてみると確かにそうですね。サウンドが固まった段階で、いろんなジャンルがパート毎に入れ代わり立ち代わり変化していく曲なので、〈何か一本筋を通したいんだよね〉とRyohuくんに相談したところ、ひとつのテーマを持ったラップが通貫していたら、変化していくジャンルを糸のようにつなぎ合わせられるんじゃないかという話になって。私が東京に出てきて10年の間に培った人間関係を形にした作品でもあるので、東京という街への思い入れを話したりした上でRyohuくんがリリックを書いてくれました。

かつての私は人によってパーソナリティーや態度や口調を変えてしまうことに対して心地悪さを感じていました。どこにいても誰といても同じように振る舞える人を羨望の眼差しで見ていたんです。今でもそういう人に憧れはありますが、今回のアルバムで目上の方や同世代、男の方、女の方、真ん中の方、それぞれと一緒に濃密な制作期間を経験したことで、自分が人のことを観察しながら態度変えたりすることってそんなにマイナスポイントじゃないのかなって初めて思えました」

関連アーティスト
Rei