『菊地雅章+ギル・エヴァンス・オーケストラ』70年代初頭、日本ジャズ界の大事件を記録した幻の名盤が再発

菊地雅章 『菊地雅章+ギル・エヴァンス・オーケストラ +2』 ユニバーサル (2022)
2022.06.22

70年代初頭、日本のジャズ界におきた大事件のひとつを記録したライヴ盤。この時が初来日だったギル・エヴァンスと菊地雅章を筆頭に日本の先鋭的なミュージシャンたちが構成するアンサンブルに彼のオーケストラから数名をピックアップして加え、ギルのスコアを演奏する。幻の名盤だったが今回初CD化の2曲を加えて再発売。ギルのスコアで素晴らしいソロを繰り広げるミュージシャンたちもさることながら、冨樫雅彦と中村よしゆきのツインドラムが凄まじい。菊地雅章のエレピのソロが静かに熱を帯びていく彼の代表作“驟雨”、これが『ススト』の“City Snow”に繋がっていくのだろうか。凄い。

関連アーティスト