田村三果とBRIAN SHINSEKAIのデュオが待望のアルバムを完成! 洗練されたエレガントな音世界にはラブとエナジーとモチベーションが広がっている!

音楽やってみない?

 巷のシティ・ポップ熱に重なる情緒も備えつつ、より広範なニューミュージックやニューウェイヴ、80年代ポップスが伸びやかに広がるレトロ/モダンな音風景――もともと田村三果のソロ・プロジェクトとして2020年に始動し、今年1月にサウンド・プロデュースを務めるBRIAN SHINSEKAIが正式加入したLafuzin(ラフジン)。田村は00年代末に福岡から登場したCHEESE CAKEの元ベーシストで、BRIANはソロ活動のほかOKAMOTO’Sの鍵盤サポートやPIGGSの楽曲プロデュースでも知られる鬼才だが、そんな両者の縁は、CHEESE CAKEとブライアン新世界(当時)が揃ってファイナリストに名を連ねた10代限定フェス〈閃光ライオット2009〉にまで遡れる。時を経てバンドを脱退した田村はデザイナーの道へ進むが、BRIAN率いるBryan Associates Clubのアートワークを手掛けるなどの交流は続いていたそうだ。その後プライベートでは交際に発展した二人ながら、音楽面でのコラボまではそれから数年を要することになった。

田村三果「福岡で暮らしてた頃から趣味で曲作りはやってて。曲作りと言ってもホントiPhoneのGarageBandで簡単なデモを作るみたいな作業なんですけど、それはずっとコンスタントにやってました」

BRIAN「一緒に住みはじめて〈音楽やってみない?〉みたいに話したけど、たぶん音楽活動を再開するのも最初は相当ためらってたよね? デモを初めて聴かせてもらったのも付き合って3年目ぐらいで、まず曲を作ってることすら教えてくれなかった(笑)。恥ずかしかったんだと思うけど」

田村「そう、ベーシストだったんで、何か自分で作った歌を人に聴かせるのが凄い抵抗があって、ずっと隠してたんです(笑)」

BRIAN「聴かせてもらったら何か殺人鬼みたいなノイズとかグランジみたいな曲もやりつつ、ポップスもやってて、何か凄いデモ集だなって(笑)」

田村「デモはあっても、自分の中でどういう形で世に出していいか迷ってたんです。で、“ポーラー・ナイト”を聴いてもらった時に、デモは90sのヒップホップみたいなビートだったんですけど、〈シティ・ポップみたいな方向性に固めていったら合うかもしれないね〉って言ってもらって、そこで自分でも進んでいけそうな自信が持てて」

BRIAN「デモはけっこうハスキー・ヴォイスでブルー・ノートを多用したっぽい歌い方が合いそうなアレンジで。三果ちゃん的にも自分の声質と合ってないんじゃないかって悩んでて、それが2020年の1~2月ぐらいの、日本のシティ・ポップが海外でバズってる感じも広まってきた頃で。僕は竹内まりやさんや山下達郎さんはドンピシャで通ってはないですけど、オフコースとか大好きで、その時代の文化が大好きなので、三果ちゃんの声質とか存在感ってそういう曲にバッチリ合うんじゃないかと思って、陰な感じのデモをシティ・ポップ風のサウンドにしてみたら良い感じにまとまって、それで方向性が見えた感じでした。三果ちゃんも自分の声が乗った“ポーラー・ナイト”を聴いて前向きな自信が持てて、それが〈ちゃんと世に出そう〉ってなったきっかけだったかな」

田村「バンド時代は曲作りにもほとんど携わってなかったですし、自分が歌って、自分の考えを曲に反映するっていうのは、まったく別の作業みたいな感覚で。活動再開というよりは新しいことに挑戦する気持ちが大きかったですね」

 ちなみにLafuzinという不思議なネーミングも彼女が名付けたものだ。

田村「さっき殺人鬼の曲とかいう話が出たんですけど、最初はけっこうヒップホップっぽい、陽と陰なら陰のほうの音楽をやりたくて、漢字で〈裸婦人〉にしようと思ってたんですよ。芸術の鑑賞が好きで、クリムトの『裸婦人』を見てこの名前にしたいなって思って。そこから音楽性も練っていって、明るめのジャンルにしていったほうが自分的にも納得できるなってなった時に漢字表記はやめて、フランス語で女性名詞に〈La〉を付けるので〈La Fuzin〉ってちょっとオシャレな感じでいいなと思って」

BRIAN「〈roughな人〉みたいな意味も込めたんですよ、確か」

田村「そう、〈laugh〉だと笑うっていう意味になるなと思って。そのラフっていうところと、〈La〉でフレンチ・ポップみたいな要素もちょっと入れつつ、いろんな意味を込めてLafuzinにしました」

ユニットにするのはどう?

 そうやって田村ソロで始まったLafuzinは、BRIANのプロデュースで“都会ガール”や“サマー・ブリーズ”などをコンスタントに配信リリース。それと並行してLafuzinが客演したBRIAN名義の“やさしくされたら”や“きかせて”も届けられ、たおやかな歌声と懐かしさを湛えたレトロ・モダンな歌謡性が融合した二人の作風は注目を集めていく。当初は顔出しもなく、田村本人によるアートワークのイラストだけを纏う匿名性の高さも印象的だった。そこからBRIANがメンバーとして正式加入したきっかけは、レーベルメイトのGOOD BYE APRILら同世代の仲間からの刺激もあってライヴへの意識を高めた田村からの提案だったという。

田村「ライヴをやるなら、タキシードとかPIZZICATO FIVEみたいな、ちょっと華やかなステージにしたいと思って。そうなったら1人よりも2人のほうがパフォーマンスの幅も広がるし、ユニットのほうがLafuzinの魅力がもっと出せるんじゃないかなと思って、〈ユニットにするのはどう?〉って持ちかけました」

BRIAN「最初はちょっと躊躇しました。私生活も一緒なんで〈仕事も一緒なのはどうなんだろう〉みたいな気持ちも最初はあったり(笑)。あと、プロデューサー視点で関わる時は、例えばゴリゴリのロックな欲求はPIGGSで出して、ポップスの好きな部分はLafuzinで出して、違うアウトプットがあることで良いバランスを取れてたんですけど、メンバーってなるとフロントマンにもなるような話で、ソロ・ライヴもコロナ以降はまったくやってないから、その意味での〈どうしよう〉もありました(笑)。でもよく考えたらペット・ショップ・ボーイズとかめちゃくちゃ好きだし、CHAGE and ASKAもホント尊敬してますし、三果ちゃんのほうが好きだと思いますけどピチカートも通ってるし、ホール&オーツとかワム!とか挙げていけば好きなユニット多いなって思えてきて。ユーリズミックスとか、サウンドでも影響受けてるスウィング・アウト・シスターみたいな男女デュオも多いし、〈人生で1回はユニットやりたいな〉って思えてきて。あと、お笑い芸人の友達にも、〈芸人に例えたらBRIANはピン芸人が向いてるように見えるけど、実は2人組のコント師向きだよ〉みたいなことを言われたり(笑)、そういうのが重なって〈入っちゃおう〉って決めた感じですね」

田村「けっこう悩んでたんですけど、口説きました(笑)」

BRIAN「前までは音楽面のことしか気にしてなかったけど、メンバーだと全体に責任感も出てくるので、より話し合いをするようになりました。僕名義の歌詞も三果ちゃんにめちゃくちゃ相談して、実質的に二人で書いてるみたいな曲もあったりするし、先行配信した“シルクのカーディガン”のアートワークも、プリファブ・スプラウトとか80年代のソフィスティ・ポップっぽい、スウィング・アウト・シスターとかブルー・ナイルとかの質感がいいんじゃない?みたいに意見してみたりとか。Lafuzinとしての当事者意識が生まれてきましたね」

もっと遊んじゃっていいかな?

Lafuzin 『ラブエナジーモチベーション』 DOBEATU(2022)

 そんな過程を経て届いたのが待望のファースト・アルバム『ラブエナジーモチベーション』だ。ほのぼの明るいバブルガム調の“ただいま”など初期の曲をはじめ、グルーヴィーな大都会チューン“ナビゲーション・ライド”、ニューウェイヴ調のシンセ・ポップ“キャリー・ストーリー”、表題通りのメロウな“レイドバック・ミュージック”、オフコースのカヴァー“Yes-No”、さらにはオカモトコウキ(OKAMOTO’S)のファンキーなギターが輝くブライトなAOR“ランチタイム・ラブ”のようなデュオ移行後の曲も含め、約3年の実りを辿ることができる。

田村「配信を重ねてきて、いつかアルバムを出したいなという気持ちはずっとありました。ソロ・プロジェクトから突発的にユニットになって現在に至るまでのLafuzinの、短いんですけど、歴史というか転換期を詰め込んだアルバムになったと思います」

BRIAN「サウンド的な意味で最初からフォーカスは絞っていたんですけど、それでもけっこう幅広い曲をやってきたので、アルバムに入れた既発曲は何となく2人で〈Lafuzinってここだよね〉みたいなものが見つかった範囲内というか、統一された世界観のものを選んだ感じです。質感的にはやっぱり80年代中盤ぐらいの雰囲気になったかなという感じはしますね」

 その意味では、今年に入ってからの先行配信曲や新曲群は現在のLafuzinのモードをより明快に表明しているように思える。クニモンド瀧口(流線形)プロデュースの“シルクのカーディガン”はまさに洗練を極めたエレガントな肌触りだし、GOOD BYE APRILとのコラボ“JUNCTION”は1986年式と週末マナーが交差する仕上がりにニヤリとさせられる。また、ピアノ一本のバラード“ウェンズデイ・レイン”で岡村孝子にも通じる田村のまっすぐな歌声が堪能できるのも収穫だ。こうした転換は、イラストから写真メインになったアートワークの変化からも窺えるものだろう。

BRIAN「〈巷のシティ・ポップ的なところに囚われないで作ろう〉みたいな話にはなりましたね。流れに乗っかった感じに縛られてしまった時期が2人ともあって。シティ・ポップは大好きだけど、そこにフォーカスを当てすぎるのも〈もう違うかな〉と思うし、それは一要素としてあるけど二人とも好きな音楽は他にもあるから」

田村「アートワークの面でも80s風っていうか、例えば『めぞん一刻』みたいな世界観のイラストに凝り固まっちゃった時期があって。そこに縛られると自分が楽しくなくなっていくんじゃないかっていう不安もあったので、写真のジャケットも作ってみたりして、アートワークも一緒に更新されていった感じですね。それで髪型とかももっと遊んじゃっていいかな?って(笑)」

BRIAN「クニモンドさんにやっていただいた“シルクのカーディガン”は本当に好きな80s後半のソフィスティ・ポップな感じだし、“JUNCTION”はまさにアレンジの基礎となる部分はウィークエンドっぽい音飾にした1986オメガトライブみたいな感じで、三果ちゃんの声質が岡村孝子さんみたいな雰囲気だから、倉ちゃん(GOOD BYE APRILの倉品翔)と〈その要素も入れたいね〉って話して一緒に作りました」

田村「“ウェンズデイ・レイン”もそうだね」

BRIAN「そう、“ウェンズデイ・レイン”も音程に対してまっすぐ麗しい感じはちょっと岡村孝子さん的な感じもある。三果ちゃんも岡村さんとか谷村有美さんに声質が近い気がするって言ってたもんね」

田村「自分の声に対してこう歌うと正解なんだっていうのを、歌いながら見つけていった感じかもしれないです。岡村孝子さんも自分が歌うようになってから〈あっ、ホントに素晴らしい歌声だな~〉って感動して聴くようになったし、いろいろ吸収しながら自分の歌い方を作っていってるみたいな感じですね」

ラブとエナジーとモチベーション

 とりわけ象徴的なのは、アルバム冒頭に置かれたリード・トラックの“インスピレーション”だろう。クールなエレクトロ・ポップに乗せて二人のノンフィクション的な関係が綴られたこの曲は作中でもっとも直近に出来たものだという。

BRIAN「僕のヴォーカルが入るデュオっぽい曲がアルバムの核にあると、Lafuzinの音楽ユニットとしての魅力が出るんじゃないかみたいな話をして、それで出来た曲ですね。二人ともエレクトロ大好きで、僕はニューミュージックとか歌謡曲もめちゃくちゃ大好きなんですけど、三果ちゃんはそこにどっぷりは浸かってなくて、どっちかって言うとエレクトロっぽいやつとか、オルタナ入ってる、最近だとジャパニーズ・ブレックファストとかグライムスが大好きで。せっかくそういうものが好きなんだったら、その要素もあってアルバムに馴染む、今後のLafuzinの布石になるような曲があるといいなと思って作りました」

 なお、『ラブエナジーモチベーション』というアルバム・タイトルも“インスピレーション”の歌詞から取られたもの。

田村「“インスピレーション”の歌詞を読んだ時に最初に目に留まって(笑)。ホントにラブとエナジーとモチベーションに溢れたアルバムだし、それをいちばん強調したいと思って付けました。で、“インスピレーション”が今後のLafuzinの指針になる曲でもあるので、〈これからこういうふうに進んでいくぞ〉っていう気持ちも込めて、この曲の歌詞から取った感じです」

 そうやって〈これから〉を見据える二人に今後の展望を訊いてみた。

BRIAN「ユニットとしては歩みはじめたばかりで、Lafuzinにしか出せない魅力みたいなものがようやく固まったので、それをここから見せていきたいですね。二人とも歌えるし、二人とも曲書けるし、二人ともいろんな活動をしてきて、たぶん一筋縄では行かないものが出来るはずなので」

田村「良い意味でお手本がいないユニットにしたいなと思っています。もっとデュオっていう感じを出して、どこを探しても他にいないような、自分たちでジャンルを作っていくみたいな気持ちで取り組んでいきたいです」

BRIAN SHINSEKAIの関連盤を紹介。
左から、2018年作『Entree』(ビクター)、演奏で参加したOKAMOTO'Sの2021年作『KNO WHERE』(ARIOLA JAPAN)、サウンド・プロデュースを手掛けたPIGGSの2022年のシングル『BURNING PRIDE/豚反骨精神論』(プープーランド)

 

『ラブエナジーモチベーション』に参加したアーティストの近作を紹介。
左から、オカモトコウキの2022年作『時のぬけがら』(SONY MUSIC ARTISTS)、流線形の2022年作『インコンプリート』(Happiness)、GOOD BYE APRILの2022年作『swing in the dark』(DOBEATU)