インタビュー

SCOOBIE DO 『結晶』 Part.1

積み重ねられた努力などがひとつの形をとって現れること――『結晶』という名を冠したニュー・アルバムにおいて彼らは何を形にしたのか?……と言っても難しい顔して考えることじゃあない。聴けばわかるさ、迷わず聴こうぜ!

SCOOBIE DO 『結晶』 Part.1

 本来はその年のワインの出来栄えを測ることを目的としたボジョレー・ヌーボー。近年のイヴェント化の善し悪しはさておき、解禁とともに発表される出来栄えの評価も話題となることが多い。以下、それを列挙してみよう。

1995年 ここ数年でいちばん出来が良い
1996年 10年に一度の逸品
1997年 1976年以来の品質
1998年 10年に一度の当たり年
1999年 品質は昨年より良い
2000年 上々で申し分のない仕上がり
2001年 ここ10年で最高
2002年 1995年以来の出来
2003年 100年に一度の出来
2004年 香りが強くなかなかの出来栄え
2005年 ここ数年で最高
2006年 昨年同様良い出来栄え
2007年 果実味が豊かで上質な味わい
2008年 果実味と程良い酸味が調和した味
2009年 50年に一度の出来
2010年 昨年並みの仕上がり
2011年 果実味に富んだリッチなワイン
2012年 よく熟すことができて健全
2013年 瑞々しさがある素晴らしい品質

 で、結局どの年が最高なのよ!?というツッコミも常態化するほどの〈今年最高!〉の連発ぶりだが個人的にはまったく笑えず、むしろワイン農家のプライドをビンビンに感じるのだ。最新こそ最高。ロックンロールバンドの新譜も、まさにそうではないか。

 

SCOOBIE DO 結晶 CHAMP(2014)

 

潔いロック・アルバム

 そしてSCOOBIE DO、通称スクービー。数多くのライヴ・ツアーをこなし、年に一度アルバムをリリースし、気付けばキャリア20年弱。そんな彼らの新作『結晶』は、いかにもらしさに溢れた楽曲が得意なストロング・スタイルで次から次へと演奏されていく、スクービー・ファン歓喜の出来栄え。もうノリッノリ。一方で、音楽ジャーナル的にこのアルバムを眺めると、コンセプトらしいものも見当たらず、はてこれをどう聴くか?

 「どう聴くかもなにも、超シンプルな〈ロックンロール・バンドのアルバム〉って感じじゃないですか(笑)」と笑うマツキタイジロウ。SCOOBIE DOのリーダーでありソングライターでありギタリストであり、バンドのレーベルであるCHAMPの代表者、つまりボス。

  「今回は〈特別なことは何もいらないな〉〈キャリアの成せる術にすべて任せよう〉みたいな、どっちかと言えば開き直ったアルバムでしょうね。スクービーがもともと持ってるアンサンブルの魅力をゴリ押しするだけのアルバムでイイかなって、作る前は思ってました。歌モノの曲も一切なくていいかな、くらいに思っていたんだけど、作って行くとやっぱりバランス感覚が出ていつものスクービー・バランスになったんですけど。まあ、潔いロック・アルバムですよ」(マツキ)。

 見方を変えれば〈SCOOBIE DO、いまこうなんですよ!〉を伝えるにはまさに最適なアルバムとも言える。時代性や世の中のムードを反映した芸術性などどこ吹く風。

  「バンドが醸し出すムードが世の中とまったく同じだとイヤだなと思うんですよね。バンドがいるべき場所ってライヴハウスかCDのなかしかなくて、そこだけで成り立っている感じっていいなと思うんですよね」とヴォーカルのコヤマシュウ。バンドの背景や世の中的な立ち位置に左右されずに、バンドや作品単体で魅力が立っているというのはまさに彼が言う通りで、SCOOBIE DOにはヴェテラン感とは無縁のスピード感溢れる現役感がある。

  「山下達郎さんも言ってたけど、リマスター盤ばかり出してるようじゃダメで、ライヴ・ツアーをやって、シングルでもいいから新譜を1年に1枚は常に出さないと現役感はあっという間になくなる――それは絶対その通りだと思うんですよ。スクービーは2~3年に1枚超大作を出して何十万枚も売るっていう存在でもないし、そこをめざしているわけじゃない。ライヴでお客さんと1対1で対峙したときにいちばん響く曲を作ろうっていうのがスクービーなのかなと思うんです。バンドが生き生きと音楽を鳴らせていればそこに伸びシロがある、そういうバンドなんでしょうね」(マツキ)。

 

〈生〉をさらけ出す勇気

 さて、この『結晶』を語るうえで、サウンド・メイキングの部分は絶対に欠かせない。60年代的なディテールがいままで以上に散りばめられており、リスナーとしての志向性がここまでストレートに現れている彼らの作品はちょっと他に思い当たらない。

  「個人的にはブラック・キーズのサウンドの感じが好みなんです。ホワイト・ストライプスほどガレージじゃない、あの感じ。2年前に出たドクター・ジョンのアルバム(ブラック・キーズのメンバー、ダン・オーバックがプロデュース)がすごく良くて、俺はこの感じがいちばん好きなんだなと思ったんですよ。中村さんに伝えたわけじゃないんだけど、ああいうのと並べて聴いたときに違和感がなかったらいいなっていう気持ちはありました」(マツキ)。

【参考動画】ドクター・ジョンの2012年作『Locked Down』収録曲“ Revolution”

 

 彼のいう〈中村さん〉とは、本作で6作目の共同作業となるエンジニア、中村宗一郎のこと。彼のハウス・スタジオ、PEACE MUSICはゆらゆら帝国坂本慎太郎のソロ諸作を生み出したことで知られており、スクービーにとっては2008年の『パラサイティック・ガール』以降のアルバムすべてをレコーディングした、いまやホームと言ってもいいスタジオである。

  「中村さんは〈出してる音をそのまま録ってミックスするのがいちばんロックンロールとして勢いがある〉という考え方の人なんで、バンド側が工夫して録音しないと良い音にならない。それは長年やってきてわかったことですね。例えばギターの音作りに関して言うと、あえて音量を下げることで逆に勢いが出たりする。いまは、プレイヤーがそれぞれ出したい音を出してエンジニアがそれをまとめるっていう感じで、エンジニアの仕事量がものすごく多いと思うんですけど、PEACE MUSICはエンジニアに本来求められていた仕事をシンプルに遂行するスタジオ(笑)。〈そういう音が出したいんだったら自分たちでそれを作ってくれ〉っていうスタジオなんです」(マツキ)。

 この『結晶』においては、60年代の録音物で聴けるような、人や楽器そのものが鳴っている感じがよく記録されているように聴こえる。ボディーの鳴りまで捉えたようなリッチさ、あるいはデフォルメされていないがゆえのチープさ、その両方のバランスが実に気持ちいい。しかしそれは、レトロスペクティヴな志向性とは違うものに思う。〈ロックンロール・サウンドかくあるべし〉というバンドのプライドの具現化を、実に自然体でやってのけたという印象だ。

  「今回、俺のなかでは〈勇気〉がテーマなんですよ。例えば、シュウくんの声で歌われたときに響く感じ、そういうことをすごく考えてこの『結晶』はできた気がしますね。結果、〈いつの時代の音楽だ!?〉って言われても、いまは世の中とリンクしてないほうがリアルな気がして。いまの重くて暗いムードを吹き飛ばすような痛快で爽快なことを、音楽はやっていないといけないんじゃないかなと思うんです」(マツキ)。

 24時間働くことが勇気のしるしだった時代もあったっけ。時代錯誤を厭わない勇気。飾らずに〈生〉をさらけ出す勇気。世の中のムードに迎合しない勇気。その勇気の結晶、そしてキャリアの結晶がこのシンプルでコンパクトなアルバム『結晶』というわけだ。SCOOBIE DOは最新が最高である、という事実を胸に、改めてこの『結晶』を評させていただきたい――豊かなアンサンブルと楽曲の良さが融合した傑作。10年に一度の出来栄え。

 

SCOOBIE DOの作品を紹介

左上から、2007年作『トラウマティック・ガール』、2008年作『パラサイティック・ガール』、2009年作『SPARKLE』、2010年作『何度も恋をする』、2011年作『MIRACLES』、2013年作『かんぺきな未完成品』(すべてCHAMP)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ