PR
インタビュー

声優 川井田夏海が映画「北極百貨店のコンシェルジュさん」で〈救われた〉シーンとは? 特殊な作品世界での演技プランも語る

川井田夏海
〈最後までお見送りさせてください〉って食い下がる秋乃を見て強い子だなって思いましたし、私もそうありたいなって。

新人コンシェルジュ・秋乃が絶滅種のお客様たちに寄り添う姿を通じ、誰もが夢をもった瞬間に原点回帰できるお仕事エンターテインメント!

 従業員は人間、お客様は動物。ファンタジックな趣のとある百貨店を舞台にさまざまな人間(動物)模様が描かれる西村ツチカ原作のコミック「北極百貨店のコンシェルジュさん」。その劇場版アニメが10月20日(金)より公開される。原作の独特のタッチの線画を見事に映像化したのは、TVアニメ「ボールルームへようこそ」で知られる板津匡覧監督。リアルなディテールを備えたレトロかつゴージャスな北極百貨店のなか、全力でお客様を迎える主役の新人コンシェルジュ=秋乃役には川井田夏海。彼女は、この作品に初めて触れた際にこんな印象を持ったという。

 「西村ツチカ先生ならではの、人物がヘニョヘニョってなる動きとか(笑)、絵柄がとても可愛らしくて。でも、〈ここって、もしかしてディストピアなの?〉ってはっとさせられるようなシーンとか、メッセージ性もしっかりあって……ラスト・カットも可愛いだけで済ますことのできない面がすごく伝わってきたので、私も誠心誠意、人としてそこに在ろうと。秋乃を演じるにあたっては、音響監督の菊田(浩巳)さんから〈体温を2℃ぐらい上げる気持ちでやってみて〉というアドバイスをいただきました。そこから、秋乃のお客様に対する目線や心の距離、そのときどきの秋乃がどういう状況なのかを、彼女の持つ優しさを前提に作っていけたらいいなと思って、それを意識して演じさせていただきました」。

©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会

©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会

©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会

 物語のなかで秋乃が主に接客するのは、V.I.A(Very Important Animal=絶滅種)のお客様。季節の変化やオリジナルのエピソードも交えながら、〈接客〉というさまざまなお客様との交流を通じて成長していく秋乃の姿が描かれる。

 「人間同士で理解し合うのも難しいのに、動物相手だとなおさらですよね。秋乃はそれをカリブモンクアザラシのお客様のときに痛感するんですけど、それでも諦めちゃいけないと気持ちを切り替えるんですよ。自分につらくあたった相手でも見捨てず、〈最後までお見送りさせてください〉って食い下がる秋乃を見て強い子だなって思いましたし、私もそうありたいなって。

 あとは、津田(健次郎)さんが演じるマンモスのウーリーさんと、諸星(すみれ)さんが演じるネコさんとのシーンも印象深かったです。あの場面の秋乃は、その前のシーンを引きずってちょっと落ち込んでいるんですね。でも、ふたりのやり取りを目の当たりにして、秋乃といっしょに私自身も救われたというか……〈焦らず、ゆっくりでいいよ〉って言葉で言われたわけじゃないけれどもそう感じさせてくれる、そういう存在感がとてもありがたかったです」。

©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会

©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会

 それぞれの困りごとを抱えたお客様と、あるいは自分自身と真っ直ぐに向き合うことで秋乃が成し遂げるのは、想いの連鎖。北極百貨店はなぜ開店したのか――華やかな店内の裏側、バックヤードで語られる歴史や哲学も含め、さまざまな想いがいくつも連なることで生まれる静かな、けれど大きなカタルシスが本作の根底には流れている。

 「私が特に感動したのは、最初に子どもの頃の秋乃が出てくるシーン。そこは映画のオリジナルで、秋乃がコンシェルジュをめざすきっかけみたいなシーンなんです。台詞はそんなにないのですが、憧れを持つ瞬間、夢を持つ瞬間っていうのが描かれていて、そこが原点回帰じゃないですけど、例えば仕事をしている方なら〈なぜこの仕事をしようと思ったんだっけ?〉って思い返したり……いまやっていることをよりいっそう楽しめるきっかけになるんじゃないかと思います。

 春夏秋冬と移り変わっていく脚本と同じで、人間っていいときもあれば悪いときもある。だから、いろんなタイミングでこの映画を観ていただくと、観るたびに好きなシーンや響く言葉が変わってくるのではないでしょうか。〈すごくおもしろかった~!〉って終われたらそれでもいいし、〈泣けて泣けて仕方ない〉とか〈これ以上先を観られない〉とか、〈秋乃が走るこのシーンだけ観よう〉とかでもいい。その時々で観ていただいた皆さんの人生に寄り添える作品になったらいいなと思います」。

 


MOVIE INFORMATION

©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会

北極百貨店のコンシェルジュさん
川井田夏海 大塚剛央
飛田展男 潘めぐみ 藤原夏海 吉富英治 福山 潤 中村悠一
立川談春 島本須美 寿美菜子 家中 宏 七海ひろき 花乃まりあ
入野自由 花澤香菜 村瀬 歩 陶山恵実里 氷上恭子 清水理沙 諸星すみれ
津田健次郎
原作:西村ツチカ「北極百貨店のコンシェルジュさん」(小学館「ビッグコミックススペシャル」刊)
監督:板津匡覧
脚本:大島里美
キャラクターデザイン・作画監督:森田千誉
コンセプトカラーデザイン:広瀬いづみ
美術監督:立田一郎[スタジオ風雅]
動画検査:野上麻衣子
撮影監督:田中宏侍
編集:植松淳一
音響監督:菊田浩巳
音楽:tofubeats
アニメーション制作:Production I.G
製作:アニプレックス/Production I.G/KDDI/ADKマーケティング・ソリューションズ/トーハン
配給:アニプレックス
主題歌:“Gift” Myuk(Sony Music Labels Inc.)
2023年10月20日(金)公開
©2023西村ツチカ/小学館/『北極百貨店のコンシェルジュさん』製作委員会
https://hokkyoku-dept.com/

タグ