ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)『Hackney Diamonds』故チャーリー・ワッツの演奏も含んだ活力漲る快作

2023.11.24

全曲をブルースのカヴァーで固めた前作『Blue & Lonesome』(2016年)から7年ぶりのアルバム。逝去したチャーリー・ワッツの演奏も含むほか、ポール・マッカートニーやエルトン・ジョン、元メンバーのビル・ワイマンが客演。レディ・ガガとスティーヴィー・ワンダーを招いた“Sweet Sounds Of Heaven”が70年代後半ぐらいの雰囲気で素晴らしい。そのようにバンド自身が描いてきたさまざまな音風景も改めて出し入れされていて、そのあたりは共同プロデュースを務めるアンドリュー・ワットの俯瞰的なセンスなのかもしれない。不穏なタイトルも気になりつつ、想像以上の気合に嬉しくなる快作だ。