トピック

¥$(カニエ・ウェスト&タイ・ダラー・サイン)、延期を経てコラボアルバム『Vultures 1』をようやくリリース

¥$(カニエ・ウェスト&タイ・ダラー・サイン)、延期を経てコラボアルバム『Vultures 1』をようやくリリース

¥$がアルバム『Vultures 1』を本日2月10日にリリースした。

¥$は、ラッパー/プロデューサーのイェfkaカニエ・ウェストとR&Bシンガーのタイ・ダラー・サインからなるデュオ。2人の初のアルバムである『Vultures 1』は、イェの新作としてはステムプレイヤーのみで聴ける『Donda 2』(2022年)から2年ぶり、タイの新作としてはdvsnとのコラボレーションアルバム『Cheers To The Best Memories』(2021年)から3年ぶりだ。本作からは、バンプ・Jとリル・ダークをフィーチャーしたタイトルソング“Vultures”が2023年11月22日に、イェの娘ノース・ウェストをフィーチャーした“Talking / Once Again”が今年2月8日にシングルとしてリリースされていた。

『Vultures 1』はイェの常で、たび重なるリリースの延期がなされた。

まず2023年8月にイェは、新作の制作に取り組んでおり、そのリリースを予定していることが報じられた。その後、イェ&タイはイタリアのRCFアリーナでのジョイントコンサートの開催を計画していたが、公演日が10月20日から27日に延期されたうえで中止された。そして12月8日には、タイが17曲のトラックリストをInstagramで公開

12月12日、¥$は〈Vultures Rave〉を米フロリダ州マイアミのワインウッドで開催した。これは『Donda』の時に複数回開催されたリスニングイベントと同じような試みだったが、その際にイェはKKKを彷彿とさせるマスクを被っており、批判にさらされている。また『Vultures』は12月15日にリリースされる予定で、Apple Musicでプリセーブが一時的に可能になっていたが、12月14日に消滅した。イェは、サウジアラビア・リヤドのフェス〈MDLBeast SoundStorm〉にサプライズアクトとして出演することが発表されたが、結局出演しなかった、という一幕もあった。

本作のリリース日は2024年1月19日に延期されていたが、その後2月9日に再々延期された。1月23日にイェは、アルバムのトレーラー動画をInstagramで公開。『Vultures』は3部作であり、ボリューム2が3月8日(金)に、ボリューム3が4月5日(金)にリリースされるとした。さらに2月7日には、東京を含む世界各地でのツアーを2025年にかけておこなう計画をしていることもInstagramストーリーで示唆した

アルバムのリリースが前日に迫った2月8日、2人は〈Vultures Listening Experience〉をシカゴのユナイテッド・センターで開催。さらに昨日2月9日、同イベントの第2回がニューヨークのUBSアリーナでおこなわれた。また“Vultures (Havoc Version)”のミュージックビデオが発表され、同曲はシングルバージョンと異なりモブ・ディープのハヴォックがプロデュースしている。

そんな中、2月9日には結局リリースされなかった『Vultures』だが、タイトルを『Vultures 1』と改めて、事前に公開されていたジャケットも変更され、本日2月10日に突如発表された。現在はApple Musicでしか聴けないようだが、ほかのストリーミングサービスでも順次配信されるのだろうか? イェのことだから、何もわからないのだが……。

『Vultures 1』には、16曲が収録されている。Geniusを確認すると、フレディ・ギブズ、YG、ニプシー・ハッスル、クエイヴォ、プレイボーイ・カーティ、トラヴィス・スコット、リッチ・ザ・キッド、クリス・ブラウンらがフィーチャーされており、JPEGMAFIAやティンバランドらがプロデュースで参加。大ネタのサンプリングも聴ける、かなり豪華なアルバムになっている。

『Vultures 1』は、イェは反ユダヤ主義的な発言によって『Donda』までの作品をリリースしてきたデフ・ジャムおよびその親レーベルであるユニバーサルを離れ、インディペンデントで発表した作品になった。

いつもながらに紆余曲折を経てようやく世に放たれた『Vultures 1』を、繰り返し聴くことからひとまず始めよう。

 


RELEASE INFORMATION
¥$『Vultures 1』

リリース日:2024年2月10日(土)

TRACKLIST
1. Stars
2. Keys To My Life
3. Paid
4. Talking
5. Back To Me
6. Hoodrat
7. Do It
8. Paperwork
9. Burn
10. Fuk Sumn
11. Vultures
12. Carnival
13. Beg Forgiveness
14. Good (Don’t Die)
15. Problematic
16. King

関連アーティスト