コラム

カニエ・ウェスト(Kanye West)が新作『Donda』をリリースするまでの紆余曲折を振り返る

大統領選や3度のリスニング・パーティーなど1年10か月の型破りな軌跡

カニエ・ウェスト(Kanye West)が新作『Donda』をリリースするまでの紆余曲折を振り返る

紆余曲折を経てリリースされた新作

カニエ・ウェストが本日8月29日、〈紆余曲折〉という言葉では表しきれないほどの長く曲がりくねった道のりを経て、ついにニュー・アルバム『Donda』をリリースした

実は、本稿は、もともと2020年7月に書いていたニュース記事の原稿だ。リリースと同時に〈『Donda』が発表された〉と報じるために用意していたのだが、結局2020年内に『Donda』はリリースされなかったので、アルバムと同様にこの原稿もお蔵入りになった。

しかし、そんなことすら忘れかけていた頃、2021年に入ってようやくリリースされる兆しが見えてきた。そういうわけで、ここでは、1年前に書いていた内容にここ数か月間に起こったあれやこれや――本当にいろいろなことがあった――を付け加えて、『Donda』がリリースされるまでのあらましを、なるべくタイムラインに沿ったテキストでお届けしよう。

 

『Jesus Is King』リリース以降のカニエ

カニエ・ウェストの10作目となるスタジオ・アルバム『Donda』は、もともと2020年7月24日にリリースされる予定だった(アルバム・タイトルは『Donda: With Child』とも)。その後28日にリリースが遅れることをTwitterで発表したが、そのツイートは削除。同日、ついに『Donda』が届けられると思われていたが……結局リリースされることはなかった(延期や有言不実行は、彼によくあることとはいえ)。

『Donda』は、世俗音楽から離れてキリスト教やゴスペルをテーマにしたアルバム『Jesus Is King』(2019年)以来、1年10か月ぶりの新作だ。『Jesus Is King』については下記のレビューに詳しく書いたので、そちらを参照してもらうとして、ここでは同作発表以降のカニエの、主に音楽活動について振り返ってみる。

2019年作『Jesus Is King』収録曲“Follow God”

映画「Jesus Is King」トレイラー

2019年10月25日、カニエは『Jesus Is King』を発表するとともに、同名のコンサート・フィルムを上映した。そして、その後ヴァネッサ・ビークロフト(Vanessa Beecroft)との2作のオペラ「Nebuchadnezzar」「Mary」を上演したり、クリスマスにサンデー・サーヴィス・クワイア(Sunday Service Choir)としてのアルバム『Jesus Is Born』をリリースしたりと、精力的に活動していた(ドクター・ドレーとの新作『Jesus Is King Part II』も制作中らしいが、その話はどうなったのだろうか?)。

 

“Wash Us In The Blood”と“Nah Nah Nah”を立て続けにリリース

2020年に入ってからは、6月30日にトラヴィス・スコットをフィーチャーしたシングル“Wash Us In The Blood”をリリース。また、7月13日に“Donda”のスニペットをTwitterで発表した。前者はアルバム『God’s Country』(のちに『Donda』に改題)からのシングルとされており、後者は『Donda』の表題曲で、2007年に亡くなった母ドンダの誕生日に合わせたものだった。その“Donda”では、KRS・ワン“Sound Of Da Police”(93年)のリリックをドンダが朗読している(後にスニペットは削除された)。

2020年のシングル“Wash Us In The Blood (Feat. Travis Scott)”

10月にはシングル“Nah Nah Nah”を、11月にはダベイビー(DaBaby)と2チェインズをフィーチャーした同曲のリミックスを発表した。ただ、この2曲は2021年8月7日、突如ストリーミング・サービスなどから消え、聴くことができなくなった。一節には、現在強く批判されている、ダベイビーのLGBTQ+コミュニティーへの差別発言が原因なのではないかと考えられているが、いまのところこれについての説明はない(ダベイビーについては後でまた触れる)。

ちなみに、“Wash Us In The Blood”も“Nah Nah Nah”も卑語が使用されていないラップ・ナンバーだ。“Nah Nah Nah”のリミックス・ヴァージョンもダベイビーや2チェインズの卑語はミュートやスクラッチなどでマスキングされており、エクスプリシット・ヴァージョンはリリースされていない。このあたりにも現在のカニエのクリスチャニティーが表れている、と言える。

関連アーティスト