コラム

La PomPon、ヴォーカルの表現力がレヴェルアップ&自慢のダンスのキレも前作以上の軽快なニュー・シングル“HOT GIRLS”

【ZOKKON -candy floss pop suite-】第41回 Pt.2

La PomPon、ヴォーカルの表現力がレヴェルアップ&自慢のダンスのキレも前作以上の軽快なニュー・シングル“HOT GIRLS”

六本気の挑戦がホットに輝くセカンド・シングル!!!!!!

 六本木をベースに、年明け早々から“BUMP!!”と勢いよく飛び出してきた6人は、春の訪れと共によりいっそうパワーを増してきた模様。La PomPonがおよそ3か月ぶりにドロップする待望のセカンド・シングル“HOT GIRLS”は、フレッシュな魅力に磨きをかけてキャッチーに迫る仕上がりとなっています。

La PomPon HOT GIRLS Being(2015)

 この季節がよく似合う明るいフレイヴァーの表題曲は、自分たちが理想とする〈HOT GIRLS〉をめざすという、このお年頃ならではの向上心がキュートに表れた軽快なナンバー。親しみやすいメロディーにおきゃんなK-Popっぽさもあるコミカルな歌唱のフロウが印象的で、YUKINOKIRIを中心としたヴォーカルの表現力は如実にレヴェルアップ。総員でのコーラスはもちろん、自慢のダンスのキレも前作以上で、これは賑やかなMVも非常にイイ感じです。

 初回限定盤A/Bのカップリングは、ちょいと妖しいラテンのリズムで躍動する“恋はずーく☆ダンス”。表題曲と打って変わったパフォーマンスにも注目でしょう。さらに通常盤はカップリング違いで“Step by Step ~ろっぽんぎで頑張るワタシタチ~”を収録。下積み期の奮闘を歌った“ろっぽんぎのうた♪”の続編的な内容で、こちらはデビューしてから見えてきたヴィジョンや目標について、YUKINOも詞を共作する形で表現しています。ってことで、ここで綴られた思いがどのような地平へ6人をつれていくのか、この先がいよいよ楽しみなのは言うまでもありません!

 

関連アーティスト
TOWER DOORS