ceroのサポートでもお馴染みのあだち麗三郎、ブライアン・ウィルソンやエンニオ・モリコーネに通じる流麗な楽曲にロマンティックなムード薫る新作

2015.07.28

cero片想いなどで活躍するマルチ・プレイヤー兼シンガー・ソングライターの新作は、ブライアン・ウィルソンエンニオ・モリコーネにも通じる流麗なソングライティングが光る好盤。前作と同様に多くのゲストが招かれ、アレンジもカントリーからトロピカリズモTOTO“Africa”のオマージュまで実に幅広い。そして何より、全体を統一するロマンティックなムードこそが彼の音楽家としてのチャームだと言えよう。

※試聴はこちら


[English Translation]
Reisaburo Adachi  “Papapapa”

The new release by Reisaburo, the multi-player/singer-songwriter who supports many artists such as cero or Kataomoi, is a brilliant album. “Papapapa” showcases the artist’s elegant songwriting skills that could relate to artists like Brian Wilson or Ennio Morricone. This album, as with his previous album, invited many guest musicians, creating a wide range in its musical arrangements spanning from country-taste tunes, tropicalismo, to a homage of TOTO’s “Africa.” Above all, this musician’s charm is his ability to unify the entire album with a romantic ambience.

※Click here to listen

 

【参考動画】あだち麗三郎クァルテットによる“ぱぱぱぱ。”ライヴ映像
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop