コラム

Negicco、新シングルはレキシ・池田貴史プロデュースのポップ・ナンバーやMEG作詞の初バラード含む快作!

【ZOKKON -candy floss pop suite-】第44回 Pt.11

Negicco、新シングルはレキシ・池田貴史プロデュースのポップ・ナンバーやMEG作詞の初バラード含む快作!

地元へ親愛を捧ぐ、Negicco待望のニュー・シングル!!!

 5月に新潟県民会館で行ったツアーの最終公演中、来る8月16日の東京・日比谷野外大音楽堂におけるワンマン開催が発表され……という模様は先だってリリースされたライヴDVDをご覧いただくとして、その晴れの8月はもう目前。そうでなくても坂本真綾のトリビュート盤に招かれたり、happy machineMeguが客演するなど、さまざまな方向で活躍する姿を見せてくれている最近のNegiccoですが、そんな勝負の夏に大きな弾みをつけるべく、今年最初のシングルとなる“ねぇバーディア”が届けられることになりました。

Negicco ねぇバーディア T-Palette(2015)

 今回の詞曲とプロデュースを手掛けたのは池田貴史レキシ)で、ハッとするほど鮮やかで歯切れのいいキャッチーなポップ・ナンバーに仕上がっています。(執筆時に歌詞がないのでわかりませんが)これはジャケが示す通り、池田らしい言い回しでネイバーへの親愛を歌っているのでしょうか。いずれにせよTIFでも野音でも屋外にて効果を発揮しそうな好曲であります! また、カップリング“おやすみ”はあのMEGが詞を書き下ろし、作曲をconnie、編曲を長谷泰宏ユメトコスメ)が担当した微睡むようなスロウ・ナンバー。ライヴではアコースティック曲なども披露しているので意外ではありますが、録音としてはこれがNegicco初のバラードになるそうです。いいですね。

 

 さらに、初回限定盤Bに付くお楽しみのリミックス集〈ReNegi CD〉には、松井寛bo enTomgggそれぞれのリミックスが収録されていて、こちらも各々が流石の仕事ぶりを見せていますよ! 


 

関連アーティスト
TOWER DOORS