ストーンズを知らなくても聴くべき! キース・リチャーズの23年ぶりソロ新作は、ずっと好きな音楽を気の合う仲間と鳴らした豊潤で新鮮な響き持つ大傑作

2015.10.07

23年ぶりのソロ3作目ということは、前作を20歳で聴いた青年が43歳のオッサンになっているわけである。なのにキース・リチャーズの変わらなさは何なんだ!? 知らない人に〈3年ぶり〉と言ったら信じるんじゃないか!? ロックンロールとカントリーとレゲエとブルースと、あとソウルとフォーク――ずっとやってきたこと、ずっと好きでい続けた音楽を、気の合う仲間とここでまたやっている、それだけの作品。にもかかわらずこの豊潤さ、響きの新鮮さ、曲の輝きはいったい何だろう!? バック・メンバーについては省くが、〈ただのロックンロール〉を〈だけどそいつが大好きなんだ〉とばかりに鳴らした“Blues In The Morning”で、ボビー・キーズが完全に生きていてオレ興奮。ストーンズを知らなくても聴くべき大傑作!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop