PRIMITIVE ART ORCHESTRA、いっそうドラマティックになった楽曲群がシガー・ロスにも通じる白銀世界など美しい景色紡ぐ新作

2015.12.03

雄弁なメロディーを軸にしたイマジナティヴな作風で支持を得るピアノ・トリオの2作目。F.I.B JOURNAL山崎円城が苦み走ったポエトリーでモノクロームな色味を付けた“at dusk”を幕開けに、前作よりいっそうドラマティックになった楽曲群が、次々と美しい景色を紡いでいく。なかでも、森田晃平(ベース)がギターに加えて幻想的な歌声も吹き込み、シガー・ロスにも通じる白銀の世界を創出した“Winter Song”は感嘆モノ。

TOWER DOORS
pagetop