イーノも虜にしたNYのマルチ奏者ポート・セント・ウィロー、インプロ主体の2作目はスロウコア風の暗めなトラックに中性的なファルセット際立つ一枚

2016.02.09

2012年の初作がPitchforkで高く評価され、ブライアン・イーノも虜にしたNYのマルチ奏者。注目の2作目はポスト・プロダクションを排し、インプロ主体で作られました。アブストラクトなビートにピアノやギターを重ねたトラックは、スロウコアに通じる暗めな印象ですが、だからこそ中性的なファルセット・ヴォイスの美しさが際立っているように感じます。ライボン・イヴェールを引き合いに出されるのも聴けば納得!

関連アーティスト