ドナルド・バードなど古き良きジャズを甦らせNYから発信するニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットの3作目

2016.08.29

NYの最前線で活躍する若手ジャズマン5人組の最新作。報道ステーションの新テーマ曲を演奏するJ-SQUADのメンバーでもある中村泰士(b)、大林武司(p)の邦人プレイヤーに加え、渡辺貞夫が絶対の信頼を置く実力派ドラマー、ユリウス・オーエンス(ds)と日本とも縁が深いNCJQ。しかし本作のシャープでおおらかな表現はNYジャズのクールな歴史の延長線上。切れ味するどく、しかし耳にすんなりと入ってくるキャッチ―なメロディラインを生み出す各メンバーの技量に感嘆。なかでも白眉は音と音の隙間を埋めるユリウスの抜群にクールで小気味よい“キメ”のドラミングだ。まさに一流。

TOWER DOORS