コラム

デ・ラ・ソウルが12年ぶりの新作で完全復活! ブレることのないスタンス貫く不動の2MC+1DJが愛され続ける理由を紐解く

【PEOPLE TREE】 DE LA SOUL Pt.1

鏡よ、鏡、彼らがここまで愛され続けるのはなぜ? ニュー・スクールの寵児として時代の波に乗っては持て囃され、そこを否定するやり口がまた賞賛され、〈ヒップホップ好きじゃない人も聴けるヒップホップ〉として真性のヒップホップが愛され、フロアではヒップホップ・ラヴァーを踊らせてきた。そんなこんなで3人がマイペースにマジック・ナンバーを守り続けて30年。つまり、どう転んでもデ・ラ・ソウルはデ・ラ・ソウルだってことなのだ!

 実に12年ぶりのリリースとなったニュー・アルバム『And The Anonymous Nobody』がビルボードのラップ・アルバム・チャートで1位を獲得。デ・ラ・ソウルにとっては89年リリースのファースト・アルバム『3 Feet High And Rising』のR&B/ヒップホップ・アルバム・チャート以来、27年ぶりにビルボード・チャートにおける首位獲得作となった。

DE LA SOUL And The Anonymous Nobody A.O.I./ソニー(2016)

 このアルバムは事前に行われたクラウドファンディング〈Kickstarter〉での資金調達も話題となり、またスヌープ・ドッグアッシャー2チェインズからデヴィッド・バーントーキング・ヘッズ)、デーモン・アルバーンブラーゴリラズ)まで、かつてない規模感での幅広いゲスト勢を招き入れた、実にヴァラエティーに富んだ作品となって内容的にも高評価を獲得、にわかにデ・ラ・ソウルの再評価熱が高まりつつある……のかどうかは定かではないが、次々と新たなスターやトレンドが乱立している2016年、まさかのデ・ラ・ソウル完全復活~シーン最前線へのカムバックに驚かされた人も多いのではないだろうか。

 

フレッシュな新世代として

 2MC+1DJというオーソドックスなオールド・スクール・ヒップホップのフォーメーションを採りながら、従来のヒップホップ的な枠組を軽く飛び越える斬新なサウンドメイクとスタイルなどで数々のインパクトを残してきたデ・ラ・ソウル。同じ学校に通っていたポスドゥヌス(ポス)、トゥルーゴイ(デイヴ)の2MCとメイスの1DJ(時にMCもこなす)を擁するこのトリオは、87年にNYはロング・アイランドにて結成されている。彼らに道を拓いたのはハイスクール時代の上級生であり、当時ヒップホップ・バンドのステッツァソニックに所属してレコード・デビューしていたプリンス・ポールだ。彼に渡した“Plug Tunin”のデモ・テープが気に入られたことをきっかけとして、88年にはステッツァソニックも所属するトミー・ボーイからポールのプロデュースの下、同曲でシングル・デビュー。翌89年には早々とポール制作によるファースト・アルバム『3 Feet High And Rising』に漕ぎつけている。

 このアルバムは、それまでのヒップホップに抱かれていたマッチョイズムとはまったく異なるナードなイメージと雑食気味なサンプリング・ソース(ホール&オーツスティーリー・ダン、フランス語の教材まで!)を駆使したポップで遊び心に溢れるサウンド、日常の何気ない出来事を等身大の視点でシニカルかつユーモラスに綴ったリリック、スキットも織り交ぜたコンセプチュアルな作品構成などで話題を呼び、“Me, Myself And I”や“Eye Know”などのシングル・ヒットも生まれていきなり大きなブレイクを果たす。また、同じく収録曲の“Buddy”にも参加していたジャングル・ブラザーズQ・ティップ率いるア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)、さらにはクイーン・ラティファモニー・ラヴらとの集合体=ネイティヴ・タンにも同時に注目が集まり、新たなヒップホップ・シーンの潮流となった〈ニュー・スクール〉を代表する存在としてデ・ラはメディア界隈でも祭り上げられるようになる。

 ただ、その初作によって纏うようになった〈D.A.I.S.Y. Age〉という新世代のヒッピー的なイメージに居心地を悪くした彼らは、自分たちを一旦リセットするかのようなセカンド・アルバム『De La Soul Is Dead』を91年にリリース。その過激なアルバム・タイトルと枯れ果てた3本のヒナギク(デイジー)の鉢植えが描かれたジャケットも話題となったが、ふたたびポールとタッグを組んだ絶妙なセレクトでのサンプリング・サウンドとポップなセンスは変わらず、“A Roller Skating Jam Named "Saturdays"”や“Ring Ring Ring(Ha Ha Hey)”などがシングル・ヒット。当時絶大な影響力を誇っていたヒップホップ専門誌「The Source」のレヴューで〈クラシック〉の称号にあたるマイク5本の満点評価を獲得したこともシーン内では大きな話題となった。

 同年にはネイティヴ・タンからATCQがデビューし、その影響下にあるブラック・シープファーサイドビートナッツといったグループも続々とデビュー。ネイティヴ・タンが大きなムーヴメントへと発展するなか、デ・ラはそことも適度な距離を保ちながら、93年には引き続きポールとのタッグでサード・アルバム『Buhloone Mindstate』をリリース。交流のあったスチャダラパー高木完が参加し、“Breakadawn”のヒットを生んだ本作は、4人目のメンバーとも言われたポールがメンバーと共にジャケに登場したことも一部で話題となった。

 

シーンが変わりゆくなかで

 その後、東海岸ではネイティヴ・タンの勢力と並行してウータン・クランブラック・ムーンナズノトーリアスBIGといった新たなアーティストたちが次々と登場してハードコアなストリート産ヒップホップが猛威を奮いはじめ、そこにも関与したDJプレミアピート・ロックらの作り出すビートがストリートで人気を博すようになる。一方、西海岸ではドクター・ドレースヌープ・ドッグサイプレス・ヒルら、いわゆるギャングスタ・ラップが全米規模での大ヒットを放ってセールス的にも大きな成功を収め、南部からはアウトキャストUGKゲトー・ボーイズらを筆頭とするローカルな顔ぶれにスポットが当たりはじめ……と、ヒップホップ・シーンは商業的な成長も含めて急速な変化を遂げていくことになった。その結果、少し前までは〈フレッシュ〉と持て囃されたデ・ラの存在感はやや薄まっていく。そんな時代背景も影響したのか、作品のリリースとしては少しブランクが空き、4枚目のアルバム『Stakes Is High』が登場したのはおよそ3年後の96年のこと。ここではプリンス・ポールと袂を分かち、先行カットされた表題曲では前述のファーサイド作品でのプロデュース・ワークで名を上げたデトロイトのジェイ・ディーをプロデューサーとして起用。後にJ・ディラと名乗る彼は、ATCQのQ・ティップ、アリと共にプロダクション・チームのウマーを結成し、同時期に出たATCQの『Beats, Rhymes And Life』にも大きく関与している。デ・ラのアルバムのほうはグループのセルフ・プロデュースがメインとなってジャズやソウルのサンプリングが際立ち、セールス的には苦戦するものの、いつになく辛辣なシーンへのメッセージも込め、また複数のプロデューサーを起用するなどして進化を感じさせる内容となっており、今作をデ・ラのベストに選ぶ人も少なくないはずだ。

 2000年には新たに3部作の制作をアナウンスし、その第1弾となる『Art Official Intelligence: Mosaic Thump』を、翌年には第2弾の『AOI: Bionix』をリリース。ビースティ・ボーイズのメンバーやバスタ・ライムズチャカ・カーンらが参加した前者からはレッドマンを迎えた“Oooh.”がヒットし、後者にはB・リアル(サイプレス・ヒル)やシーロー・グリーンデヴィン・ザ・デュードらも参加、と意外な交遊も垣間見られた。ただ、当初は2002年のリリースと報じられ、DJたちに捧ぐ作品になるとも言われていた〈Art Official Intelligence〉シリーズの第3弾は、トミー・ボーイの閉鎖問題もあって結局リリースされず仕舞いとなり、デ・ラはレーベルを離れることとなる。2004年には7作目の『The Grind Date』をマシュー・ノウルズ(ビヨンセの父親)が指揮するサンクチュアリからリリース。ここではJ・ディラやマッドリブ9thワンダージェイク・ワンら、若い世代の気鋭プロデューサー勢を起用している。

 

愛される理由

 そしてそこからニュー・アルバム『And The Anonymous Nobody』まで、実に12年の歳月を費やすこととなるのだが、その間にも編集盤やミックステープなどのリリースはあったし、グラミー賞にノミネートもされたゴリラズとのコラボ“Feel Good Inc.”などの外部ワークもこなしていた。また近年では野外フェスも含めて毎年のように来日を果たしており、まったく変わることのない(どころか円熟味を増した?)2MC+1DJでのオーセンティックなヒップホップ・ショウを披露して古くからのファンを熱狂させるだけでなく、そこから若い世代のファンも新たに増えているとも聞く。

 先述の縁だけでなく、ゲーム「パラッパラッパー2」のサントラ(DOUBLEとの“Say "I Gotta Believe!"”で参加)や、MUROが指揮を執ったアニメ版「TOKYO TRIBE 2」のサントラ(LUNCH TIME SPEAXと“So Cool”でコラボ)など彼らが日本人アーティストとコラボレーションする機会も多かった(先述した『Art Official Intelligence: Mosaic Thump』の日本盤ジャケでは「TOKYO TRIBE」作者でもある井上三太とコラボ)。恐らくメインストリーム・ヒップホップ特有のトゥーマッチなセンスやヴィジュアル、楽曲などと比べるとデ・ラの親しみやすそうに映るキャラクターやキャッチーなサウンド、インテリジェンスも感じさせる(ように思える)スタイルは日本人にも共感を得やすく、ゆえに日本ではいまもその人気が衰えないのだろう。

 さまざまに細分化された音楽ジャンルのなかでも特にトレンドのサイクルが早く、最先端なサウンドやスタイル、スターにスポットが当たりがちなためサヴァイヴしていくことが困難なヒップホップという特異なジャンルにありながら、活動休止のような期間もほぼなく、アルバムごとの色はあっても決してブレることのないスタンスを貫き、デビュー時からのオリジナル・メンバーのまま、ついに今年で結成から29年を迎えるという、音楽業界においても非常に希有なグループ、デ・ラ・ソウル。そのマイペースな活動は30周年を突破した先も変わることなく続いていくのだろう。

 

デ・ラ・ソウル来日公演
10月17日(月)、18日(火) Billboard Live TOKYO
開場/開演:
〈10月13日(木)〉
・1stステージ:17:30/19:00
・2ndステージ:20:45/21:30
料金:サービスエリア/9,900円、カジュアルエリア/8,800円
★公演詳細はこちら

 

タグ
TOWER DOORS
pagetop