INTERVIEW

ローリング・ストーンズがブルースと向き合ったのはなぜ? 20代のオカモトショウ(OKAMOTO'S)&Reiが熱く語った、『Blue & Lonesome』が傑作である理由

ローリング・ストーンズがブルースと向き合ったのはなぜ? 20代のオカモトショウ(OKAMOTO'S)&Reiが熱く語った、『Blue & Lonesome』が傑作である理由

ローリング・ストーンズが11年ぶりとなる新作『Blue & Lonesome』をリリースした。全12曲でバンドの原点でもあるブルースをカヴァーしたこのアルバムは、一発録音だとすぐにわかる荒々しいエネルギーに満ち溢れ、90年代以降のストーンズ作品のなかでベストと絶賛する人も少なくない。そして単なる原点回帰とは違う、この生々しくてリアルな肌触りの演奏と音像は、従来のストーンズ・ファンを喜ばせるだけでなく、彼らを知らない若い聴き手にまったく新しい音楽体験をもたらすはずだ。

そこでMikikiでは、OKAMOTO’Sのヴォーカル、オカモトショウと、シンガー・ソングライター/ギタリストのReiによる対談を敢行。平均年齢25~26歳のOKAMOTO’Sはメンバー4人のうち3人がストーンズから多大な影響を受けており、2015年のシングル“Dance With Me”では〈ローリング・ストーンズが最高ってことに/なんでみんな気がつかないんだろう?〉と歌ってもいた。一方、23歳のReiは幼少期をNYで過ごし、小学3年生でバンドを組んでブルースに傾倒。〈ブルースは希望の音楽〉とも話す柔軟で知性的なミュージシャンだ。

2人の対談は『Blue & Lonesome』リリース前日に収録。日本盤リリース元のユニバーサル・ミュージック社で先に試聴会を行い、興奮冷めやらぬなかでアルバムの魅力について存分に語ってもらった。ヴェテラン・ミュージシャン顔負けの豊富な知識量と、鋭い洞察力に驚きながら読んでいただきたい。

THE ROLLING STONES Blue & Lonesome Polydor/ユニバーサル(2016)

★オフィシャルストアはこちら

構造的には焼き直しでも、ストーンズが奏でることでオリジナルになる

――『Blue & Lonesome』のリリースにあたって、例えば週刊朝日に掲載された鮎川誠さんと仲井戸麗市さんの対談など、ヴェテランがその良さを語っている記事はいくつかあったんですよ。でも若いミュージシャンが語っている記事を目にすることが全然なくて。お2人のような20代が話してくれることで、若いリスナーにも現在のストーンズの凄さが伝わるんじゃないかなと。

オカモトショウ「なるほど。あまり参考にならない20代かもしれないですが(笑)。普通の20代の方の音楽の聴き方とは大分違う気もするので」

――ハハハ(笑)。まずは先ほど『Blue & Lonesome』を聴いてみてどう感じました?

Rei「〈ふたたびデビューしたストーンズ〉みたいな感じでした。半世紀経って改めてブルースをやっているんだけど、その間にいろんな音楽をやってきて、酸いも甘いも嚙み分けて、そしていま、年齢を重ねた彼らが新しいブルースをやっているという感じがしました」

ショウ「わかる! ファースト・アルバム(64年作『The Rolling Stones』)がこんな感じだしね。彼らが一番カヴァーをやっていたとき。俺はストーンズをファーストから聴き始めたんです。“Jumpin' Jack Flash”などはその前から知っていましたが、もともとはブルースやジャズのほうが好きで、ファーストを聴いてからストーンズを好きになって。なので、ファーストを最初に聴いたときは、〈ブルースを結構いい感じでカヴァーする人たちじゃん〉という印象で。その頃の俺は14歳くらいですが、〈なかなかいいじゃん〉と、すごく上から目線で入って(笑)」

――生意気な音楽小僧だった(笑)。

ショウ「そうです。でもそこからどんどんのめり込んで。やっぱりストーンズは、ずっと解散せずに続けているという意味で、バンドをやってる人間にとっての指針だったりすると思っていて。バンドマンなら誰でも〈俺たち、いつまで続けられるんだろう〉と考えるときがあると思いますが、その一番先頭には常にストーンズがいる。ストーンズはこのくらいの歳にはこういう作品を作っているから、俺たちもその歳になったらそれくらいの作品を作らないと、と思ったりもしますし。そういうバンドがいままたこんなアルバムをリリースしたということが、すごく夢があるなと思います」

Rei「そうだね」

ショウ「バンドは、続ければ続けるほど初期衝動から離れていくところがありますし。一方で、(カヴァーではなく)オリジナルでいかに凄い作品を作れるかが、アートとして崇高なことであるという考え方もあるわけじゃないですか。でもストーンズは、そういうものをすべて振り切ってこうなったというか。10代の頃に好きだった音楽をそのままやっている。軽音楽部に戻ったような感じじゃないですか(笑)」

――軽音楽部で好きな音楽を無邪気に鳴らしてるキッズたちみたいな。

ショウ「そう。〈好きな曲やってるだけッス〉というのが全開で。あのくらいの年齢(平均年齢72歳)でそれをやれてるということが、俺くらいの年齢からしたら物凄く夢があることです」

Rei「オリジナルをやることのほうが素晴らしいという考え方もあるけど、やっぱりブルースはずっとこの人たちにとって憧れであり、大好きなものだから、ちゃんと彼らの色に染まっている。構造的には焼き直しかもしれないけど、彼らが奏でることで彼らのオリジナルになるんだなと思いましたね」

ショウ「それはやっぱり、彼らの身体を一回通過して出てきている音だからこそでしょうね。自分たちのなかで消化して鳴らされている音というか。でも例えば、ポール・バターフィールドの、ホワイト・ブルースのような消化の仕方とも違っていて、もっと憧れそのままというか」

Rei「英語の発音もね。イギリス人なのに全然そう聴こえない」

ショウ「そう。憧れが勝っている感じというか。ファーストでスリム・ハーポのカヴァー(“I'm A King Bee”)をやっているときもそうでしたし、ハウリン・ウルフをやるときも物真似ではなく、きちんとミック・ジャガーの歌なのですが、原曲を知っているうえで聴くと、物凄いハウリン・ウルフの具合だよねという印象で」

ポール・バターフィールドの67年のライヴ映像
 
ストーンズの64年作『The Rolling Stones』収録曲“I'm A King Bee”。スリム・ハーポのオリジナルはこちら
 

――確かに。なんでしょうね、あれ。

ショウ「なんだろう、リズムかな」

Rei「あ、それは感じました。一言でブルースと言っても、例えばシャッフルひとつでもいろいろノリがあって。彼らは経験値が高いからこそ、いくつものシャッフルのノリ方をやっている。すごい突っ込んでいるのもあれば、粘りを感じさせるものもあるし」

ショウ「やっぱりリズムなのかな。今回の新作では、特にそれを感じました。チャーリー・ワッツは凄いなって」

Rei「いやぁ、本当に凄かったね」

ショウ「スネアのチューニングが凄いと思いました」

――いつもはこんなドラム、叩いてないじゃんっていう。

ショウ「まさしく。いつもはこんなに熱くない(笑)」

「2001年にチャーリー・ワッツが自分のジャズ・バンド(テンテット)で来日したときにライヴを観に行って、終演後に楽屋へ行ったんです。俺は当時ドラムをやっていたので、そう伝えたらスティックをプレゼントしてくれました」(ショウ)
 

――さっきReiちゃんが発音について話していたけど、アメリカで暮らしたこともあるReiちゃんからすると、ブルースを歌うときのミックの発音はどんなふうに聴こえますか?

Rei「アメリカ人だと思わせる感じで歌っていますよね。これだけバンドが長く続いているというのは、もちろん人間関係の部分もあるでしょうけど、こうして発音まで真似しちゃうような純粋さがあの歳になってもこんなに残っているっていうのが、いまも活き活きと音楽をやれている理由じゃないかと思います」

ショウ「最初はビートルズもストーンズもアメリカのクリケッツなどに憧れてバンドを始めていて、その頃はまだ〈歌がイギリス訛り〉というのがなかった時代だと思うんです。そういうなかでブルースをカヴァーしたりすると、そのおもしろさがより強く出てくるというか。そこから時代が進んでいくとイギリス訛りで歌う人もたくさん出てきますし、逆に今度はアメリカでジョーイ・ラモーンラモーンズ)がイギリス訛りの混ざった感じで歌いだしたり」

――イギリス人でありながらアメリカ生まれのブルースをどう歌うか。いわば、そのひとつの発明をミックがしたわけで。

ショウ「そう思います」

 

同じ時代に生まれていたら友達になれたかもしれない

――あとで『Blue & Lonesome』の魅力により深く迫ろうと思いますが、その前に2人のストーンズとの出会いについてお訊きしたいです。

ショウ「中学に入ったら軽音楽部があって、当時普通に友達だったウチのギターのコウキが入部するということで俺も一緒に入って。〈ストーンズやろう!〉と言うので、最初に“Jumpin' Jack Flash”をコピーしました。ただ、俺はそのときドラム担当でしたが。それと同時期にファーストを聴いて、そこからどんどん聴いていきました」

“Jumpin' Jack Flash”の72年のライヴ映像
 
64年作『The Rolling Stones』収録曲“I Just Want To Make Love To You”のライヴ映像
 

――初めにファースト・アルバムを聴いたのは、ブルースのカヴァーが入っていたから?

ショウ「というか、俺が生まれたのが90年なので、(代表作が)もう出揃ったあとで。そこで中途半端なものを聴いたら好きになれないんじゃないかという恐れがあって、きちんと1枚目から順を追って聴いていくのがいいかなと。マンガを1巻から揃えたいというのと一緒です」

――なるほど。で、そのファーストで好きになれた。

ショウ「はい。同世代であんなことをやっているバンドがいなかったので。ちょうど(当時の)俺らの少しお兄さんぐらいの歳で、ストーンズはファーストを作っているわけで。その感じが良かったのかもしれないです」

――同じ時代に生まれていたら友達になれたかもしれない、みたいな。

ショウ「そんな感じです」

――OKAMOTO'Sはハマくん以外の3人とも、どっぷり影響を受けてますよね。

ショウ「受けてますね。ただ、俺らもオリジナリティーを求めている時期でもあるので、最近も〈ストーンズばっかり聴いてちゃダメなんだよ!〉と急にレイジが言い出したりして、〈いや、いいと思うよ~〉とコウキが返していたり。かと思えばその2日後に、〈モノラルのやつを聴いたけど、“悪魔を憐れむ歌”はやっぱり最高だよね〉とレイジが言っていたり。結局好きなんだな、という(笑)」

OKAMOTO’S の2015年作『OPERA』収録曲“Dance With Me”
 

――Reiちゃんがビートルズ好きだという話は以前にも聞きましたけど、ストーンズ好きだというのはあまり公言してなかったですよね?

Rei「そうですね。好きなのがデフォルトみたいになっているので、あえてわざわざ語らない感じがあったと思うんですけど」

ショウ「わかる(笑)」

Rei「私は4歳からクラシック・ギターを始めて、アメリカに住んでいた経験を経て、小学3~4年のときにロック・バンドを組んで。それでストーンズの“Honky Tonk Women”とか、キーボードの子がいたので“She's A Rainbow”を演奏したりしていたんです。その頃からエリック・クラプトンをよく聴くようになって、さらにクリームから辿って戦前のブルースを聴くようになったりしました。で、ガッツリとブルースを好きになってから改めてストーンズを聴くと、ブルースを知らずにカヴァーしていたときよりもいろんなことが理解できたんです。彼らのブルースに対するリスペクトもひしひしと感じたし」

Reiによるロバート・ジョンソン“Love In Vain”のカヴァー
 
ストーンズによる“Love In Vain”のカヴァー。69年作『Let It Bleed』や70年のライヴ盤『Get Yer Ya-Ya's Out』などにも収録している
 

――なるほど。

Rei「あと、ビートルズが好きだった私としては、〈サタニック・マジェスティーズ〉を聴いて『Magical Mystery Tour』に通じるサイケな音作りを感じたり。ストーンズはバンドとしても好きですけど、それ以上に作品が好きだっていうのが大きいんです。それこそ〈サタニック・マジェスティーズ〉だったりとか」

※ストーンズの67年作『Their Satanic Majesties Request』のこと。同作は当時のサイケデリック・カルチャーを大きく反映したアルバムで、〈ビートルズ『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』の二番煎じ〉など当時は酷評が多かった

ショウ「〈サタニック・マジェスティーズ〉が好きという人に初めて会ったかもしれない。俺も大好きなんです。でもそれを言うと〈なんで?〉と言われることが多くて」

67年作『Their Satanic Majesties Request』収録曲“She's A Rainbow”
 

Rei「ストーンズにはいろんな側面があるのがいいですよね。バキバキのシングル・チューンが入ったアルバムもポップで格好良いし、片や今回の新作みたいに演奏に重きを置いたアルバムも出せるという。歌モノだけじゃないというのは、特にミュージシャンなら心をくすぐられるんじゃないかと思います」

ショウ「今回は何より演奏を楽しめる久々のアルバムだなと思いましたし。そういうのっていまは貴重ですよね」

――ブルースの背景があって、演奏を重視しているところが2人に共通する〈好きポイント〉であると。

ショウ「いや、もちろん不良っぽさや、ロックのイメージを作った人たちだということもありきで好きですよ。ブライアン・ジョーンズが10代で女教師を妊娠させたり、そういう……」

Rei「そうなんだ!?」

ショウ「そう。何人子供がいるんだよ、というようなロックっぽい逸話も魅力のひとつ」

Rei「ファッションもアートワークも素晴らしいし、総合点の高いバンドだよね」

ショウ「本当に。総合点で言ったら敵うバンドはいないと思うな」

Rei「あとはブルースという、3コードで12小節のシンプルなジャンルに惹かれてるバンドだから、どのアルバムを聴いても〈キープ・イット・シンプル〉の姿勢を感じるんですよ。ビートルズと比較されることもよくありますけど、ストーンズは衝動やシンプルな音楽性に基づいているところが、とても格好良く感じる」

――じゃあ、そんな2人にとっては今回のアルバムはドンピシャですね。〈こんなアルバムを待っていた!〉という感じでしょ。

ショウ「いや、本当にそう思います。〈いいんだ、これで〉と思わせてくれるというか。俺たちが10代でデビューしたときに、最初にカヴァー・アルバムを作りたいと言ったら、〈そんなのダメだ〉と言われてしまって。でも、いまなら〈ストーンズがやっているんだから、いいじゃん〉と言える。ただ、憧れの感覚を上手く表現することは確かに難しい。古い新しいは関係ないにしても、好きだからやっているんだという気持ちは、伝わらない人には伝わらなくて。〈パクリじゃん〉の一言で済まされてしまううこともある。なので、ストーンズがこういうことをやってくれると、俺は間違ってなかったんだと励まされます」

――前に言ってましたもんね。OKAMOTO'Sは初作~3作目までカヴァー曲をそれぞれ入れていて、4作目の『OKAMOTO'S』(2013年)でそろそろオリジナル曲だけでフル・アルバムを作ろうとなったときに、ストーンズの4作目『Aftermath』(66年)がまさにそうだったから、それを参考にしたって。

ショウ「そうです。そんな例え話をしている時点で、どうかしていますね(笑)」

ストーンズの66年作『Aftermath』(US版)収録曲“Paint It, Black” 
 
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop