KANDYTOWNのYOUNG JUJUによるソロ作は、本隊クルーやFla$hBackS人脈を招聘&渋み溢れるビートで若さゆえの瑞々しさ輝かせた一枚

2016.12.19

当初の予定から延期しまくったものの、結果的にKANDYTOWNのメジャー・デビュー作が評判という好タイミングに重なったソロ作。クルー内の手合わせを基本線にしながら、JazadocumentBCDMGの腕利きはもちろん、さらにFla$hBackS人脈、先行カット“The Way”を手掛けたMASS-HOLEといった顔ぶれと共闘した作りは、IO菊丸の近作と似た色合い。渋みに溢れたビートが若さゆえの瑞々しさをメロウに輝かせる。

TOWER DOORS