2017.04.13

ヒストリー・オブ・アップル・パイの元メンバーによる初のソロ作。Pitchforkが〈ドリーム・ポップとストイックなテクノの融合〉と評している通り、越境性の高い電子音楽を創造していて、ダニエル・エイヴリー作品などへの客演経験をしっかり楽曲に落とし込んできた印象だ。実験的なリズム展開にドキッとさせられつつ、コクトー・ツインズみたいに陰影を含んだ歌声が気持ち良くて、何度もリピートしてしまうという罠!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop