コラム

5周年を迎えたレーベル、Playwrightの過去と未来を『Family Vol.2』で楽しもう!

Page 2 / 2 1ページ目から読む

TRI4TH
織田祐亮(トランペット)、藤田淳之介(サックス)、関谷友貴(ベース)、竹内大輔(ピアノ)、伊藤隆郎(ドラムス)から成る実力派クインテット。2014年のコンピ『Family』参加を経てPlaywright入りし、カルメラとのスプリット盤や最新作『4th REBELLION』に至るまでのリリースによってレーベルの看板アクトとして認められるまでになりました。『Family Vol.2』にはアッパーな“Taboo”を提供しています!

 

Afro Begue
オマール・ゲンデファル(ジャンベ/ヴォーカル)、津田悠佑(ギター)、SuzKen(ベース)、藤原大輔(サックス/フルート)、佐々木俊之(ドラムス)、橋本肇(パーカッション)から成るアフリカン・ポップ・バンド。昨年Playwright移籍作『SANTAT』が高い評価を得たのに続き、『Family Vol.2』にはメッセージに溢れた雄大な“KHALE YI”を提供!

 

bohemianvoodoo
Playwright設立時から在籍する〈歌って踊れるメロディアス・インストバンド〉。メンバーのうち木村イオリ(ピアノ/キーボード)がPrimitive Art Orchestraでも活動するほか、Bashiry(ギター)はMASSANとのコンビでも阿吽の名作を残しました。昨年は久々のリリースとなるライヴ・ベスト盤『echoes』を発表しており、今回の『Family Vol.2』にも“Father and Bookshelf”と“Adria Blue”のライヴ・ヴァージョンを提供しています。

 

fox capture plan
ハイペースなリリースと精力的なライヴ・パフォーマンスによってレーベルの勢いを牽引している、岸本亮(ピアノ)、カワイヒデヒロ(ベース)、井上司(ドラムス)によるピアノ・トリオ・バンド。今年に入ってからはいずれもサントラとなる『KOTODAMA -この声をきみに Soundtrack-』『SEPT』を1月にリリースしたばかり。『Family Vol.2』には新曲“First Impression”も提供していて、オリジナル・アルバムも楽しみなところです。

 

Yusuke Shima
多方面で多彩な活動を行うトランぺッター/プロデューサーの島裕介。bohemianvoodooを手掛けるなどして縁のできたPlaywrightではソロ・プロジェクト〈SilentJazzCase〉を推進中で、昨年リリースの最新作『SilentJazzCase3』ではfox capture planの井上司らもフィーチャー。今回の『Family Vol.2』では“Hot Sauce”をクールに披露しています。

 

Alter Ego
緒方仁一(ピアノ)、安田洋喜(ベース)、小川総一郎(ドラムス)から成る広島のピアノ・トリオ。昨年の中国地方限定流通ミニ・アルバム『YOU'RE MY ALTER EGO』が話題になり、今年に入って初の全国流通作となるフル・アルバム『We're Here』をリリースしたばかり。『Family Vol.2』には新曲“Keep playing”を提供しているほか、中国地方限定盤に入っていたメロディアスな人気曲“ペネロープに吹く風”も収録されています!

 

freecube
エミコ(ヴォーカル)とc.j.(ギター)による男女ユニットで、2016年にタワレコ限定シングル“beautiful days”とファースト・アルバム『アムリタ』を立て続けにリリースしたfreecube。ブラジリアンな心地良さに溢れた作風はこのたび『Family Vol.2』に収録の“Flying”でも伸びやかに健在!

 

Do One Thing.
2006年にデビューし、それから10周年を記念した2016年の『Like This, Like That.』を残して翌2017年6月に解散したImmigrant's Bossa Band。そのリーダーでもあったNOBUやスガメスジャポンらを中心とする新プロジェクトがDo One Thing.です。もともとPlaywrightのイヴェントで2014年に初ライヴを行っていた彼らですが、『Family Vol.2』では初音源となる長尺のカリビアン・グルーヴ“HIGH MAS”を提供。今後の動きも気になります。

 

WAIWAI STEEL BAND
スティールパン・プレイヤーの伊澤陽一を中心に大人数のパン奏者やドラマー、パーカッショニストも加えたフレキシブルな編成でライヴ活動を展開する新世代スティールパン・オーケストラ。今回の『Family Vol.2』では“Club Trini Back In Town”のカヴァーをライヴ音源で提供。2016年の2作目『LAMP』以来となる新作も待たれるところです。

 

MASSAN + MIDORINOMARU
PlaywrightではBashiryと組んで『阿吽 -あうん-』(2016年)を残したラッパーのMASSAN。今回の『Family Vol.2』ではMIDORINOMARUを迎えてコラボを敢行し、歌うようなフロウとダイナミックなピアノ&ドラム演奏の融合がカッコ良い“FOREVER”を提供しています。なお、MIDORINOMARUも自分たちの初作『no logic』(Permanent)をリリースしたばかり!