連載

【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】第70回 関谷友貴は〈自分の音〉を求める! TRI4THのベーシストに聞くV系やメタルの影響、留学と転機

ジャズピアニストにしてメタラーの西山瞳さん。メタルからの影響を反映させた新作『Dot』をリリースしたばかりの西山さんによるメタル連載が、この〈西山瞳の鋼鉄のジャズ女〉です。第70回は当連載恒例、メタルがルーツのジャズプレイヤーへのインタビューです。馬場孝喜さんと則武諒さん織原良次さん鈴木直人さん武藤祐志さん江藤良人さんと続いてきた好評企画ですが、今回はTRI4THのベーシストである関谷友貴さんに西山さんが取材しました。 *Mikiki編集部

★連載〈西山瞳の鋼鉄のジャズ女〉の記事一覧はこちら


 

突然寒くなりましたね。メタラーの皆さん、この秋の来日過密スケジュールは、どうお過ごしでしたか? 私は自分のツアーもあったので、9月のエクストリーム来日以降ライブに行っておらず、SNSに上がってくるライブレポを眺めて過ごしておりました。ぐぬぬ。

さて、今月は、〈メタルを通ってプロになったジャズミュージシャンへのインタビュー〉7人目、〈踊れるジャズ〉をコンセプトとした、インストゥルメンタルジャズバンドTRI4THで活躍するベーシスト、関谷友貴さんにインタビューを敢行しました。

私と同じ大阪出身の関谷さんですが、何かのインタビューで〈メタルをやっていた〉という情報をキャッチ。なるほど、TRI4THのベースプレイから滲み出る〈速いの好きだろうな感〉はメタル出身だ!ということで、インタビューしてみると意外な人との繋がりや、面白いキャリアが聞けました。

まずは、TRI4THの疾走チューンをどうぞ。

 

ベースとバス釣りは同じ〈Bass〉

――ベースを始めたきっかけを教えて下さい。

「中学の吹奏楽部でバリトンサックスをやっていたんです。2年生で入部した時の楽器はテナーサックスだったんですけど、男の部員が少なかったから、自動的にバリトンに。背も低かったんですけどね。

そんな時、一番仲が良かった友達がギターを始めて、当時流行っていたLUNA SEAとかBOØWYのCDを貸してくれて、格好良いやんって思って聴いていたら、〈それじゃバンドやろうぜ〉ってことになって。バリトンサックスをやっていたから、低音繋がりでベースをやることに。

しかも僕、バス釣りがめっちゃ好きなんですよ。スペルが〈Bass〉って一緒だから、ベースをやってみよう、みたいな(笑)」

――とても中学生らしいエピソードですね(笑)。

「そうそう、まじで中学生(笑)。いいじゃん、俺にぴったり!みたいな感じで始めて。

それまで見た目も音もどれがベースかわからないような中学生が、ベースの方がぜったいモテると思って、のめりこんだんです。そうしたらベースやバンドの方が楽しくなって、吹奏楽部はフェードアウト」

――エレキベースを始める時、楽器はどう工面したんですか?

「誘ってくれた子がどうしてもバンドをやりたかったから、〈ベースのお金を半分出すから、一緒にバンドやって!〉って。今考えるとおかしいでしょ。いきなりエンドースメントから始まったんで、すでにプロとしてスタートですよ(笑)。その彼は、すでにギターをある程度弾けていたから、色々教えてもらいました」