2018.08.15

METAFIVEを経て送り出されるソロ作は、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一という近年お馴染みのメンツでバンド・サウンドをより豪快に鳴らす一枚となった。カントリー&グラム調の“Wino”、変拍子メタルにシンセが絡む“Bite”、真骨頂のアーバン・ファンク“Sarigenai”など、無二のセンスで多様な要素を配合した楽曲が並ぶ。80sなロッカ・バラード“Real”でスタジアム級のスケール感をさらりと体現しているのが流石。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop