Photo by Shinryo Saeki

傑作ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の音楽は、オペラのように「まめ夫」の音楽を支える屋台骨Ensemble FOVEの今を聴く〈ZINGARO!!!〉

 ドラマ「東京ラブストーリー」から30年。日本を代表する脚本家として常に第一線で活躍してきた坂元裕二が、2021年に新境地を拓いてみせた「大豆田とわ子と三人の元夫」はテレビドラマ史に輝く、紛うことなき傑作となった。コメディを基調とした難解さとは無縁の物語でありながら、その笑いが小手先の面白みだけということは一切無い。ちょっとした行動や小噺のすべてが、キャラクター造形や物語の本質を描いた演出になっているから末恐ろしいのだ。ゲラゲラ大笑いしながらドラマを観ていると、無意識のうちに心をアイスピックで刺されまくっている……それが「大豆田とわ子と三人の元夫」(略称「まめ夫」)という作品である。

 核となるスタッフ陣は2017年に話題を呼んだドラマ「カルテット」の面々を継承しているが、「まめ夫」という作品を次なる領域に引き上げたキーマンが、本作で新しく加わった作曲家・坂東祐大である。今年30歳になったばかりの若手でありながら、既にクラシック・現代音楽の領域で高い評価を獲得。更に米津玄師や宇多田ヒカルの楽曲での先鋭的なアレンジが識者を中心に大きな注目を集めている存在だ。

 ある意味では坂元の脚本と同様、坂東の音楽もまた、表向きではポップで親しみやすいのに、実は裏でとんでもなく尖った表現をしていたりと、「まめ夫」という作品の本質を体現している。ドラマの放映が始まる前、3月上旬の時点で坂東は本作について、こう述べていた。

坂東祐大 『Towako’s Diary - from “大豆田とわ子と三人の元夫”』 コロムビア(2021)

「今回は本当に自由にやらせていただいています。台本の初稿からいただいて、ずっと並走しているんですけど、なるべく(場面々々にあわせて)当て書きをしたいのでスケジュールはギリギリですね。今回、音楽でやろうとしていることはオペラに結構近くて、ライトモティーフ的なことはそんなに使ってないですけど、基本は会話劇なので、そこに〈ゆるやかにナンバーを重ねる〉イメージといいますか……」

 ここで坂東がナンバーと言っているのは、ミュージカルの〈ナンバー〉と同じ意味である。もともとは場面ごとに番号が振られたオペラ(ナンバーオペラ)に由来する言葉で、音楽の連続性よりも楽曲ごとの個性が際立つ傾向がある。

 その最たる例が、2番目の元夫・佐藤鹿太郎とのなれそめが描かれる第3話で流れる“鹿太郎のワルツ”という楽曲だ。〈回想編〉では上野耕平のサクソフォンが、〈オフィス編〉では鈴木舞のヴァイオリンがフィーチャーされるのだが、つまり彼らは劇中人物の代わりに〈ナンバー(≒アリア)〉を歌っているというわけなのだ(更に深読みすれば、回想編からオフィス編への変化は、ラヴェルの“マ・メール・ロワ”における〈美女と野獣〉のワルツの展開をなぞっているかのようでもある!)。

 「挿入歌ではなくて劇伴に歌を取り入れて心情描写をしたりもしています(※マイカ・ルブテの歌うシャンソン風の楽曲)。また作曲や録音現場のディレクションだけじゃなく、どの場面にどの曲をあてるのかという選曲までしているんですよ。曲が足りなかったらその場で書き足したりもしているので毎回凄く大変なんですけれど、脚本読んでるだけでも泣けるぐらい素晴らしい作品に関われて本当に光栄に思っています。自分自身も少しでもとわ子と三人の元夫のいる世界に浸っていたい、そんな気持ちです」

 映画と異なり、テレビドラマでは通常、どこにどの音楽を当てるのかを最終的に判断するのは作曲家ではない。ところが本作では、その部分も坂東に任されているのだ(整音にまで立ち会っているという!)。ドラマの最終回は6月15日放送だったが、ツイートで確認できる範囲でも6月6日の早朝にレコーディングをしていたりと、本当にギリギリまでドラマにあわせた音楽づくりが続けられていたことが分かる。

 こうしたクリエイティヴィティを支えているのが、豪華な演奏陣とのコラボレーションだ。グレッチェン・パーラト、LEO今井、マイカ・ルブテ、BIGYUKI、Banksia Trio(須川崇志、林正樹、石若駿)、鈴木大介……とジャンルの垣根など最初から存在しないかのように、多彩なミュージシャンを起用したことに目が惹かれる。しかし、それ以上に重要だと思われるのが、現在性という視点からのブラッシュアップに対応できるメンバーばかりだというところ。平易に言い換えれば、どれひとつとして〈ありがちなそれっぽい曲〉がないのだ。特定のジャンルと強く結びついた音楽(前述した“鹿太郎のワルツ”や“嘘とタンゴ”など)であっても、リズムや音色といった細部に注目すると、どの曲にも現代的な感覚が宿っているのは坂東のこだわりだろうか。

 彼と共に「まめ夫」の音楽を支える屋台骨となっているのが、坂東が主宰するクリエイティヴ集団・Ensemble FOVEである。2014年から単発のプロジェクトを経て、2016年に設立。そのきっかけとなったのが、フィギュアスケートを題材にしたテレビアニメ「ユーリ!!! on ICE」ならびに、その音楽を生演奏する「ユーリ!!! on CONCERT」であった。FOVEはその後、〈SONAR-FIELD〉(5分ごとに観客が席を移動しながら聴く、アトラクション型公演)、〈TRANS〉(演奏家とサラウンドスピーカーに観客が囲まれる360度の音響体験)といった現代音楽の閉塞感を打ち破るようなオリジナル企画で、会場を訪れた人々の度肝を抜いた。映像の劇伴に、ライヴ……形態を問わず、FOVE発の音楽が刺激的でとにかく面白いのは何故なのか?

 「FOVEの活動で一番大事にしているのが〈面白い〉かどうかなんですよ。誰と一緒に、何をやれば楽しくなるのか、馬鹿みたいに聞こえるかもしれませんが、みんなで民主的に決めています。演奏する時にも、みんなが僕の書いた楽譜をただ弾くんじゃなくて、どうしたらもっと面白くなるのか、ひとりひとりが意見を出しながら決めていく方が、可能性は広がるんです」

 あらゆる音楽ジャンルで長らく(なんなら現在でも!)作曲というのは天賦の才能をもった個人による創作によるべき……という固定観念が強く支配してきたが、坂東は現代のヒット曲がコライト(co-write)で制作されたり、現代アートがチームによって生み出されていたりする例などを挙げながら、共同制作の意義を語ってくれた。そんな彼らが相乗効果で生み出すクリエイティヴィティを、肌で直接体感できるのが9月12日に彩の国さいたま芸術劇場で開かれるコンサート〈ZINGARO!!!〉だ。

 「僕らだけが話題になるんじゃなくて、クラシックというコミュニティーが盛り上がっていかないと、本当の意味で面白くならないなってずっと思っているんです。そういう意味でもクラシックの本拠地であるコンサートに持っていきたいという気持ちがやっぱり強いんです。クラシックに負うものが多いからこそ、クラシックに還元したいなとも思っています」

 生演奏に強い思い入れのある彼らがこの日に披露するのは、2019年11月にアルバムとしてCDや配信でリリースしたジンガロ(ジプシー)音楽のアルバム『ZINGARO!!!』に収録された楽曲が中心だ。「まめ夫」でワルツやタンゴ、シャンソンにジャズ……といった様々なジャンルが現代的な感覚でリフレッシュされたように、〈ジプシーヴァイオリン〉の名曲たちが生まれ変わっていくのは壮観という他ない。ソリストとしてフィーチャーされるのはFOVEのコアメンバーであるヴァイオリニストの尾池亜美。ロックスターたちのギターを思わせるようなエネルギーを放出し続ける尾池が中心となって、今度もまたEnsemble FOVEが想像を絶する音楽体験をもたらしてくれるに違いない。

 「去年5月に亀田誠治さん主催の日比谷音楽祭に出演するはずが中止となり、それからFOVEは1年以上ステージに上がってないので、今回のZINGAROは特別気合いの入ったものになると思います!」

 


PROFILE: 坂東祐大(Yuta Bandoh)
作曲家/音楽家。1991年生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科修士課程修了。様式を横断したハイブリッドな文脈操作、サンプリングなどを駆使し、多岐にわたって創作活動を行う。第25回芥川作曲賞受賞(2015年)2016年、Ensemble FOVE を創立。代表として気鋭のメンバーと共にジャンルの枠を拡張する、様々な新しいアートプロジェクトを展開している。新作『ドレミのうた』を4月にリリース。テレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の音楽を手がける。7月16日公開の細田守監督「竜とそばかすの姫」の音楽も担当。

 


Ensemble FOVE (Ensemble FOVE)
2016年設立。アートとしての新しい聴覚体験を追求する次世代型アンサンブル。これまでにオリジナルプロジェクトとして〈SONAR-FIELD〉(2018年春、2019年春再演)、〈TRANS〉(2018年秋)を開催。2019年秋、尾池亜美ソロによる『ZINGARO!!!』をFOVE RECORDSよりリリース。また米津玄師“海の幽霊”“馬と鹿”、宇多田ヒカル“Beautiful World (Da Capo Version)”へ参加したほか、テレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」をはじめ劇伴にも多数参加。

 


©2021スタジオ地図

映画「竜とそばかすの姫」
原作・脚本・監督:細田守
音楽監督/音楽:岩崎太整
音楽:ルドヴィグ・フォシェル/坂東祐大
声の出演:中村佳穂/成田凌/染谷将太/玉城ティナ/幾田りら
森山良子/清水ミチコ/坂本冬美/岩崎良美/中尾幸世
森川智之/宮野真守/島本須美/役所広司/他
配給:東宝(日本 2021年)
2021年7月16日(金)全国にて公開!
https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/

 


LIVE INFORMATION
Ensemble FOVE『ZINGARO!!!』
2021年9月12日(日)埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
開演:15:00

出演:Ensemble FOVE
尾池亜美(ヴァイオリン)/多久潤一朗(フルート)/浅原由香*(オーボエ)/東 紗衣*(クラリネット)/中川ヒデ鷹(ファゴット)/上野耕平(サックス)/佐藤采香*(ユーフォニアム)/田村優弥*(チューバ)/大家一将(パーカッション)/池城菜香*(ハープ)/戸原直(ヴァイオリン)/町田匡(ヴァイオリン)/大光嘉理人*(ヴァイオリン)/山本佳輝*(ヴァイオリン)/三国レイチェル由依*(ヴィオラ)/對馬佳祐*(ヴィオラ)/小畠幸法(チェロ)/飯島哲蔵*(チェロ)/篠崎和紀(コントラバス)/地代所悠(コントラバス)/坂東祐大(編曲・企画)
*ゲスト・メンバー

■曲目
ラヴェル:ツィガーヌ
モンティ:チャールダーシュ ディニーク:ひばり ほか
※CDアルバム『ZINGARO!!!』収録曲より(予定)
https://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/91050/