タワーレコード新宿店最上10階で営業中のアナログ専門店〈TOWER VINYL SHINJUKU〉。年末年始はTOWER VINYLで買ったレコードをこたつに入りながらゆっくりと聴く、なんて過ごし方はいかがでしょう?

当連載〈TOWER VINYL太鼓盤!〉では、TOWER VINYLのスタッフがお客様におすすめしたいレコードをご紹介しています。前回はクリスマス・イヴに〈レコードで聴きたいクリスマス・アルバム〉をお届けしました。それに続く今回は年末ということで、〈2019年マイ・ベスト・レコード〉をスタッフがセレクト!

再発盤、限定盤、7インチ・シングル、ボックスセット……新品レコードのリリースは今年もたくさんありましたよね。買い逃していたレコードが、この記事で見つかるかもしれません。 *天野

★連載〈TOWER VINYL太鼓盤!〉の記事一覧はこちら


 

 田之上剛(TOWER VINYL)のマイ・ベスト・レコード
dendan『Don't Play』

今年の一番と言われると選ぶのは難しいが(既に上半期は記憶が薄れ気味ですが……)、スウィート・ソウルやチカーノ系好きの方から注目を浴びたドラン・ジョーンズ&ザ・インディケーションズの7インチ・シングル“Morning In America”になる気が……。

しかし、残念ながら現在入手困難なためdendanの7インチ・シングル“Don't Play”をご紹介! 90年代に腰パンでレコードを掘り、夜はクラブに通いナンパ生活をしていた方には是非聴いて頂きたい1枚。ビッグ・L“Devil's Son (Live Version)”とキース・スウェット“Right And A Wrong Way”をサンプリングしたメロウで超クールな1枚。懐かしいけど新しいジワジワテンションが上がる楽曲。

他に和モノではTV映画「祭ばやしが聞こえる」の主題歌の7インチ・リリースは嬉しかった1枚。最近では7月に配信されたmogsanと野呂佳代による“さよならサマー”もシティ・ポップ好きにはオススメ。

 

塩谷邦夫(TOWER VINYL)のマイ・ベスト・レコード
Kraak & Smaak『Pleasure Centre』

メイヤー・ホーソーンやベン・ウェストビーチとのコラボ作などでも名を馳せた和蘭代表エレクトロ/ブギー・トリオ、2019年の最新作にして最高傑作。ソウル、ブギー、ハウス、ブレイクビーツ、シンセ・ポップ、チルアウトなど多様な要素をひとつひとつ丁寧に咀嚼したうえに、さらにクラフトワーク的様式美を塗しているというモンスター盤。それでいて印象に残るのは、まろやかなメロウネスと洗練された音像。これはちょっとスゴイ。仕事から家に帰っての深夜部屋聴き1枚目、今年の後半はこのレコードに針を落とすことが一番多かったです。

 

太田陽士郎(TOWER VINYL)のマイ・ベスト・レコード
Cornelius『Point』

ずっとCDで愛聴していたCorneliusの『Point』のアナログ初リイシューが、私の今年の一枚です。断片的な言葉と、瑞々しくも突然変異する楽曲で構成された大好きな作品。自分の中では、日本語を使った音楽の到達点のひとつと思っております。今回のリイシューでは、綺麗なブルー&ホワイトのカラー・ヴァイナル、紙製のスリップマット付。ジャケットのアートワークも最高なので、廃盤になる前に絶対アナログでゲットをお勧めしたい一枚です。

小嶋千夏(TOWER VINYL)のマイ・ベスト・レコード
Steve Gunn『The Unseen In Between』

1月のリリース時点で今年のベスト決まっちゃったなと直感しましたが、揺るぎませんでした! インディー・フォークのキーパーソン、スティーヴ・ガンのマタドール2作目です。彼の只者じゃなさをお伝えするとなれば、大御所マイケル・チャップマンの新作プロデュースや、海外での再評価が著しい金延幸子さんとの共演など堅実なトピックが多々ありますが、ともあれオープン・チューニングで鳴らされるギターの音がハチャメチャに好みなので、それに尽きますね。職人技が光る弾き語り曲での臨場感や、盟友カート・ヴァイルに伍すサイケな音像がなんともアナログ映えします。ジャケットも満点! 我が家のモノクロジャケ棚にお気に入りがひとつ増えました。

 

知念達也(TOWER VINYL)のマイ・ベスト・レコード
Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go? (Glow In The Dark Vinyl)』

2019年3月、星野源『POP VIRUS』と同週にリリースされ、前年発売のトム・ミッシュ『Geography』等と共に、同じく3月にオープンしたばかりの我らが〈TOWER VINYL〉の売り上げ面を長く大きく支えてくれた一枚ということで、こちら。リリース以降は街中やTVなどで大ヒット曲“bad guy”を聴かない日はなかったというくらい、老若男女・国内海外問わず多くのリスナーへ浸透していった楽曲。また〈今〉の時代の気分を象徴するような気怠げウィスパー唱法や、そのユニークなキャラクター(弱冠17歳!)も含めて、2019年という年を思い返すたびに浮かぶ顔とジャケットだと思います。

 

天野龍太郎(Mikiki編集部)のマイ・ベスト・レコード
川本真琴『新しい友達』

なんだかんだいって、今年もレコードをけっこう買いました。でも僕にとって2019年は、特集もがっつりと組ませていただいた川本真琴さんの新作『新しい友達』の年。なので、マイ・ベスト・レコードも当然こちらになります。

『新しい友達』はCDとレコードで発売されていて、さらに関連してカセットテープ『18才』7インチ・シングル“新しい友達II”まで出ている、というファン泣かせ……いや、歓喜のリリース(もちろん、すべて手に入れました)なのですが、なかでもおすすめしたいのはLPです。というのも、A面とB面の最後にレコードでしか聴けないささやかな小品2曲(フルート三重奏の“花と緑”とピアノ二重奏の“うさぎ”)が収められているから。あと、『新しい友達』は人間味あふれる演奏が聴きどころなので、アナログの音で聴くとじんわり沁みるんですよね。レコードで、大きい音で聴くと、いままで気づかなかった音も聴こえてきます。川本さんらしい不思議すぎるジャケット写真も、ぜひLPサイズで見て!

 


INFORMATION
TOWER VINYL SHINJUKU

東京都新宿区新宿3-37-1 フラッグス10F
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休(フラッグスの休業日に準じる)
電話番号:03-5360-7811