EMPiRE 『the GREAT JOURNEY ALBUM』 レイヴィーな音とエモーショナルな歌詞、それを表現するヴォーカルが印象的な堂々たるセカンド

2020.01.20

YUKA EMPiREの脱退とNOW EMPiREの加入を経て、現体制になって初めてリリースされるこのフル・アルバムでは、WACK勢のサウンドを担うSCRAMBLESが得意とするロックとavexに脈々と流れるダンス・ミュージックとの融合はさらに進み、改めて〈EMPiREとはどんなグループなのか?〉が明確に示されている。トラックは前作以上にエレクトロ色が濃厚で、最初はレイヴィーな圧に耳を奪われるが、聴き込むほどにパーソナルでエモーショナルなドラマの描かれた歌詞が存在感を増していく。それを表現するヴォーカルの表情も豊かで、数々のライヴやツアーなどで積み重ねてきた経験がしかと作詞や歌唱に反映されているのだろうなと。着実な歩を進めてきた自信も顔を覗かせる、堂々たるセカンド・アルバム。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop