2020.02.17

共同プロデューサーに蔦谷好位置を迎えて作り上げた、3人体制となって初のフル・アルバム。これまで以上にエレクトロニックなプロダクションの比重を高めており、ベース・ミュージックやオルタナティヴR&Bなどの要素を吸収したサウンドを壮大なポップスに落とし込んでいる。先行シングルのダンサブルなアプローチで貫き通すかと思いきや、中盤には陰鬱な心象を写したディープな楽曲群が待ち受けている構成がまた鮮烈。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop