コラム

映画「WAVES/ウェイブス」フランク・オーシャン“Seigfried”などシュルツ監督が愛するミュージシャンたちの今の時代を映す31曲が物語を鮮やかに彩る!

©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

フランク・オーシャン“Seigfried”などシュルツ監督が愛するミュージシャンたちの今の時代を映す31曲が物語を鮮やかに彩る!

 アフリカン・アメリカンの主人公タイラー・ウィリアムズが運転する車のカーラジオから流れているのは、アニマル・コレクティヴの“FloriDada”。タイラーと助手席の恋人は、いちゃつきながら、トライバルなビートに合わせて大声で一緒に歌っている。このオープニング・シーンだけで、タイラーの人生がまさしくマイアミに降り注ぐ陽光のように目映いばかりであることが伝わってくる。現に彼は、フロリダの裕福な家庭に生まれ、高校のレスリング部の花形選手で、おまけに美しい恋人がいる。ただし、彼のトレーニングのコーチでもある父親は、ものすごく厳格で、「成功するには他の者の10倍努力しろ」と息子に檄を飛ばす。このプレッシャーが、タイラーの人生の歯車を狂わせていき、ついにはウィリアムズ家に悲劇が訪れる──「WAVES/ウェイブス」の前半は、このような物語だ。対して、後半はタイラーの妹エミリーの物語になる。タイラーと違って、彼女はもともと引っ込み思案。しかも兄が起こした事件が原因で、家族は崩壊寸前であり、家にも学校にも居場所がない。ところが、兄と同じレスリング部にいたルークと出会ったことをきっかけに、険しい現実に立ち向かい、新たな人生を切り拓いていく。

タグ
TOWER DOORS
pagetop