PR
インタビュー

Buzz72+『13』かつて福岡シーンを賑わせた松隈ケンタ率いるバンドが13年ぶりの再始動を語る!

Buzz72+『13』かつて福岡シーンを賑わせた松隈ケンタ率いるバンドが13年ぶりの再始動を語る!

重なっていくストーリーの果て、描いた願いがリンクする――かつて福岡のバンド・シーンを賑わせた伝説の4人組が13年ぶりに奇跡の再始動!

 井上マサハル(ヴォーカル)、松隈ケンタ(ギター)、北島ノリヒロ(ベース)、轟タカシ(ドラムス)から成る4人組、Buzz72+(バズセブンツー)。地元・福岡での実績を引っ提げて鳴り物入りで上京し、2005年にメジャー・デビューするも、2007年末に井上が脱退して以降は無期限活動休止となった〈知る人ぞ知るバンド〉だが、そこから松隈がBiSやBiSHらのサウンド・プロデューサーとして成功を収めたことは言わずもがな。時は流れ、映画「ボヘミアン・ラプソディ」に感銘を受けた松隈が井上と和解したのをきっかけに、13年ぶりに再始動して新作『13』を完成。松隈と井上に往時の思い出から未来までを語ってもらった。

関連アーティスト