異能の打楽器奏者、ASA-CHANGが提示する新たな2作品

 東京スカパラダイスオーケストラの創始者であり、MISIAやCharaなど数多くのシンガーのサポートを務めてきた職人気質の打楽器奏者であり、マニアックなサウンドメイクで支持を得るサウンド・プロデューサーであり、98年から活動を続けるASA-CHANG&巡礼のリーダーでもある異才の人、ASA-CHANG。ASA-CHANG&巡礼としては2001年に発表した代表曲“花”のリアレンジ・ヴァージョンがTVアニメ「惡の華」(2013年)のエンディング・テーマに起用されたことでふたたび注目を集めたほか、Eテレの人気番組「ムジカ・ピッコリーノ」に出演して子供たちからの人気まで獲得した。今回そんなASA-CHANGが関わる2作品がリリースされたということで、広大で唯一無二な彼の音楽世界を改めて読み解いてみたい。

ASA-CHANG & 巡礼 事件 AIRPLANE(2020)

ASA-CHANG,エマーソン北村 エロス AIRPLANE(2020)

 

伝統音楽から自己の世界へ

 85年、ASA-CHANGはたったひとりで東京スカパラダイスオーケストラを結成。93年に脱退すると、打楽器奏者として先述のふたりのほかにも小泉今日子やUAら数多くのシンガーの作品、及びライヴへ参加することになった。ASA-CHANGは当時のことをこう回想する。

 「すごい現場にもたくさん立ち会わせてもらってきたわけだし、サポートさせてもらったミュージシャンの方々には本当に敬意しかないですね。でも、その一方では〈音楽をやる前はヘアメイクだった自分が何でここにいるんだろう?〉という座りの悪さもありました。そもそもミュージシャンをめざしていたわけでもなかったのに、凄腕のミュージシャンと肩を並べていることの不思議さというか。だいたいね、僕は音楽家としてどこか歪なんだと思う。音楽に込めるものが、他のミュージシャンとは少し違うんじゃないかな」(ASA-CHANG:以下同)。

 では、ASA-CHANGは音楽を通して何を表現しようとしているのだろうか。

 「僕は、自作の音楽には心地良さをあまり求めていないんです。音楽のなかの〈楽=JOY〉を求めていないというか。各地の民族音楽がそうであるように、そこには鎮魂歌もあるし、呪い節もあれば、数日間うなされてしまうような邪悪さだって音楽の一部なんですね。今回エマーソン北村さんと作った『エロス』というアルバムのなかでカヴァーしたトルコ軍楽隊の曲(“ジェッディンデデン”)も僕にとってはそういうモノなんです」。

 言うなれば、子供時代のトラウマも刻み込まれた音楽。確かにASA-CHANG&巡礼の音楽には、幼少時代の遠い悪夢まで呼び覚ましてしまうような怖さがある。たとえば、代表曲である“花”。ストリングスの流麗なメロディーの上でフルカワミキ(当時SUPERCAR)やYOSHIMI(BOREDOMS)らによるポエトリー・リーディングが切り刻まれ、U-zhaanによるタブラが疾走する。言葉とメロディーが解体され、ASA-CHANGならではのやり方でふたたび繋ぎ合わされるこの曲は、息を呑むような美しさがあると同時に、音楽に対する既成概念を覆してしまうような先鋭性も併せ持っている。

 「当初あったのはインドの古典音楽やアジアの民族音楽からの影響ですね。ただ、どうしても僕の気質として、特定の伝統をマスターしたいという気持ちを持てないんです。僕の好きなホルガー・シューカイにしてもマーティン・デニーにしてもそうかもしれないけど、伝統音楽にどっぷり入れ込まないで、そのエッセンスで自分の世界を構築していく。そういう人が好きなんです。あと子供時代に目にしたTV番組から流れてくるCM音楽や、僕の地元である福島県いわき市に伝わる供養の行事〈じゃんがら念仏踊り〉からの影響もあるかもしれない。僕が子供の頃、短波放送で世界各地のラジオ放送を聞くことが流行ったんですけど、僕もエクアドルやオーストラリアの放送を聞いてラジオ局に手紙を送るというブームがありました。どこにあるのかわからない国から流れてくる音に、ものすごくエキゾチックなものを感じていたんですよ。わからないからこそのエキゾ感というか」。

 そうした多種多様な要素が接続され、ASA-CHANG&巡礼だけの〈ポップ・ミュージック〉が生み出されてきたわけだ。2010年には長らく活動を共にしてきたU-zhaanと浦山秀彦(プログラマー/ギター)が脱退。その後、サックスの後関好宏(WUJA BIN BINほか)とヴァイオリンの須原杏が加入した。また、ASA-CHANG&巡礼のライヴでは巡礼トロニクスと呼ばれる謎のオリジナル・サウンドシステムが大活躍するが、こちらも現在使われているもので三代目。ASA-CHANGいわく「機材というよりライヴ・メンバーのひとりという感覚なんですよ」という巡礼トロニクスも進化を続けているわけだ。

社会のなかで零れ落ちた声

 そんなASA-CHANG&巡礼にとって2016年の前作『まほう』以来となるアルバムが、先頃リリースされた『事件』だ。タイトル曲ではいとうせいこうをフィーチャー。〈抗議/人間/神様〉という言葉がひたすら繰り返されるこの曲は、美しくも歪な〈巡礼スタイル〉としか表現しようのない楽曲だ。

 「以前、とある新聞記事で(アブバカル・アウドゥ・)スラジュさんというガーナ人の方が入国管理局の外国人収容施設で書いた漢字の書き取りを目にしたことがあったんですね。スラジュさんはその後、強制送還されることになり、飛行機のなかで急死してしまうんですよ。スラジュさんの拙いけど鬼気迫る漢字には、うまくいかない苛立ちや日本への思いがあって、なぜか〈巡礼っぽい〉と思ってしまった。2年ほど前、ASA-CHANG&巡礼でドイツをツアー中、スラジュさんのその漢字を思い出してしまい、“事件”という新曲の歌詞とリズムを書き上げてました」。

 また、台湾人女性のヴォイス・サンプルを解体/再構築した“ニホンゴ”は、台湾北東部宜蘭県のごく一部で話されている言語〈宜蘭クレオール〉がヒントとなって生まれた楽曲。宜蘭クレオールは台湾が日本に統治されていた時代に覚えさせられた日本語と先住民族の言語が混ざり合い、独自に発展した混成言語で、現地では〈ニホンゴ〉と呼ばれているという。ASA-CHANGは複雑な背景を持つ台湾流の〈ニホンゴ〉に着目し、“ニホンゴ”という美しい楽曲を書き上げたわけだ。

 アルバム・ジャケットではパスポートを模したアートワークが施されているように、今回の『事件』というアルバムは、ASA-CHANG&巡礼のこれまでの作品のなかでももっともメッセージ色の濃い作品ともいえる。ASA-CHANGが今回のアルバムで伝えようとしているものとは何なのだろうか?

 「前のアルバムは〈個人〉がテーマとなっていたんですけど、今回は社会のなかで零れ落ちた声がモチーフとなっているとは思います。特に“事件”と“ニホンゴ”という2曲にはそういうところがあるんじゃないかな。ただ、僕自身はストレートに世を憂うような音楽表現には抵抗感があったんです。僕の性質自体、日陰や凹みに美しさを感じてしまうところもあると思うんですけど、それがいつまにか社会の歪みを突くものになってきた。そのことは自分でも感じますね」。

テーブルマジックのような音楽

 そのようにASA-CHANGのディスコグラフィーのなかでも重要な分岐点となるであろう『事件』と同日にリリースされたのが、エマーソン北村との2作目のコラボレーション・アルバムとなる『エロス』だ。

 エマーソン北村はMUTE BEATやじゃがたら、シアター・ブルックのメンバーとしても活動してきたキーボーディスト。近年はソロ・アーティストとしての活動も活発化しており、昨年10月にはシンガーであるmmmとの共演作『CHASING GIANTS』もリリースした。ASA-CHANGと北村の縁は深く、交流の始まりは90年代初頭にまで遡る。2017年からはデュオでの演奏活動をスタート。都内の小さなバーやタイ料理店でライヴを行い、2018年には初アルバム『Debut』をリリースしている。今回の『エロス』とはそれ以来の作品となる。

 「北村さんとはほぼクセだけで音を出せるようになりました(笑)。北村さんのチープなシンセ音と、僕の歌とトランペット、(ASA-CHANG考案のオリジナル打楽器である)タブラボンゴだけでなんとかなるんですよ。〈音を詰め込まなきゃ〉という不安もないし、〈こんなスカスカな音楽なんて聴いたことないでしょ?〉という誇りすらあるんです。北村さんとやってると、創作するうえでの悩みがないんですよね」。

 マッドネスによる2トーン・スカ・クラシック“One Step Beyond...”で幕を開ける本作には、シンディ・ローパー“Time After Time”や秋川雅史の歌唱でも知られる“千の風になって”のカヴァーも収録。2人の手にかかると、古今東西の名曲もどことなく怪しく、チャーミングに生まれ変わる。また、“千の風になって”に小島麻由美が参加していることを除くと、本作にはASA-CHANGとエマーソン北村以外のプレイヤーは一切参加していない。音数は極端に少ないが、だからこそまるで音と音がじゃれ合っているようにも聴こえてくるのだ。ASA-CHANGによる人間味丸出しの歌声を数曲で聴けるのも本作のポイントだろう。

 「前作と比べると、少し寄席っぽい音楽になったかもしれないですね。あと、北村さんとは音楽でテーブルマジックみたいなことをやりたいんです。浴びるような大音量ではなく、お客さんの目の前で、しかも小さな音で音楽をやる。そこに楽しさを見い出すようになってるんですね。僕もエマーソンさんもアリーナクラスの会場での演奏も経験してるわけですが、そうじゃない音楽のあり方もあると思うんです」。

 音楽のあり方は決してひとつではない。固定概念を振り払い、思考を柔軟にすることで、まだまだ新しい音楽スタイルを見つけることができる。ASA-CHANGが生み出した『事件』『エロス』という2枚のアルバムは、そのことを楽しく教えてくれるのだ。

ASA-CHANGが参加した作品を一部紹介。

 

『事件』『エロス』に参加したアーティストの関連作品。

 

文中に登場したアーティストの作品を一部紹介。

『事件』と『エロス』から広がるサウンドも楽しんでみよう!

後関好宏と須原杏との体制による初のオリジナル・アルバム。日常の可笑しみや悲哀が綴られた歌詞と相まって、新しい筋肉を稼働させるように紡がれた音の端々には温かな人情味が宿っている。コーネリアス、スチャダラパーのANI、椎名もたなど多彩なゲストも話題に。 *桑原

 

エマーソン北村 ロックンロールのはじまりは bubblingnotes(2016)

最新ソロ作となるミニ・アルバム。ハッピーな気分に包まれたレゲエ・インストや愉しげなシャンガーン・エレクトロ、憂鬱な面持ちの電子音楽などヴァラエティーに富む展開だが、音の向こう側に何事にも揺るがない鋼の意志が見え隠れするところはやけにロック的に感じられる。 *桑原

 

古い付き合いの両者がガッツリ組んだ作品はこれが初。個性と個性の柔らかなぶつかり合いによって育まれた音色は愛と刺激と和みに彩られ、ASA-CHANGの湯加減絶妙なトランペットと歌声が聴ける小泉今日子のカヴァー“丘を越えて”ほか彼らにしか生み出せない空気と色が満載。 *桑原

 

ヴァイオリニストの波多野敦子が巡礼の須原杏と組んだ新生TRIOLAの初作。ロックから現代音楽まで多彩な分野で活躍する二人が石橋英子やジム・オルークら独創的な音の使い手を迎え、クラシックやポスト・ロック、アンビエントなどが入り乱れる濃密な音世界を生み出している。 *桑原

 

Gen Peridots Quartet Nocturne Gen Peridots Quartet/dandanorchestra(2020)

PERIDOTSから派生したアコースティック・ポップ・ユニットには、須原杏がヴァイオリンで参加。最新作となるこの2作目においても、彼女やピアノの河野圭らによる卓越した演奏が主役であるタカハシコウキの澄んだハイトーン・ヴォイスを優美かつドラマティックに引き立てている。 *桑原

 

mmm with エマーソン北村 CHASING GIANTS bubblingnotes(2019)

デュオ編成でライヴを行っていた両者による初の共同名義作。ヤング・マーブル・ジャイアンツのようにギミックを極力排したミニマルな音の佇まいが特徴だが、たおやかな情感を湛えたmmmの歌声をまろやかな音色で包み込み、独特なムードを醸成させていくエマーソンの手管が実に鮮やか。 *桑原

 

ドラマー/DJ/エンジニアのTaichiを中心に、後関好宏や中村圭作(kowloon)、高田陽平(TUFF SESSION)らで構成されるインスト・バンド。変拍子を多用しながらジャズ~ヒップホップ~ファンク~電子音楽などをスムースに重ねる有機的かつ都会的なグルーヴが最高にクール! *土田

 

Jagatara2020 虹色のファンファーレ Pヴァイン(2020)

奇跡の復活を果たした日本ロック界の最重要バンド。江戸アケミの30回目の命日に合わせて発表された新曲で虹色のフレーズを響かせているのは、88年からバンドに在籍したエマーソン北村。眩いほどの祝祭感に溢れたハイブリッド音頭“れいわナンのこっちゃい音頭”にはただただ涙。 *桑原

 

WUJA BIN BIN THE BEST PLANET EVER 惑/Natural Hi-Tech(2017)

ケイタイモ率いる総勢13人の音楽集団にも籍を置く後関好宏。ビッグバンド・スタイルをベースとしつつもワールドワイドなリズムやフレーズ、音色がくるくると立ち現れる音楽性は愛嬌たっぷりで、この最新作も頭からつま先までとことん楽しい狂騒アルバムに。手練れ揃いだからこそなせる技。 *土田