PR
インタビュー

BiSHらしい在り方は音楽を届けること――この状況に向けて綴られた新作『LETTERS』を語る!

BiSHらしい在り方は音楽を届けること――この状況に向けて綴られた新作『LETTERS』を語る!

未曾有の状況下でも前進を選んだ6人から〈3.5枚目のアルバム〉が到着。7曲に渡って綴られた『LETTERS』に浮かぶ想いとは……

 初のベスト・アルバム『FOR LiVE -BiSH BEST-』も記憶に新しいBiSHから、続けざまに〈3.5枚目のアルバム〉を謳った7曲入りの新作『LETTERS』が到着した。今回はアニメ「キングダム」のOPテーマ“TOMORROW”を筆頭に、音源化が待たれていたドラマ「浦安鉄筋家族」EDテーマの“ぶち抜け”、リアル脱出ゲーム「夜のゾンビ遊園地からの脱出」テーマソングの“co”という3つのタイアップ曲を収録。それに加え、本作用に書き下ろされた4曲が収められている。5~7月に予定されていた〈BiSH'S GASP!!GOLD!!GHOST!!GALAXY!!GARBAGE!! TOUR〉とツーマンでの〈BiSH'S 5G are MAKiNG LOVE TOUR〉という2つのツアーをはじめ、〈ROCK IN JAPAN〉などのフェス/イヴェントも含め、2月後半から数えれば約30本ものライヴが中止/延期となるなか、ライヴを生きる糧として大きくなってきたBiSHという存在が、この状況下で届ける〈手紙〉には何が綴られているのか。セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・Dの3人に話を訊いた。

 

この時間を意味あるものに

――ライヴやツアーのある日常がなくなったところで、自粛期間はどう過ごされてましたか。

ハシヤスメ・アツコ「はい。私自身は、最初の段階では〈すぐにまた始まるだろう〉っていう思いがありまして、体力作りだけはずっと心掛けてて。でもやっぱり毎日状況が変わるなかで、何をどうすればいいんだろうってずっと考えてました。〈またすぐライヴできるだろう〉って思いもありつつ、〈もしできなかったら……〉っていう不安だったりとか、そうなったらBiSHに何ができるんだろう?って、うん、1分に1回ぐらい考えてました(笑)。はい、常に考えてました」

――めったにない長いお休みにもなりましたね。

アツコ「まあ、最初は〈夏休みが始まった〉みたいな気分で3日間ぐらい過ごしたんですけど、すぐに〈いや、これは違う〉と思って夜更かしをやめました、はい(笑)」

セントチヒロ・チッチ「ライヴできない期間がこんなに長く続くことがなかったので、そこで再確認したのは、やっぱりBiSHの生きる場所がライヴだったってこととか、清掃員(BiSHファンの呼称)の存在が自分たちの中でこんなに大きかったんだなってことで。正直いままで自分たちの映像作品ってあんまり観なかったんですけど、この期間に凄い観て。こんなに自分たちを観てるなんてキモいなって思いながら、お客さんのコールとかも自然と耳に入ってきて、自分も一緒に言っちゃったりして(笑)」

――いいじゃないですか(笑)。

チッチ「ただ、最初の頃は私たちには何もできなかったし、アルバム出すことも決まってない頃はホントにもどかしくて、私が尊敬してる音楽家の人たちはギターひとつで何かを伝えられるのに、私にはその技術もないしホントに悲しかったんですけど、だから、いまこの時間を意味あるものにしないと自分が死んでしまいそうなので、〈いろんなことをインプットしよう〉っていうふうに決めて、いろいろやってました」

――いろいろとは?

チッチ「今年に入ってから自分なりに曲作りを始めてたんですけど、やり方も自分なりでしかないので、そういうのを調べたり教えてもらったりして。ドラムも自分で叩いて打ち込めたら自分がやりたいものに近付くのかなって思って研究したりとか。もともとアクティヴに外に出たい人間なので、〈家の中でどうアクティヴに過ごすか〉みたいな感じで、陶芸をやってみたり、いままで観てなかったジャンルの映画も観てみたり、吸収する時間にしてました。あとは猫を3月にたまたま飼い出して、ちょうど自粛期間にずっと一緒にいたので、そういう猫との生活とか」

――猫はいいですよね。

チッチ「そうなんです、2匹いて……」

(猫トークのため割愛)


左から、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D

 

――一方、アユニさんはBiSHのツアーに加えてPEDROのツアーも中止になりました。

アユニ「そうですね。2~3か月のツアーが全部なくなってしまって、けっこう時間がありました。でも、自分のやりたかったこととか、あとPEDROの制作にガッツリ充てられたのが救いだったっていうか、BiSH入ってからずっと怒涛の日々を送らせていただいてて、インプットする時間があんまりなかったので、この貴重な時間を無駄にはしたくないというか」

――ちょうど3月にPEDROの取材をした際も曲作りの話をされてましたね。

アユニ「うん、それもありますし、実際ベースも1日練習しないだけでヘタクソに戻っちゃうんで毎日やりたいし。あと、映画観るとか本読むとか寝るとかも自分の中で〈休み〉って捉えてなくて、それをやってないと身体がついていかないので、そういうのもけっこう大事にしてました。基本的に家が大好きなので、1日24時間じゃ逆に足りないというか、やりたいことが増えすぎて。趣味にも没頭したいし、いろいろ知識や技術磨いたりもしたいし、っていう期間でしたね」

――会えない期間が長くなって、6人で話す機会は持つようにしてましたか?

チッチ「何か、私たち自体がそういうことが、あんまり好きじゃなくて(笑)」

アツコ「あんまりしてこなかったよね」

チッチ「自然とみんなが同じ方向を向くのが自然体かなって、私は勝手に思ってて。BiSHも6年目になって、自然とみんな同じ方向を向くようになったし、干渉しすぎるのもみんな好きじゃないし、前から仕事とか必要なこと以外はほぼLINEもしないし」

アツコ「ウフフ。BiSHのそういうグループLINEみたいなやつ、ホントに1か月ぐらい動いてなくて、けっこう遡りましたから(笑)」

チッチ「いつもそうだから、連絡取らないのもそんな不思議じゃないというか」

アユニ「うん」

――じゃあ、自粛に伴って何かが大きく変わることもなく。

チッチ「ないですね。メンバーに関しては、この期間で何かが変わってしまうっていう不安もなかった」

アツコ「目とかイジッてたらどうしようとか、ちょっとありましたね(笑)。顔変わってたらどうしよう、とか(笑)」

チッチ「それ、ちょっと思ったけど(笑)」

アツコ「でも誰ひとり変わってなくて安心しました、はい(笑)」

 

タグ
TOWER DOORS
pagetop