PR
インタビュー

BiSHらしい在り方は音楽を届けること――この状況に向けて綴られた新作『LETTERS』を語る!

Page 3 / 3 1ページ目から読む

これからも共に時を縮めよう

――そしてラストの曲は、さっきも少し話したチッチさん作詞の“I'm waiting for my dawn”ですね。

チッチ「作詞する時って〈あ~、きた〉って思う時と〈いま出てこないよ〉って思う時と両方あるんですけど。今回は溜め込んだものがありすぎて、〈あ、やっと吐き出せるな〉って思ったんですね」

――凄く温かい曲調ですけど、テーマの指定はあったんですか?

チッチ「細かい指定はなかったんですけど、私はこのアルバムの捉え方が、私たちと一緒に歩んできた清掃員の存在が大きい作品だと思っていて。だから、もちろん自分のルーツになった音楽のことやこの期間で感じたことも入ってますけど、いちばんは清掃員とBiSHの絆、積み重ねてきたみんなとの時間を思って書きました。1時間とかで書き終わった曲で、ホントに素の気持ちというか」

――あまり考えずに。

チッチ「考えすぎるとちょっとカッコつけてダサくなるんですよ、私の歌詞は(笑)。だから、暑苦しくてもそのまんまの思いを書くほうがこのアルバムにも合うなと思って、あんまり難しく考えずに、いままでのライヴの思い出や、自分の脳味噌の中にある光景を凄く浮かべながら書きました。自分がいちばん清掃員と一緒になってるなって感じる部分なので、“サラバかな”の落ちサビから歌詞を入れたいなって思って〈これからも共に時を縮めると約束したの〉って書いてて」

――そういう意図なんですね。

チッチ「大事な曲だからこそ後悔したくないんで、レコーディングで〈ここの歌割はずっと最初から歌い続けてきた結成メンバー3人から選ばれたら嬉しいです〉って伝えて、松隈さんもそれを受けて歌割を考えてくれたり。けっこう思い入れがあります」

アユニ「その、私は素で書いたら、自分のことしか考えない言葉をやっぱり書きがちなんですよ。でも、チッチは自分のことよりも人への思いやりっていうか、人との繋がりも含めてストレートに書く人なので、やっぱり私には全然できない歌詞の考え方をしてるな~って思って。チッチと数年間ずっと一緒にいて思うのは、ひとりの人間をちゃんとひとりの人として捉える力が大きいのを感じてて。だから友達が多いのも凄いわかるし、〈この人との縁は大切にしたい〉ってたぶんいろんな人が思うんだろうなっていうのも、私もそう思いますし、それがこの歌からは凄い伝わるなって。私も無観客ライヴをやったりとか、常日頃SNSとかやってたりすると、やっぱり清掃員っていう肉体が目の前にいないと悲しいし、やりきれないっていうのは凄い思うんですけど、歌詞を書く時にはその発想がなくて。だからやっぱこの人は凄いなって改めて何か尊敬しました」

――確かに、チッチさんは人を尊重する力の大きさがあって。

アユニ「ホントそうなんですよ。BiSHに入る時に最初にチッチと会った時からずっとそれは感じてて」

チッチ「ちょっと泣きそうになった(笑)」

――3月末に参加されてたWACKの合宿オーディションを観ててもそう感じました。

チッチ「そうですね。あの合宿も……人、人って感じの合宿でしたね」

アツコ「チッチ~、泣いてる」

アユニ「え、泣かないで!」

チッチ「すぐ泣いてしまうんですけど(笑)。感動しいなんで。ごめんなさい(笑)」

アツコ「アハハハハ。じゃあ、猫ちゃんの話でもしましょうか」

アユニ「猫トークする?」

アツコ「ちゅ~るは食べるんですか?」

――ちゅ~るはねえ、もう……。

アユニ「マジでするんか」

チッチ「アハハハ。まあ、日は沈んでも必ず昇ってくるし、BiSHもいろんな壁にブチ当たってきたけど、何とか息して明日を迎えてきたから、みんなで夜明けを待って光の方へ向かっていくっていうのは、凄いBiSHらしいなっていう思いがありますね。キーワードというか」

――夜明けを待ちわびる曲がラストにあって、また“TOMORROW”にも繋がってくる感じもしますし、“ぶち抜け”も“co”も流れにうまくハマってるなと思いました。収録曲のパフォーマンスも作り込みを進めている段階ですか?

アユニ「いま絶賛やってるところです」

チッチ「“LETTERS”だけ振りを入れてもらったところで、サビでいちばん伝わりやすい振付けだと感じてます。みんながひとつになれるような、でも、歌詞を凄く伝えることにこだわってるのかなって。でも、アイナなりに考えて、それ以外のところはいつもよりもちょっと難しかったりもして、特にあっちゃんとリンリンとアユニの振付けで凄い難しそうなところがあるよね」

アユニ「うん、そこは歌ってないパートなんで、あんまりこっち側に目は行かないと思うんですけど。それこそ歌割も新しいなかで、振付けも凄い新しくて、基本サビでは跳ねたり、ステップとかが多かったんですけど、あんまり動かず堂々と立ってるだけで、芯のある人みたいなのが凄い描かれてて、そういう振付けも新しいのかなって思います」

チッチ「BiSHポーズも入ってて、いまのBiSHを伝えたいっていう振付けですね」

――あとはまあ、これを実際にどう披露するのかっていうところですね。

チッチ「ツアーもやり続けてきましたからね。今回全部飛んで、心が追いつかないというか、変な感じですね。こうして土日に東京にいるのも不思議っていうか(笑)」

アツコ「うん、確かに。飛行機乗ってなくて、マイルが全然溜まらないんですよ」

――かっこいい(笑)。

アツコ「ってぐらい、いままで当たり前だった生活がこんなにも変わるんだなって改めて思いましたね。だからこそ、またBiSHなりに良い意味で転換していけたらいいなって思ってます。私の中でもいろいろ〈こういうライヴおもしろいんじゃないか〉とか案はあって。無声ライヴとか(笑)」

――それは新しすぎますね(笑)。

チッチ「その、いろんな決まりが設けられたりするなかで、あっちゃんみたいに新しい形を作ってでも何かしたい気持ちも凄いわかるし、でもやっぱり熱いものがあるライヴハウスが凄く好きなので、距離なんてゼロでいいから取り戻したいって気持ちも大きいし。その時までみんな無事でいてほしいっていう気持ちです」

――はい。まずは『LETTERS』が届きますように、ってことですね。

チッチ「そうですね。自分宛ての手紙だと思って聴いてくれたら嬉しいです」

アツコ「うん、ホントにBiSHからの手紙なので、まずは家でゆっくり楽しんでほしいなって思います」

タグ
TOWER DOORS