PR
インタビュー

GANG PARADEから生まれた新たな楽園、PARADISESがフレッシュな初のアルバムを語る!

GANG PARADEから生まれた新たな楽園、PARADISESがフレッシュな初のアルバムを語る!

GANG PARADEから生まれたフレッシュな4人組がいよいよアルバムを完成! 従来のWACKらしさを明るくブチ抜いたポップでキュートな楽園へようこそ!

 この3月に分裂を発表したGANG PAR­A­DEから、〈楽園〉というコンセプトを打ち出して誕生したのがPARADISESです。スプリット盤『G/P』でお目見えしたテラシマユウカ、月ノウサギ、ナルハワールドの3名に加え、〈WACK合宿オーディション〉を経て研究生ユニットのWAgg からキラ・メイが昇格して4人組に。並行して恋愛リアリティ番組「今日、好きになりました。」にナルハワールド(山田なる名義)が出演、グループでInstagramを開設するなど、従来のGANG PARADEやWACK所属アクトとは異なる可能性を携えて本格始動したばかりです。初のアルバム『PARADISES』を完成させたフレッシュな4人に話を訊きました。

PARADISES 『PARADISES』 FUELED BY MENTAIKO/ワーナー(2020)

 

私だけ敬語だ!

――2月に取材した際は〈3人組でどうやっていくか〉みたいなお話でした。

テラシマユウカ(ユユ)「そう、〈Perfumeになる〉って」

月ノウサギ「とんでもないこと言ってましたね(笑)」

ユユ「なる前に4人になりました」

月ノ「3人でお披露目する機会もなくなってしまって」

――メイさんは2月にWAgg加入したばかりで、すぐ昇格が決まりましたね。

キラ・メイ「めちゃくちゃビックリしました。〈GANG PARADEに昇格〉って発表されたその場で分裂も発表されて、その段階では分かれる意味も知らなくて、〈この先どうなっていくのかな〉とか、一瞬でいろんなことが起きて、頭が追いつかない感じでした」

――受け入れる側からはどうでした?

ユユ「3人になった時点で増える可能性を考えて合宿を見てたんですけど、メイちゃんはWAggに入って数か月だと感じさせないぐらい飛び抜けてたし、〈自分自身の気持ちをちゃんと言葉にできる子だな〉って思ったんで、加入が決まって素直に嬉しかったです。頼り甲斐のある期待の新星(笑)」

ナルハワールド「うん、メイちゃんは自分から前に出ていけるしっかり者なので、私もがんばらなきゃって思いました(笑)」

月ノ「アハハハハ」

――ただ、長いこと一緒にやってきたGO TO THE BEDS (以下GTTB)に対して、皆さんは4人で形を作っていく段階で自粛期間が重なってしまいましたね。

月ノ「会えない期間も長かったので、LINE通話でミーティング的なことを時々やってました。一緒に過ごしてきた歴も違うので、話せるだけ話したほうがいいなと思って」

ユユ「本来ならライブやいろんな仕事を通じて深めていくものもあると思うんですけど、それができない期間もできる限りのことをやってグループ感を作り上げていきたいなって思ってて。みんな同じスタートラインだから敬語をやめにしたりとか」

――ちなみにナルハさんはこの2人をどう呼んでるんですか?

ナルハ「〈ユユちゃん〉〈月ちゃん〉です。成長しました(笑)」

――分裂が発表された時点では月ノさんもまだ〈ユユさん〉って呼んでましたね。

ユユ「すっかり定着したんですけど、たまにポロッと言うよな(笑)。で、ペナルティーでスクワット15回するっていう」

月ノ「それを決めた初日から私が〈ユユさん〉って言いまくって100回やりました(笑)」

――多すぎ(笑)。メイさんは最初から大丈夫でしたか。

メイ「はい。そこは意識して」

月ノ「それこそメイちゃんのおかげでナルハが危機感を覚えて、敬語なくせたよね」

ナルハ「みんなにLINEでいろいろ伝える時に私が〈ありがとうございます〉って送ったのに、メイちゃんが〈ありがとう〉って入れてて、私だけ敬語だ!と思って(笑)」

――1年やってきたから逆に難しいのはありますよね。

ナルハ「はい。でもだいぶ慣れてきました」

月ノ「ギャンパレは歴の違いがグループの色にもなってたので、私も意識的に〈さん〉付けにしてたところはあって。でもPARADISESは4人だし、そういう見え方も違うのかなって」

ユユ「うん、それによって話す内容もフランクになったかなって感じてます」

――そのほうが大事ですよね。この4人で最初の仕事はまずレコーディング?

ユユ「はい。まだ3人の頃に何曲かデモがあったので、合宿あたりから作詞をやってて、4月にはすぐレコーディングしてました」

――いままではもっと忙しい状態で作詞されてたと思うんですけど、自粛期間ならではの違いってありましたか?

ユユ「ありました。いつもライブとかがあって時間のないなかで切羽詰まって書いてて、だからこそ良かった部分もあったんですよ。時間があると逆に言葉が出てこなくて、自分を追い込もうと思って3日くらい徹夜しました」

月ノ「死ぬよ(笑)。ただ、ギャンパレの頃は自分の書きたい曲だけ提出してたのが、今回は4人なので全員が全曲の歌詞を提出するっていうのがあって。その意味で私は逆に追い詰められてた記憶があります(笑)」

――今回は採用はないですけど、メイさんもチャレンジしてみてどうでしたか。

メイ「初めてやったので譜割とかも全然わかんなくて、マネージャーの辻山さんにやり方を教わったのを参考にやったんですけど、めちゃ難しかったです。次はがんばります」

――はい。で、完成した初のアルバム『PA­R­ADISES』ですが、ギャンパレにはないような曲も揃ったカラフルな内容ですね。

月ノ「松隈(ケンタ:サウンド・プロデューサー)さんが生配信で、〈グループのファースト・アルバムはオモチャ箱にしたいねって淳之介と話してるんよね〉って話されてて。けっこうGもPもそれぞれのテイストを明確にしつつ、そのなかでいろんなカラーを出させてもらったなと思ってます」

――リード曲“TWINKLE TW­INKLE”のMVからもう、世界観が眩しすぎて。

ユユ「ねえ、爽やか150%みたいな。ここまでわかりやすく輝いてる感じっていままでなかったし、“TWINKLE TWINKLE”っていうタイトルにもピッタリですよね。MV撮影はプールに入った瞬間から心が晴れやかになって、もともと可愛いメンバーが2割増しくらいで可愛くなって、体験したことないレヴェルの青春を感じました」

――メイさんは初のMV撮影で。

メイ「はい。めちゃくちゃ緊張しました。リップ・シーンをいま観るとぎこちないというか、凄い初々しさが出てて(笑)。でもホントに楽しかったです。もうプールで遊ぶこともなかなかないうえに、衣装で思いきりプールに入って、やっちゃいけないことをやってる感じも楽しかった(笑)」

――この色味の違う感じは、アルバムでいうと、次の“BRIGHT FUTURE, YOUR SMILE”もそうですね。

メイ「歌詞に〈連れてゆくから この先も Pa­radise〉って入るぐらいPARA­DISESのイメージを映したみたいな、終始キラキラした爽やかな曲で、〈夢〉とか〈輝く未来を〉とかいうワードにも共感できて、夢を追いかけるのが楽しいっていう雰囲気がいまの自分ともリンクして大好きな曲です」

ユユ「私は毎日の始まりの曲はこれなんですよ。底抜けに明るいこの曲が一日を楽しくしてくれる気がして、自分たちの曲ですけど自分の心を救ってくれるし、聴く人のその日の支えになれるような曲かなって思ってます。明るい曲が多いんですけど、迷いなき圧倒的太陽っぽさがあるなって。明るすぎて涙が込み上げてくる」

月ノ「WACKでもいちばんPARADISESしか歌わなそうな曲ですね」

――SCRAMBLESの永井葉子さんが作詞ですけど、これがグループの見え方でもあるんでしょうね。

ユユ「そうですね。こうありたいなって思いました」

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS